自身を「NBA史上ベストな攻撃型プレーヤー」と評するタウンズがゴベアとの共闘に自信「僕らはあらゆる才能を引き出せる」<DUNKSHOOT>

自身を「NBA史上ベストな攻撃型プレーヤー」と評するタウンズがゴベアとの共闘に自信「僕らはあらゆる才能を引き出せる」<DUNKSHOOT>

タウンズは今季からコンビを組むゴベアとの共闘に自信を見せている。(C)Getty Images

今夏ミネソタ・ティンバーウルブズと2億2400万ドルで延長契約を結んだカール・アンソニー・タウンズ。

 2015年のドラフトでウルブズに全体1位指名を受けたビッグマンは、211㎝の高さがありながら、ペリメーターでも難なくプレーし、まるでガードのように機敏な動きからステップバックスリーを沈めるスキルも備わっている。

 キャリア7年目の昨季は、平均24.6点、9.8リバウンド、3.6アシスト、1.0スティール、1.1ブロックを残して3年ぶり通算3度目のオールスターに返り咲き、オールNBA3rdチームにも名を連ねた。

 このタウンズにアンソニー・エドワーズ、ディアンジェロ・ラッセルを中心とした布陣で4年ぶりのプレーオフ進出を飾ったウルブズだが、今夏にロスター強化へ動いた。

 フリーエージェント(FA)でカイル・アンダーソン、オースティン・リバース、ブリン・フォーブスと契約したこともポイントではあるものの、最大の衝撃はやはりルディ・ゴベアをトレードで獲得したことだろう。

 216㎝・117㎏のゴベアは昨季まで所属していたユタ・ジャズで最優秀守備選手賞に3度も輝き、オールディフェンシブ1stチームに6年連続で選ばれている、リーグ屈指の守護神。

 今季のウルブズはタウンズにゴベアという、ビッグマン2人がコート上でうまく機能できるのかという疑問があるが、タウンズは全く問題視していないようだ。
  現地時間9月12日に『CBS Sports』へ公開されたインタビュー記事のなかで、タウンズは次のように語っている。

「ここ最近で似たような状況だったのは、ゴーギー・ジェン(現サンアントニオ・スパーズ)がいた時だね。僕は(パワーフォワードとして)NBAで何年もプレーしてきた。ファンの皆はそのことを忘れているのさ。まぁいいさ。それにカレッジ時代を思い出してくれよ。僕は7フィート2インチ(218㎝/公称は213㎝)のウィリー・コーリー・スタイン(現ヒューストン・ロケッツ)と一緒にプレーしていた。彼らがどうしてそのことを忘れているのか、僕にはわからないね」

 208㎝・114㎏のジェンは、タウンズと約5シーズンをプレー。さらに17-18シーズンには206㎝・105㎏のタージ・ギブソン(現ワシントン・ウィザーズ)ともスターターとして82試合にフル出場。この時はタウンズがセンターで、ギブソンがパワーフォワードながら、実際はギブソンの方がセンターでプレーしている時間帯が多く、チームは両選手がコートにいた時間帯で、ネット・レーティング(100ポゼッションあたりの得失点差)で+7.4という高数字を残していた。
  そのため、タウンズは今回新たにコンビを組むゴベアをジェンやギブソンをも上回る選手として大きな期待を寄せていた。

「ルディはNBA史上、ベストな守備型プレーヤーの1人だと思う。それほどの実績を積み上げてきた。そして僕はNBA史上でもベストな攻撃型プレーヤーの1人であり、その才能を秘めている。つまり、僕らを一緒にコートへ送りこむことで、あらゆる才能を引き出すことができるということさ」
  タウンズはウルブズでプレーオフに2度進出するも、いずれもファーストラウンド敗退。ゴベアはジャズで6度プレーオフを経験しているものの、カンファレンス・セミファイナルの壁を突破できずにいる。

 エドワーズやラッセルなど、ウルブズにはこのツインタワー以外にもタレントがいるものの、彼らもプレーオフでは目立った成果を残せていない。

 今季ゴベアを加えて新体制となったウルブズが、昨季以上のサプライズを起こすことができるのか。その鍵を握っているのは間違いなくタウンズだろう。

文●秋山裕之(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?