“赤いベルト戦”で朱里が初代王者を粉砕! 敗北の高橋奈七永は「これで終わりなんかじゃない」と宣言【スターダム】

“赤いベルト戦”で朱里が初代王者を粉砕! 敗北の高橋奈七永は「これで終わりなんかじゃない」と宣言【スターダム】

初代王者の高橋奈七永(左)を下し、8度目の防衛に成功した朱里(右)。試合後には、再戦を認める姿勢も見せている。(C)Rinco

8月21日、ブシロード傘下の女子プロレス団体「スターダム」は、愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)にて真夏のビッグマッチ『STARDOM×STARDOM 2022~名古屋真夏の遭遇~』を開催した。

【動画】朱里が高橋奈七永に放った強烈なパンチをチェック!

 そのメインイベントでは、“赤いベルト”ことワールド・オブ・スターダム選手権試合が行なわれ、チャンピオンの朱里に、初代王者でスターダム旗揚げメンバーの高橋奈七永が挑戦した。

 奈七永は、スタン・ハンセンの入場テーマ曲『サンライズ』をイメージして作られた、全女時代から使っているテーマ曲『NANARACKA』に乗り、貫禄を見せながら黒いコスチュームで登場。一方、朱里は「負けられない」という目力にオーラを漂わせながら真っ赤なコスチュームで入場した。
  試合開始のゴングが鳴ってもしばらく動かない2人。間合いを取りながら組み合うと、朱里がロープに押し込み、奈七永のジャーマンを堪えてタックルからグランドへ。さらに腕を極め、これには思わず奈七永が悲鳴をあげる。

 場外にエスケープする奈七永は、エプロンに上がりラリアットで朱里をなぎ倒すと、場外でタックルを決めてから、ブレーンバスターを放つ。リングに戻ると、奈七永は高角度バックドロップから、朱里を踏みつけて「チャンピオン、コラァ!」と挑発し、サッカーボールキックを放った。

 しかし朱里が仕返し、ここからは場内外をフルに使った見ごたえのある一進一退の攻防で、会場のボルテージを上げていく。

 さらに、トップロープに登った奈七永が冷蔵庫爆弾を放つも、これは自爆。両者は張り手合戦へ。朱里が裏拳を放つと奈七永が崩れるが、奈七永も張り返し両者ダウン。試合開始からあっという間に15分が経過するなか、奈七永はラリアットを放ち、「来いよ!」と朱里を促した。

 エルボーを連打する朱里に対し、奈七永はラリアットの連打から正調ラリアット。これを返すと、朱里はフロントネックロックを極めるがエスケープとなり、それでも重いキックで奈七永を倒しまくる。ニーを切り抜けた奈七永はラリアットから冷蔵庫爆弾を放つもカウント2。ナナラッカを狙う奈七永を、朱里はスリーパーで捕獲もエスケープされる。
  奈七永はラリアットからナナラッカを決めるが、これもカウント2で返され、ヘッドバットの連打から走ったところを朱里がカウンターのハイキック。両者髪のつかみ合いになる。朱里のヒザ蹴り連打で奈七永がダウンすると、KO間際で起き上がって来たところを担ぎ上げ、最後は朱世界が決まりカウント3。朱里が死闘を制し、歴史を乗り越えた。

 試合後、朱里は、「私はあなたが今のスターダムで生温いと言ったことは許せなかった。だから、今日の試合でそんなこと言えないぐらいアツイものを伝えたかった。伝わりましたか?」と奈七永に問いかける。

 すると奈七永は、「負けたから何も言いたかねぇけど、伝わったよ。伝わったし3カウント聞いちまった。負けたよ」と話し始め、「でも私はこれで終わりなんかじゃない。むしろきょう始まった気がするんだけど。それが答えと思ってもらっていいかな?」と返した。

 さらに、「高橋奈七永っていう劇薬を生かすも殺すも、スターダムそして、朱里次第なんじゃねぇの?まだまだ終わんねーし絶対にやり返すから!覚えとけ!」と継続参戦表明すれば、バックステージでも朱里を「伸びしろがある」と称賛。「KAIRIの分まで」と引退覚悟の試合を乗り越えたことにより、自信を深めたようだ。

 また、朱里は「何回でも高橋奈七永、勝ってやるよ!」と再戦も認める考え。朱里は、歴史を乗り越えただけじゃなく、高橋奈七永をも再生させてしまったのは間違いない。
 ◆スターダム◆
『STARDOM×STARDOM 2022~名古屋真夏の遭遇~』
2022年8月21日
愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
観衆 1353人
▼ワールド・オブ・スターダム選手権試合~THE HISTORY~(30分1本勝負)
<王者>○朱里(24分24秒 片エビ固め)高橋奈七永●<挑戦者>
※朱世界
※第14代王者が8度目の防衛に成功。

取材・文●どら増田

【関連記事】粘りに粘った王者・朱里が意地の赤いベルトV7! 猛攻の中野たむに「ギラギラした情念、嫌いじゃない!」と感嘆

【関連記事】「ただただ可愛い」スターダムのなつぽいが公開した爽やかな“水着姿”にファン歓喜!「一緒に海行きたい」

【関連記事】武藤敬司のグランドスラム達成、IWGP統一に困惑、ジュリア、衝撃の丸坊主――2021年プロレス5大ニュース

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?