「最高にハッピーだ」ウォリアーズに加入した25歳のガードにグリーンが期待「チームを大いに助けてくれるだろう」<DUNKSHOOT>

「最高にハッピーだ」ウォリアーズに加入した25歳のガードにグリーンが期待「チームを大いに助けてくれるだろう」<DUNKSHOOT>

ディビンチェンゾは攻守のバランスが取れた25歳のガード。2021年にはバックスで優勝を経験している。(C)Getty Images

今夏のFA(フリーエージェント)戦線で、王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは戦力ダウンを余儀なくされた。

 プレーオフでもローテーション入りしていたオットー・ポーターJr.がトロント・ラプターズ、ゲイリー・ペイトン二世がポートランド・トレイルブレイザーズへそれぞれ移籍。さらにはファン・トスカノ・アンダーソンがロサンゼルス・レイカーズ、デイミオン・リーがフェニックス・サンズ、ネマニャ・ビエリツァがトルコリーグへ移籍となったからだ。

 それでも、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンの3本柱は健在で、彼らを含めてアンドリュー・ウィギンズ、ジョーダン・プール、ジョナサン・クミンガ、ジェームズ・ワイズマン、モーゼス・ムーディー、新人パトリック・ボールドウィンJr.が契約下にいる。

 そして先発センターのケボン・ルーニーと3年2550万ドル(約34億6800万円)で再契約し、FA市場ではドンテ・ディビンチェンゾと2年930万ドル(約12億6480万円)で契約を結んだ。

 現地時間7月6日(日本時間7日)に自身のポッドキャスト番組を更新したグリーンは、新加入のディビンチェンゾについてこう評していた。
 「ウォリアーズはドンテとサインした。これは最高のピックアップだと思ったね。ステフと俺は間違いなくドンテにフルコートプレスを仕向けることになる。で、どれだけ重要な補強なのかを理解させるさ。(ペイトン二世を)失ったことで、守れるウイングを加えたんだとね」

 ビラノバ大で3年間プレーし、2度のNCAAトーナメント制覇を達成したディビンチェンゾは、2018年にトーナメントの最優秀選手賞(Most Outstanding Player)にも輝いた25歳のシューティングガード。

 18年のドラフト1巡目17位でミルウォーキー・バックスから指名されると、20-21シーズンには先発に定着し平均10.4点、5.8リバウンド、3.1アシスト、1.1スティールに3ポイント37.9%(平均2.0本成功)をマーク。21年のプレーオフ序盤にケガのため戦線離脱したものの、チャンピオンリングを手にしている。

 昨季はバックスとサクラメント・キングスでプレーし、キングスでは平均10.3点、4.4リバウンド、3.6アシスト、1.5スティールに3ポイント36.8%(平均2.1本成功)と、プレータイムさえ与えれば2桁得点が見込める選手だ。
 「ドンテはシュートできる。俺たちと一緒にプレーすることで、これまでよりもオープンショットを打てるだろうな。凄いことになるんじゃないかな。それに、彼はアスレティックな能力も見せる機会を得るはずさ。このことはドンテにとっても凄くいいことであり、ウォリアーズにとってもプラスなこと。だから俺は彼とサインしてくれて本当に嬉しいんだ」とグリーン。

 守備に秀でたペイトン二世とシュート力のあるリー、身体能力に長けたトスカノ・アンダーソンが退団したことで、来季ディビンチェンゾはプールやムーディー、クミンガらと共にセカンドユニットの主軸としてプレーすることが予想される。
  レギュラーシーズン82試合、そしてプレーオフという長丁場を戦い抜くうえで、グリーンは25歳のスウィングマンへこう期待を寄せている。

「あの男はバスケットボールで勝利するためにどうプレーすればいいかを知っている。ミルウォーキー・バックスという組織からやってきたからな。確かに直近はSac(キングス)だったけど、ミルウォーキーに数年いて彼はチャンピオンでもある。だから俺は最高にハッピーだ。俺たちにとって大きな動きだったと思ってる。彼ならこのチームを大いに助けてくれるだろう」

 ウォリアーズへ新加入したディビンチェンゾが、バックス時代のように攻守で存在感を発揮できれば、王者へ大きなメリットをもたらすはずだ。

文●秋山裕之(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?