男子バレー世界選手権、日本代表は白星発進!カタール相手に若きエース西田有志が最多得点と躍動、石川祐希も完全復活の兆し

男子バレー世界選手権、日本代表は白星発進!カタール相手に若きエース西田有志が最多得点と躍動、石川祐希も完全復活の兆し

カタール戦で試合最多得点を奪った西田。日本をストレート勝ちに導いた。(C) Getty Images

8月26日、国際バレーボール連盟(FIVB)が主催する男子の『世界選手権』(スロベニア/ポーランド共催)が開幕。世界ランク9位の日本代表は、予選ラウンド1戦目で同21位カタール代表と対戦し、セットカウント3-0(25-20、25-17、25-15)の快勝で白星発進した。
  今大会は、2014年と2018年の直近2大会で採用されたフォーマットが大きく変更された。これまでは、出場する24カ国の代表が4プールに分かれて1次ラウンド、2次ラウンドは16チームが2プール、3次ラウンドは6チームが2プールでそれぞれ総当たり戦を行った後、4チームがトーナメント方式の決勝ラウンドに進む方式。今回は予選で24チームが6プールに分かれて総当たり戦を行い各プールの上位2チームと3位のなかで成績上位4チームの全16チームが決勝ラウンドへ駒を進めトーナメント戦を行う。

 日本は、カタール、ブラジル、キューバと同組のプールB。スロベニアで行われた予選初戦のカタール戦は、左足首の負傷から完全復帰が待たれる主将の石川祐希が大事を取ってベンチスタート。西田有志、高橋藍と大塚達宣の若き精鋭、経験豊富な山内昌大と小野寺大志、司令塔に関田誠大を先発起用した。

 日本は試合を通して要所で活躍することになる山内と小野寺で開始早々に連続得点。西田がサーブで崩して高橋藍がバックアタックを叩き込むと、大塚が強打でラリーをものにする。4点リードで迎えた終盤にセッター大宅真樹、宮浦健人とともにコートインした石川は、最初の1打をネットにかけるも直後に2枚ブロックの間を抜く打球で鮮やかに得点。これで士気を高めた日本は、大塚の強烈なバックアタックや西田のブロックが飛び出し1セット目を先取した。

 第2セットでは、序盤に関田のサービスで目を見張る守備を連発して3連続ブレーク。多彩な攻撃で順調に得点を重ねセットポイントを握ると、終盤に再びコートに立った石川が相手ブロックのインサイドを突いて1勝目に王手をかけた。
  フィリップ・ブラン監督は2セット目終了時のインタビューで、「今大会のフォーマットでは、この試合がチームにとってとても重要。それは、勝利で終えて勝点3を手に入れること。それから、負傷離脱していたユウキ・イシカワの大会中の(主力として)復帰に向けて。ここまでは上手く行っている。勝利を期待している」と日本の戦いぶりに満足している様子だった。
  第3セットは出足こそリードを許したが、相手ブロックを完璧に欺くフェイクトスで西田の得点を演出するなどした高橋藍のサービスで4連続ブレーク。リードを5点に広げたところでコートに戻った石川が見事な反応の守備や得意のレフト攻撃で追加点に貢献。最後は西田がネットインエースで試合を決め、ストレート勝利で大会をスタートさせた。

 西田が試合最多の17得点(アタック11、ブロック4、エース2)。高橋藍はアタックで11得点、続いて山内と小野寺が揃ってブロック2本を含む8得点を挙げ活躍を見せた。

 次戦の相手、世界ランク4位のブラジルはキューバとの初戦で2セットダウンから逆転勝利。決勝ラウンド進出を狙う龍神NIPPONは、日本時間8月28日21時開始の第2戦で強豪中の強豪を倒すべ新たなく戦いに挑む。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】強豪イタリア代表が龍神NIPPONを高く評価! 西田有志への警戒心も明かす「動き出しで遅れたら困難を強いられる」

【関連記事】イタリア代表監督が日本の成長ぶりを称賛!「もはや“レセプションと守備”のチームではない」と警戒

【関連記事】「美脚ガール」狩野舞子がショーパン姿で“超絶スタイル”を披露!元日本代表3ショットにファン歓喜「みんな可愛い」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?