「これはヤバい!!感動だ!!」父レブロンも大興奮!ブロニー&ブライスのジェームズ兄弟がフランスの地で躍動<DUNKSHOOT>

「これはヤバい!!感動だ!!」父レブロンも大興奮!ブロニー&ブライスのジェームズ兄弟がフランスの地で躍動<DUNKSHOOT>

レブロンの息子ブロニーは、コートを縦断してダンクを叩き込むなどゲームハイの25得点をあげてフランスのファンを沸かせた。(C)Getty Images

8月16日、フランスの首都パリの隣に位置するナンテール市の体育館は、尋常でない熱狂に包まれた。

 アメリカの精鋭高校生集団カリフォルニア・バスケットボール・クラブ(CBC)が、フランスのU-18選抜チームと対戦。

 この試合は、『ESPN』でも中継されたが、高校生チームの試合にこれだけ注目が集まった理由は、CBCのメンバーにある。

 ロースターに名を連ねたのは、レブロン・ジェームズの息子で17歳のブロニーと15歳のブライス。さらにスコッティ・ピッペンの息子ジャスティン、ペニー・ハーダウェイの息子アシュトン、デレック・フィッシャーの息子ドリューら、稀代の2世タレントがズラリ。

 この試合についてはほとんど宣伝もされていなかったが、口コミで噂が広がると、3000枚のチケットは、1日もたたずにソールドアウトになった。

 おまけに、レブロンが来場するという噂も流れたことから、モーリス・トレーズアリーナには、試合前から1000人を超えるファンが詰めかけた。

 結果的にレブロンは姿を現さなかったが、フランス代表のニコラ・バトゥーム(ロサンゼルス・クリッパーズ)や、パリのサッカークラブ、パリ・サンジェルマンのストライカー、ウーゴ・エキティケら、トップアスリートが会場に足を運んだ。
  試合は、全米ランク39位のブロニーがゲームハイの25得点をあげるも、85−97でフランスチームが勝利。来年のNBAドラフトのNo.1指名候補、ビクトール・ウェンバニャマの弟オスカルらが、地元の意地を見せつけた。

 しかし会場に熱狂を巻き起こしたのはやはりジェームズ兄弟で、背番号0番をつけたブロニーがコートを縦断するドリブルから華麗なダンクを叩き込むと、ファンは総立ちに。

 そのシーンをSNSに投稿したレブロンは、『ブロニーとブライスが試合で一緒にコートに立っているのを初めて見ている。これはヤバい!!感動だ!!』とツイート。愛息の遠征を画面越しに見守る姿は、キングというより、パパそのものだ。

 なお、このツアーは、ロンドン、パリ、ローマの3都市を周り、地元のチームと対戦する以外に、各地の名所を回る文化体験も目的のひとつとなっている。

 ロンドンではバッキンガム宮殿やロンドン塔、パリではエッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿、ルーブル美術館、ローマではバチカン市国やコロッセオ等を見学。

 パリでは、リーグ・アン(サッカー)のパリ・サンジェルマン対モンペリエの試合も観戦し、PSGのユニフォーム姿で観光する選手も見られた。

「我々にとって、これは教育とバスケットボールを結びつける機会だ」と語ったのは、CBCのコーチ、アンドレ・シュヴァリエだ。

「(ルーブル美術館で)モナリザやメデューズ号の筏を見る。それからヨーロッパで将来を嘱望される選手たちと対戦して、彼ら欧州の選手たちがなぜ今日NBAで活躍し、才能を発揮しているのかを理解してもらう。そんな経験は他ではできないことだ」
  このツアーを主催するアメリカのスポーツマーケティング会社パラゴン・マーケティングは、2002年、高校バスケを初めてテレビ中継させた実績を持つ、アメリカ高校バスケのパイオニアだ。

 そして02年の試合に出場していたスーパー高校生こそが、レブロンだった。

 この一戦には100人の報道陣が取材申請をしたというが、高校バスケの試合でこれだけのメディアを集めるとは、さすがはキング。そして20年後、今度は彼の息子たちが注目を集めており、今季『ESPN』は、高校バスケを30〜40戦中継するという。

 現在は全米高校ランキングなるものもあり、高校生プレーヤーが脚光を浴びる機会がどんどん増えている。
 「肝心なのはバスケットボールのパフォーマンスと学業だが、現在は、より若い年代から、自分をブランディングしたり、ビジネスにつなげることを学んでいる。そうしたことにいかに対処するか、そして大学やNBAではどんな世界が待ち構えているかを彼らに指導するのも、我々のミッションのうちなのだ」(シュヴァリエ・コーチ)

 試合やトレーニングもするが、ショッピングや観光も楽しみ、5つ星ホテルに滞在し、大勢のスタッフに囲まれて、警備員たちにエスコートされて行動する。そんなプロ選手並みの待遇を体験することも、彼らがトップエリートを目指して育っていく過程で、必要な学びなのだという。

 ジェームズ兄弟擁するCBCは、2戦目のフランス選抜戦だけでなく、こちらも満員御礼となった1戦目のロンドンのHoopsfix Elite戦も74−81で黒星。18日に行なわれるツアー最終戦、ローマのステラ・アズーラ戦では初勝利をあげたいところだ。

 しかし、慣れない遠征中の試合とはいえ、欧州のチームと対戦したことで、シュヴァリエ・コーチの言葉通り、選手たちは世界のバスケレベルを体感したことだろう。

 そして欧州のバスケファンにとっては、早くもカリスマ性満点のブロニーら、NBAの大スターの息子たちの成長ぶりを見られる、またとない機会となった。

文●小川由紀子
 

関連記事(外部サイト)