【男子バレー】足首負傷の石川祐希には欠場の「選択肢なし」!世界選手権に向けては「ベスト8に入る力を証明したい」と抱負

【男子バレー】足首負傷の石川祐希には欠場の「選択肢なし」!世界選手権に向けては「ベスト8に入る力を証明したい」と抱負

キャプテンの石川は「自分たちの強さを証明できる大会」と世界選手権に向けて意気込む。(C)Getty Images

8月26日に開幕するバレーボールの『世界選手権』に日本男子代表の主将として臨む石川祐希は、9日リモート形式の囲み取材に応じた。

 先月行なわれたネーションズリーグ(VNL)では足首を捻挫し、決勝トーナメントを欠場した石川。まずは自身の現状について、「まだ練習には参加できていない状況で、世界選手権でベストな状況で臨めるように今調整しているところです」と説明。とは言え、「世界選手権に出られないというほどの怪我ではない。元からそう(欠場)いう選択肢は持っていなかった」と話す。

 そして、キャプテンとして率いる龍神NIPPONについては、「東京オリンピックが終わってから、安定感は非常に増した」と高く評価したうえで、その要因をこう分析する。

「自分たちよりランキングが下の相手には確実に3セットをとって勝てていますし、強豪相手にもフルセットに持ち込んで勝ったりしている。個人それぞれのメンタルだったり、スキルが常に安定して波がなく出せるようになったのが要因かなと思っています」
  世界選手権に向けては、「非常にレベルが高い大会。まずは予選をしっかりと突破すること、カタール、キューバに勝つこと。ブラジルもチャンスはあると思うので、そこで狙っていく」と語り、オリンピックよりもレベルが高い大会で「ベスト8に入る力は確実にあるという証明をしたい」と意気込んだ。

 最後には「自分たちの強さを証明できる大会になると思うので、自信と覚悟をもって臨みたい」と力を込めた。龍神NIPPONは、事前合宿のため13日にイタリアへ向けて出発。同国では、イタリア代表、アメリカ代表とテストマッチを行う予定だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「日本の男子バレーは終わった」――2大会五輪不出場の“どん底”から這い上がった龍神NIPPON!躍進を支えた“2つの武器”とは?

【関連記事】絶賛された謝罪会見も「ものすごく反響が怖かった」。トヨタで学んだ川合俊一新会長で日本バレー界が変わる【独占インタビュー】

【関連記事】「絶対真似をしないで」負傷の古賀紗理那が悲痛な訴え。“美談”で終わらない現実問題に迫る

関連記事(外部サイト)