【名馬列伝】“坂路の申し子”ミホノブルボンの強烈な輝き! 「無敗のダービー馬」はなぜ悲劇的な敗戦を喫したのか?[後編]

【名馬列伝】“坂路の申し子”ミホノブルボンの強烈な輝き! 「無敗のダービー馬」はなぜ悲劇的な敗戦を喫したのか?[後編]

日本ダービーを制したミホノブルボン。しかし三冠目の菊花賞では本来の逃げの展開とはならず…。写真は、日本ダービーのもの。写真:産経新聞社

1992年の初戦はスプリングステークス(GⅡ、中山・芝1800m)。捻挫で予定していたシンザン記念(GⅢ、京都・芝1600m)を使えなかったこともあって、競走生活でただ1度の2番人気に甘んじたが、彼はここで驚異的なレースを見せる。

 好スタートからラクに先頭を奪って主導権を握ると、降雨で「重」となったタフな馬場をマイペースで逃げるのだが、これについていける馬はなく、小島騎手に軽く促されると後続との差をぐんぐん広げ、ゴールでは2着に7馬身もの差を付けていたのだ。

 レース前には敗れた場合は短距離戦線へ舵を切る可能性若干ながら匂わせていた戸山調教師だったが、この圧倒的なパワーとスピードを見て、クラシック路線への大きな自信を得ることになった。
【名馬列伝】競馬の枠を超えたディープインパクトの衝撃。その「成功」はまさに唯一無二 迎えた一冠目の皐月賞(GⅠ、中山・芝2000m)。単勝オッズ1.4倍というダントツの1番人気に推されたミホノブルボンは、ファンからの熱狂的な支持にあっさりと答えて見せる。

 4番枠からスタートしたミホノブルボンはスピードの違いで先頭に立つと、あとはマイペースの一人旅。1000mの通過が59秒8という、降雨でやや渋り気味の馬場においては速いペースだったが、スタミナを奪われたのは後続の馬たちのほうだった。直線に向いて先行勢を突き放すと、追い込んできたナリタタイセイに2馬身半の差を付けて圧勝。いわゆる”モノの違い”を見せつけるような、無慈悲なまでに強い勝ち方だった。

 次に迎えたのは大一番、日本ダービー(GⅠ、東京・芝2400m)。雨の影響が残って馬場状態は稍重となったが、重馬場のスプリングステークスで圧勝を遂げているミホノブルボンにとって、これはさらなる追い風となった。

 15番枠という外枠からのスタートとなったが、無理なく先頭に立ったミホノブルボン。彼を追走した先行馬が総崩れになったこともあって無理に競り掛けてくる馬はおらず、1000mの通過は61秒2というマイペース。鞍上の小島貞博騎手は首をひねって後続の様子を確かめる余裕さえあり、手綱を抑えたままで最終コーナーを回る。

 そして直線。坂の手前でゴーサインを受けたミホノブルボンは力強く”二の脚”を繰り出し、離れた2番手を進んでいた16番人気のライスシャワーに4馬身差を付けて、鮮やかな逃げ切りで二冠目のゴールを駆け抜けた。史上8頭目となる無敗での日本ダービー馬の誕生だった。

 戸山為夫調教師にとっては、やはりスパルタ調教で育てた1968年のタニノハローモア以来となる二度目のダービー制覇で、「鍛えて馬を強くする」という彼の信念がまた結実した瞬間であった。
  閑話休題。
 この年の春、マスコミやマニアックなファンのあいだで話題に上ったことがある。それはミホノブルボンの「尻」についての話だ。

 サラブレッドの尻といえば、丸みを帯びた美しい曲線を想像する人が多いだろう。しかしミホノブルボンの尻は異常なまでに発達し、真後ろから眺めると臀部の筋肉が4つに割れているように見えたのである。鍛えられて6つに割れた人の腹筋を「シックスパック」と呼ぶが、ミホノブルボンの尻はそれになぞらえれば「フォーパック」ということになろうか。
  彼を注視していたファンやマスコミ関係者は、調教で坂路コースを日に何度も駆け上がっていた、のちに「坂路効果」と言われるようになる圧倒的な成果と、そうしたスパルタトレーニングにへこたれなかったミホノブルボンの怪物ぶりにあらためて気付かされたのである。

 北海道・早来町の吉田牧場で夏の休養期間を過ごすと、10月の京都新聞杯(GⅡ、京都・芝2200m)から始動することになった。

 馬体は前走比+14㎏とさらにたくましくなったミホノブルボンに寄せられる注目と支持率はさらに高まり、単勝オッズ1.2倍という人気を背負うなか外連味のない逃げを打つと、ここでも彼を追走してきたライスシャワーに1馬身半差をつけ、芝2200mのJRAレコードを0秒1更新する勝利を挙げた。ライスシャワーとの差は日本ダービーの時よりも詰まってはいたが、秋初戦としては上々の走りだった。

 そしていよいよ迎えるのは、三冠目の菊花賞(GⅠ、京都・芝3000m)である。

 ここになってまた、ミホノブルボンの”距離不安説”が取り上げられるようになった。しかし戸山調教師は、彼が「本質的にはスプリンターで、長距離が向く馬ではない」と認めたうえで、「人間の欲で3000mを走らせるのは正直、可哀想だと思っている」との考えを表してもいた。

 そしてさらに厄介だったのは、京都新聞杯では出遅れてハナを奪えなかったキョウエイボーガンが、菊花賞ではあらためて「何が何でも逃げる」と宣言したこと。このときにはすでにミホノブルボンは逃げ馬として認知されていたため、キョウエイボーガンが逃げた場合、どのような展開になるかに不透明な部分ができてしまったのである。
 
 12万超の観客が見つめるなかスタートした菊花賞。宣言どおりにキョウエイボーガンが松永幹夫騎手に手綱をしごかれながら強引に先頭を奪い、ミホノブルボンは2番手を追走するが、久々に馬を前に置いてのレースとなったことがあってか、やや”行きたがる”様子を見せたため、小島騎手が懸命にそれを抑える様子も見られ、不安の影が場内に漂いはじめた。
  キョウエイボーガンが刻んだ1000mの通過ラップは59秒7と、長距離レースの菊花賞では稀に見るほどのハイペース。そのため異様なまでに縦長となった馬群は、ばらけた状態で2周目の坂を上って下りる。

 動きが出たのは第3コーナー過ぎのこと。バテたキョウエイボーガンを交わしてミホノブルボンが先頭に立って最終コーナーを回り、死力を尽くしてゴールを目指す。

 そのとき、後続集団から忍び寄っていた刺客がいた。日本ダービー、京都記念で2着に降していたライスシャワーだった。

 懸命に粘ろうとするミホノブルボンだったが、ハイペースの2番手を追走したことによって失われたスタミナは尽きかけており、迫りくるライスシャワーに抵抗する力は残っておらず、しぶとく食い下がるマチカネタンホイザを抑えて2着を守るのが精一杯だった。

 ついにストップした「栗毛の超特急」の無敗の進撃。その悲劇的なシーンを目にしたファンからは一斉に溜息が漏れ、瞬くうちにスタンド全体に広がっていった。

 レース後には、
「逃げなかったから」
「ハイペースを追い掛けすぎた」
「血統的に距離が長すぎた」
 など、さまざまな敗因分析が行われたが、どれが真実だったのかはいまもって分からない。

 その後、出走を予定していたジャパンカップ(GⅠ、東京・芝2400m)の追い切り前に後肢の跛行が見られたため、それを回避して休養に入ったミホノブルボンは、翌年にも同じ右後肢に骨膜炎を発症していることが判明。ついに現役続行を断念し、1994年の1月、東京競馬場で日本ダービー制覇時に付けた「15」番のゼッケンを背に引退式を行い、ファンに別れを告げた。

 わずか2年、計8レースという短い競走生活のなかで、力感あふれる逃げによって、かつてないほど強烈な輝きを見せた「坂路の申し子」ミホノブルボン。そのヒーローを育て上げた戸山為夫調教師は、日本ダービー制覇時にはすでに発症していたという食道癌の悪化によって、愛馬の引退を待たずして1993年5月に死去。前年に病床で書いた著書『鍛えて最強馬を作る-ミホノブルボンはなぜ名馬になれたのか』は死の1か月後に出版され、JRA馬事文化賞を受賞した。
<了>

取材・文●三好達彦
【名馬列伝】坂路で鍛え上げられた“逃げ馬”ミホノブルボン。デビュー戦は致命的な出遅れも10頭以上を一気に――[前編]

【名馬列伝】代替種牡馬から生まれた稀代の優駿キタサンブラック。鍛え抜かれたタフさでG1レース7勝の王者に<前編>

【名馬列伝】「長い距離は持たない」と言われたキタサンブラックが見せつけた意地と底力<後編>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?