“歴代ベスト5”からレブロンを外したローズ。ジョーダンとの“G.O.A.T.論争”にも「誰も成し遂げてないことを意味する」と自論<DUNKSHOOT>

“歴代ベスト5”からレブロンを外したローズ。ジョーダンとの“G.O.A.T.論争”にも「誰も成し遂げてないことを意味する」と自論<DUNKSHOOT>

ジョーダン(左)とレブロン(右)の“G.O.A.T.論争”について、両者と対戦経験のあるローズが自論を展開した。(C)Getty Images

現地時間8月25日にYouTubeへ公開された米放送局『ESPN』の番組『Courtside Club』にゲスト出演したジェイレン・ローズは、現役時代はNBAで13シーズンプレーした203cmのオールラウンダー。インディアナ・ペイサーズ時代の1999-2000シーズンには平均18.2点、4.8リバウンド、4.0アシスト、1.1スティールをマークし、MIP(最優秀躍進選手賞)にも輝いた実力者だ。

 ペイサーズとシカゴ・ブルズ在籍時には平均20点以上を記録したシーズンもある好スコアラーだったローズ。現在は『ESPN』と、同じく米放送局『ABC』でNBAアナリストを務めており、今回出演した番組内では、自身が考える“オールタイムベスト5”を発表。マジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)、アイザイア・トーマス(元デトロイト・ピストンズ)、マイケル・ジョーダン(元ブルズほか)、ラリー・バード(元ボストン・セルティックス)、そしてカリーム・アブドゥル・ジャバー(元レイカーズほか)を挙げていた。

 ミシガン州デトロイト出身のローズにとって、トーマスは“バッドボーイズ”として恐れられたピストンズのリーダーであり、1989、90年にチームを連覇へと導いた立役者。トーマスも含めて、マジック、ジョーダン、バード、ジャバーはいずれもリーグ史に名を残すレジェンドだ。
  そしてジョーダンとレブロン・ジェームズ(レイカーズ)が筆頭候補として議論されている“G.O.A.T.(Greatest player Of All Time=史上最高の選手)”論争についても持論を述べていた。

「歴代ベストなプレーヤーについて話すなら、誰が“G.O.A.T.”かについて始めないといけない。その最初にくる単語は“Greatest(最も偉大)”ということ。つまり、それはほかの誰も成し遂げていないことを意味するんだ。

 俺たちがマイケル・ジョーダンとレブロン・ジェームズを比較するとしよう。たとえば、ジョーダンは得点王に10回もなった。レブロンは1回だ。ジョーダンは最優秀守備選手賞(DPOY)を手にした。レブロンは選ばれていない」

 ジョーダンとレブロンはバスケットボール界でも1、2の人気と知名度を誇るスーパースター。だがローズは、ジョーダンが史上最多となる10度の得点王に輝きながら、DPOYにも選ばれたことを指摘した。 レブロンは昨季までのキャリア19シーズンのうち、平均30点超えを3度記録しているものの、得点王は1度のみ。DPOYについても、得票数で2012-13シーズンに149ポイントを獲得したのだが、マルク・ガソル(元メンフィス・グリズリーズほか/212ポイント)の前に一歩及ばず2位に終わっていた。

 とはいえ、レブロンは得点・リバウンド・アシストと3拍子揃ったオールラウンダーであり、すでに前人未踏の通算3万得点(3万7062得点/歴代2位)、1万リバウンド(1万210本)、1万アシスト(1万45本/歴代7位)をクリア。得点面だけを強調するのはフェアとは言えない。

 するとローズは、両選手の優勝回数についても言及。1990年代に2度の3連覇を成し遂げたジョーダンに対し、レブロンは4度NBAを制しているものの、連覇はマイアミ・ヒート在籍時の2012、13年のみだ。
 「ジョーダンは2度の3連覇を達成した。レブロンは3連覇していない。つまり、映像で観るまでもなく、ジョーダンの成し遂げてきたことがより偉大ということなのさ」

 ローズは1990年代後半にジョーダン率いるブルズ、2000年代序盤にはジョーダンがプレーしたワシントン・ウィザーズと対決した経験があり、キャリア後半にはクリーブランド・キャバリアーズ時代のレブロンとも対戦してきた。特に1998年のプレーオフではカンファレンス・ファイナルで第7戦までもつれる死闘を演じてきただけに、ジョーダンの印象が強烈に残っているのかもしれない。

 もっとも、この“G.O.A.T.論争”に終止符が打たれることはなく、今後も永遠のテーマとしてオフシーズンになるたび盛り上がることだろう。

 そしてジョーダンとレブロンによる比較は、レブロンが引退後も続くに違いない。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】37歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?