ヒートのビッグ3は“談合”ではなかった?「レブロンとの共闘なんてまったく考えてなかった」とウェイドが告白<DUNKSHOOT>

ヒートのビッグ3は“談合”ではなかった?「レブロンとの共闘なんてまったく考えてなかった」とウェイドが告白<DUNKSHOOT>

“マイアミ・ビッグ3”結成時は賛否両論が巻き起こったが、ウェイド(右)はレブロン(左)との共闘について「まったく考えていなかった」という。(C)Getty Images

現地時間8月26日(日本時間27日、日付は以下同)、アンドレ・イグダーラ(無所属)とエバン・ターナー(元ボストン・セルティックスほか)がホスト役を務めるポッドキャスト番組『Point Forward』の最新エピソードが公開。ゲストにはマイアミ・ヒートのフランチャイズプレーヤーとして知られるドゥエイン・ウェイドが招かれた。

 193cm・99kgとガードながら屈強な肉体を誇り、電光石火のクイックネスと驚異的な跳躍力、さらにはそれをコート上で自由自在に発揮できるスキルも備わっていたウェイド。キャリア3年目の2006年にヒートを球団史上初優勝へ導くと、その後も2011~14年まで4シーズン連続でNBAファイナルへと勝ち進み、2012、13年は連覇を達成。在籍約15シーズンは、先日ヒートと再契約を結んだユドニス・ハズレム(今季が20シーズン目)に次ぐチーム史上2位ながら、通算2万1556得点や5310アシストなど、数多くの球団記録も保持している。

 特に4年連続でファイナル進出を果たした当時、ヒートにはウェイドのほか、レブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)とクリス・ボッシュも在籍。“スリーキングス”を形成し、スモールボールでリーグを席巻していた。

 だが意外にも、番組内でウェイドはレブロンとの共闘について「一緒にプレーするだなんてまったく考えていなかった」と明かしている。
 「(そのことが)頭をかすめることすらなかった。オールスターゲームや夏の試合(ピックアップゲームなど)、オリンピックでプレーすることはあった。でもNBAのシーズンで82試合も一緒にプレーすることは全然違ってくる。ボールを独占する男がもう1人いるなかでプレーするのが、どれだけ大変なのかわかるよね」

 キャリア初期のレブロンはクリーブランド・キャバリアーズに在籍しており、同じイースタン・カンファレンス所属だったため、オールスターゲームでは何度も共演。さらには2004年のアテネ・オリンピック、2008年の北京オリンピック、2006年のFIBA世界選手権(現ワールドカップ)でも2人はアメリカ代表として同じチームでプレーしてきた。

 NBAの公式戦では、所属チームのトップスコアラーとしてしのぎを削り、勝利を目指して激しいマッチアップを演じてきたウェイドとレブロン。プレーオフで激突することこそなかったものの、これまで何度もコート上で何度も火花を散らしてきた。
  コート外では親友だったとはいえ、2010年夏のFA(フリーエージェント)戦線でレブロンがマイアミへ移籍し、史上空前のビッグ3を形成したことには誰もが衝撃を受けた。だが、それはウェイドも同じだったという。

「2010年のフリーエージェンシーまで、僕のなかには(レブロンとの共演は)まったくなかった。そのプロセスを歩んでいく過程でも、頭になかったね。一緒にプレーするなんて全然考えてなかったんだ。大勢の人たちは(共闘することを)考えついたんだと思っている。僕らがスマートだったらなぁと思うよ。でも実際はスマートではなかったのさ」

 ウェイドはヒートでレブロンとプレーし、数多くのハイライトプレーも生み出してきたのだが、「楽しくはなかったね。メンタルとフィジカルの両面で辛かったし、その期間のほとんどは任務だと感じていた」と後に明かしており、日々プレッシャーとも戦ってきたという。
  ヒートのビッグ3形成の背景には、パット・ライリー球団社長の野望があった。2014年夏にレブロンが古巣キャブズへ帰還することを電話で知った際、「私は彼のことを責めたりはしなかった。だが、私は10年間に渡って王朝を築けるチームだとわかっていたから、(電話があった)あの日は私とこの組織にとっては悲しい日になった」と『ESPN』へ胸中を吐露。さらにこうも口にしていた。

「私は、マイアミの地で王朝を築きたかった。この街とチームを10年間に渡り、タイトルコンテンダーに押し上げたかったんだ。8度はNBAファイナルまで勝ち進むことができたかもしれない」

 もしレブロンがヒートへ加入することなく、ウェイドが単独エースを務めていれば、今以上のスタッツを残すことは十分可能だっただろう。だが、レブロン抜きに4度のファイナル進出、2度の優勝を成し遂げることができた可能性は低いと言わざるをえない。

 今となっては“タラ・レバ”の話ではあるものの、ウェイド、レブロン、ボッシュがいずれも20代でチームメイトとなり、ヒートで4シーズンも戦えたことは、貴重な経験となったのではないだろうか。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?