「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>

「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>

ピストンズの再建は、カニングハム(左)とアイビー(右)の“未来のオールスターバックコートデュオ”がカギを握っている。(C)Getty Images

今年のドラフトで1巡目全体5位指名権を持っていたデトロイト・ピストンズは、ジェイデン・アイビーを指名した。パデュー大出身のガードはインディアナ州生まれながら、父ジャヴィン・ハンターはミシガン州デトロイト出身。母ニール・アイビーは2005年にWNBAデトロイト・ショックでプレーした経験を持つ元選手と、少なからずデトロイトに縁があった。

 同地で生まれ育ち、NBAで13シーズンをプレーしたのち、現在は『ESPN』と『ABC』でNBAアナリストを務めるジェイレン・ローズは、地元チームの決断に興奮を隠せなかった。

「ピストンズについて俺に話してきたら、最高のバックコートデュオを考えさせられるね」

 ローズは現地時間8月22日(日本時間23日、日付は以下同)にデトロイト・ゴルフクラブで行われたゴルフのイベントでそう口にし、生みの親であるジミー・ウォーカーの名も出しつつ、こう続けていた。
 「(あのチームには)1970年代に俺の父ジミー・ウォーカーとデイブ・ビングがオールスターとしてバックコートを務めていた。そのあとバッドボーイズとなり、ジョー・デュマースとアイザイア・トーマスがオールスターバックコートとしていたよな?チャンシー・ビラップスとリップ(リチャード)・ハミルトンもオールスターバックコートだった。そして今、俺たちはジェイデンとケイド・カニングハムという、新たなオールスターバックコートを手にしたんだと思っている」

 昨季までの74シーズンで、ピストンズは1980年代後半の“バッドボーイズ”時代に2度(1989、90年)、2004年にはビラップスとハミルトン、ベン・ウォーレス、ラシード・ウォーレスらを擁して球団史上3度目の王座に就いた。そしてファイナルMVPはデュマース(1989年)、トーマス(1990年)、ビラップス(2004年)と、いずれもガード陣が獲得してきた。

 地元チームで奮闘するカニングハムについて、ローズは昨年のイベントで球団史上屈指の万能戦士グラント・ヒルと比較しており、ルーキーシーズンを終えた198cmのガードをこのように評していた。
 「俺はケイドがチームを引っ張っただけでなく、(昨季の時点で)コート内外で成熟していたと信じている。彼は自身のショットをクリエイトしただけでなく、もの凄く効果的かつ効率的だったよ」

 昨年のドラフト1巡目全体1位でピストンズから指名されたカニングハムは、ケガで開幕に出遅れたものの、平均17.4点、5.5リバウンド、5.6アシスト、1.2スティールと、まずまずの成績を残した。

 そして今季、ピストンズは193cm・88kgのサイズを持つアイビーをカニングハムの相棒へ据えることとなる。クイックネスを駆使した切れ味鋭いドライブで相手守備陣を切り裂くアイビーと組むことで、将来有望なヤングデュオを擁するピストンズは一躍注目を浴びるかもしれない。
 「アイビーが入ることで、彼(カニングハム)のゲームを楽にしてくれるさ。アイビーは凄いよ。練習ではショットを決め切っているし、本当に一生懸命取り組んでいる。俺はこのチームが持つポテンシャルを本当に楽しみにしている。彼らが構築するカルチャーにワクワクしているんだ」

 直近3シーズン連続で勝率3割前後へ沈むピストンズについて、今季プレーイン・トーナメント進出争いへ参戦できると予想する者は皆無に等しい。

 それでも、このチームにはカニングハムとアイビーという期待のバックコートデュオに加え、サディーク・ベイにマービン・バグレー三世、アイザイア・スチュワートと徐々に若手が揃ってきており、チームの未来は明るいと言えるだろう。

 ドゥエイン・ケイシーHC(ヘッドコーチ)の下、ロースターにはケリー・オリニクやアレック・バークス、ナーレンズ・ノエルというベテランも控えており、彼らがヤングコアの成長をサポートしていくことができるならば、数年後に再びプレーオフチームへ進化を遂げるのではないだろうか。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?