無敵のモンスターは“世代最強”!? 米専門メディアが井上尚弥を激賞「異名は彼にこそふさわしい。欠点を探している」

無敵のモンスターは“世代最強”!? 米専門メディアが井上尚弥を激賞「異名は彼にこそふさわしい。欠点を探している」

ライバルを圧倒する強さをキャリアで見せつけてきた井上。そんな偉才に専門メディアも高い評価を下している。(C)AFP/AFLO

世界的に存在感を強める“モンスター”への評価は揺るぎないものになっている。

 現地時間8月22日、米ボクシング専門サイト『Boxing Junkie』は、あらゆる階級に関係なく、18歳から43歳までの各年齢別にトップ・オブ・トップを独自に選出。29歳のカテゴリーには、WBAスーパー、IBF、WBC世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が堂々とピックアップされた。

 選出に際して「簡単に選べる選手もいれば、かなり深く考えないといけない選手もいた」という同サイト。そういう観点で見れば、日本が世界に誇るモンスターのチョイスは「簡単」という方に入ったのだろう。記事内では、次のように寸評が記されている。

「『モンスター』という異名は彼にこそふさわしい。我々は欠点を探している最中だ」

 今年6月にさいたまスーパーアリーナで行なわれたノニト・ドネア(フィリピン)との同級3団体統一戦で、わずか264秒という速さでTKO勝ちを収めた井上。プロキャリア23戦無敗(20KO)と文字通り敵なしの強さを誇るファイターは、「世界で最も権威があるボクシング誌」と評される米老舗誌『The Ring』でも、日本人史上初となるパウンド・フォー・パウンドの1位に選出。その地位を確実なものとした。
  そうしたなかで井上を“世代最強”に選んだ『Boxing Junkie』。この評価に異論はないのではないだろうか。

 また、同サイトは日本に馴染みのあるファイターも選んでいる。33歳ではWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(志成)を、そして39歳では、今夏に井上に敗れた元世界5階級王者のドネアを選んでいる。

 同サイトはとりわけドネアに強い関心を示した。井上戦後にスーパーフライ級挑戦を決意したレジェンドについて、次のように寸評をまとめている。

「将来の殿堂入りを目指す彼は、偉大なるイノウエには及ばなかったが、いまだ誰にでも対抗できると感じている。その闘志を思えば、39歳では一番だ」

 あらためて、世界ナンバーワンの実力が認められた井上。将来的なスーパーバンタム転向も目指している天才ファイターは、公言している「35歳での引退」までにどれだけの偉業をやってのけるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「イノウエは本当に凄かった」完敗のドネア、KO勝利の井上尚弥を大絶賛!「彼はやっぱり最高だ」

【関連記事】「え、俺はやられたのか?」ドネアが明かした井上尚弥戦の舞台裏! 1Rのダウンは失神していた「瞬間的に真っ白になった」

【関連記事】フィリピン人記者が井上尚弥の“バンタム級統一目前”に無念。カシメロの問題行動を嘆く「イノウエとの差は歴然」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?