「彼にジャンパーは必要ない」悩めるシモンズに同僚カリーがアドバイス「フリースローさえ決めれば」<DUNKSHOOT>

「彼にジャンパーは必要ない」悩めるシモンズに同僚カリーがアドバイス「フリースローさえ決めれば」<DUNKSHOOT>

カリーに「ジャンパーは必要ない」と言われたシモンズ。はたしてネッツデビューとなる今季、どのようなスタイルで臨むのか。(C)Getty Images

2016年にNBA入りして以降、新人王に始まり3度のオールスター出場、オールNBA3rdチーム選出、2度のオールディフェンシブ1stチーム入り、スティール王の獲得など、ベン・シモンズは実働4年のキャリアで数々の輝かしい実績を残してきた。

 しかしその一方で、NBA入り当初からの課題であるジャンプシュートはいつまで経っても向上せず。それが原因でフィラデルフィア・セブンティシクサーズ時代の2021年プレーオフでは戦犯となり、チームとの関係性が拗れた末にトレードを要求、2021−22シーズン途中にブルックリン・ネッツへ移籍。新天地でも腰の痛みやメンタル面の問題など様々な要因が重なり、結局昨季は1度もコートに立つことなくシーズンを終えた。

 今や“問題児”のレッテルが貼られつつあるシモンズにとって、ネッツでの実質1年目となる今季は、自身のイメージ回復のためにも重要なシーズンとなる。加えて、苦手なジャンパーも克服し、プレーの面でも一皮?けたとアピールしたいところだ。

 ただ、シクサーズからネッツに一緒にトレードされた同僚セス・カリーは、シモンズにジャンプショットは必要ないと考えているようだ。シモンズの生まれ故郷であるオーストラリアの新聞『Herald Sun』のインタビューに答えたカリーは、復活を期す若武者についてこう話していた。
 「彼が複数回オールスターに選ばれたのは理由がある。もし彼がフリースローを高確率で沈めることができれば、もう一度アンストッパブルな存在になれるだろうね。

 彼にジャンプショットは必要ないと思う。ディフェンス、リバウンド、ボールプッシュ、プレーメーク、リムアタック。彼はただ自分のベストを尽くせばいいのさ。彼ほどのサイズと才能があるなら、1人ではなく2人、時には3人がかりでリムアタックを止める必要がある。それだけで大きな意味があるんだ」

 カリー曰く、シモンズはジャンパーを打たずとも、フリースローを磨けば再び選手として輝けるという。確かに彼はミドルや3ポイントだけでなく、フリースローもキャリア通算成功率59.7%と苦戦している。
  実際に2021年のプレーオフ、ワシントン・ウィザーズとの1回戦でハック戦術の対象となると、アトランタ・ホークスとのイースタン・カンファレンス準決勝ではファウルされてフリースローラインに立たされることを嫌がり、シュートが打てる場面でもパスを回す消極的なプレーで大きく非難された。

 これまでシモンズはジャンプシュートを打たずとも、サイズとスキル、スピードを生かしたペイントアタックやディフェンスで、リーグ屈指の実力者として活躍してきた。この点については疑いの余地はないだろう。
  だが、そのプレースタイルで壁にぶつかったのもまた事実。はたして今季、シモンズはジャンパーをマスターし生まれ変わった姿でコートに立つのか、それとも時代に逆行したこれまでのスタイルを貫くのか。少なくともカリーが話したように、3ポイントの習得まではいかなくとも、フリースローを確実に決められるだけの成長の跡を示してほしいところだ。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)