魔術師ウィリアムズが現代のウォリアーズと黄金期レイカーズを比較「シャックにとってはタフな状況になるだろう」<DUNKSHOOT>

魔術師ウィリアムズが現代のウォリアーズと黄金期レイカーズを比較「シャックにとってはタフな状況になるだろう」<DUNKSHOOT>

シャック(左)とは敵として戦い、味方としても優勝を分かち合ったウィリアムズ(右)。彼をしても、現代のウォリアーズは驚異的に映っているようだ。(C)Getty Images

ゴールデンステイト・ウォリアーズは2021−22シーズンのNBAを制し、過去8年間でファイナル進出6回、うち4回でリーグ優勝を達成。ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンのビッグ3を中心とした“スモール・バスケットボール”は、再び一時代を築こうとしている。

 そんな現代の王朝に対して、元NBA選手のジェイソン・ウィリアムズはシャキール・オニール&コビー・ブライアントを擁して3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズでも勝つのは容易ではないと、持論を展開している。

 トリッキーなパスで魅せるプレースタイルで、エンタテイナー型の司令塔として名を馳せたウィリアムズ。現役時代はサクラメント・キングス、メンフィス・グリズリーズ、マイアミ・ヒート、オーランド・マジックに所属し、ヒート時代の2006年にはシャックやドゥエイン・ウェイドらとともにリーグタイトルを獲得している。

 キングス時代には黄金期のレイカーズと激しく火花を散らしたウィリアムズは、ディベート番組『PLAYERS CHOICE』の『The Jason Williams Show』でシャックを「歴代で最も支配的なプレーヤー」と称賛。「チームを作るとしたら、最初にシャックを選ぶ。3ポイントが打てるかどうかは気にしない。彼がいれば相手をファウルトラブルに陥れることができるからね」と語った。
  そのなかで、「シャックvsドレイモンド・グリーン」の予想を振られると、当時のレイカーズと現在のウォリアーズの仮想対決に興味を示しつつ、レイカーズの2大スーパースターと言えど、苦戦を強いられるのは必至だと予想した。

「シャックにとってはタフな状況になるだろう。ウォリアーズとの対戦は見てみたい。当時のレイカーズはシャックの中でベストチーム。ただ、ウォリアーズも洒落にならない(くらい強い)チームだ。自分たちのプレースタイルがあり、3ポイントを打つために走れる。同じことをできるチームはそう多くはない」

 スモールボール化、ポジションレス化が進む現代バスケの象徴とも言えるウォリアーズ。カリーとトンプソンの“スプラッシュ・ブラザーズ”を中心に、どこからでも、どんな形でも得点が奪えることを最大の強みとしている。シャックのようなセンター全盛時代を知るウィリアムズにとっても、ウォリアーズのスタイルは驚異的に映っているようだ。

構成●ダンクシュート編集部

関連記事(外部サイト)