羽生結弦の“引退会見”に中国メディアも反応! 色褪せぬ功績に「ハニュウは伝説を刻み込んだ」と賛辞

羽生結弦の“引退会見”に中国メディアも反応! 色褪せぬ功績に「ハニュウは伝説を刻み込んだ」と賛辞

プロスケーターとなる決意をした羽生。その会見の様子は中国メディアでも取り上げられている。(C)Getty Images

フィギュア界の偉才が、一大決心を下した。7月19日、フィギュアスケートの羽生結弦が都内で会見を行ない、第一線から退く意思を表明。そしてプロスケーターに転向していく決意も明らかにした。

「新たなスタートを切ったなと思います」

 本人が再三にわたって、そう繰り返したように決してネガティブな“引退”ではない。むしろ、プロのアスリートとして新たな人生を送るためのものだ。スーツに身を包んで登場した会見で羽生は「もっと決意に満ちあふれたものですし、もっともっと希望に満ちあふれたものだなって自分の中では思っていた。なので、むしろ今は自分としてはこれからも期待してやってくださいって、胸張って言えるっていう気持ちでいます」とも語っている。

 とはいえ、注目を集めた27歳の決意表明は、海外メディアでも小さくない反響を呼んでいる。中国のスポーツ専門サイト『新浪体育』は「ユヅル・ハニュウが現役を退き、プロスケーターとして歩み続ける発表をした」と速報。2018年の平昌五輪でフィギュア男子では66年ぶりとなる五輪連覇を達成などさまざまな功績を残した羽生について、次のように記した。
 「どんなに恋しくとも、いずれはやってくる瞬間が訪れた。冬季オリンピックでの2冠、世界選手権2冠、国際大会での数々の金メダルの獲得、そしてなにより4Aジャンプのあくなき追求。フィギュアスケートの歴史において、ユヅル・ハニュウは伝説を刻み込んできた」

 会見では「もっといろんな方法で自分のスケートを診て頂く機会があるかなと思っていますし、作っていきたいなと考えているので、ぜひ楽しみにしていただきたい」とも強調した羽生。新たな舞台へと羽ばたく天才スケーターの姿を今後も興味深く見守りたい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】羽生結弦のコーチが公開した“4回転半ジャンプ”の練習映像が話題に!「凄いの一言」と反響相次ぐ

【関連記事】チェン、シェルバコワらが語った“羽生結弦”とは?「真のヒーロー」「100年に一人のアスリート」と賛辞続々

【関連記事】「心温まるものでした」整氷作業を手伝う“ゆづドゥンドゥン”の振る舞いに中国メディアが注目!「真剣に取り組んでいた」【北京五輪】

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?