「俺は最も支配的な選手、彼は史上最高になることに取り憑かれていた」シャックが元相棒コビーとの関係を回想<DUNKSHOOT>

「俺は最も支配的な選手、彼は史上最高になることに取り憑かれていた」シャックが元相棒コビーとの関係を回想<DUNKSHOOT>

シャック(右)がレイカーズ時代に強力コンビを結成したコビー(左)との関係について語った。(C)Getty Images

現地時間9月13日に公開されたポッドキャスト番組『Patrick Bet-David Podcast』へ、シャックことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)がゲスト出演した。

 シャックは216㎝・147㎏という巨体を武器にNBAで19シーズンをプレーしてキャリア平均23.7点、10.9リバウンド、2.5アシスト、2.3ブロックという圧倒的な数字を記録。

 新人王を皮切りに、オールスターに15度、オールNBAチームに14度、オールディフェンシブチームに3度選ばれ、2016年にバスケットボール殿堂、昨秋には75周年記念チーム入りも果たした。

 シャックはオーランド・マジックでアンファニー“ペニー”ハーダウェイ、マイアミ・ヒートではドゥエイン・ウェイド、クリーブランド・キャバリアーズではレブロン・ジェームズ(現レイカーズ)とプレーしたが、最も支配的なデュオとしてリーグを席巻した相棒はやはりレイカーズ時代のコビー・ブライアントだろう。

 レイカーズで8シーズン(1996-97から03-04)共闘した両者は、00年から02年にかけて3連覇、04年にもファイナル進出を果たすなど、リーグ屈指のコンビとして鳴らした。
  シャックは番組内で、高卒選手としてレイカーズ入りしたコビーについてこう語っていた。

「彼はまるで(他の選手たちとはかけ離れた)エイリアンだった。彼がまだ18歳の頃、よくロッカールームにいたんだが、ボールなしで何時間もドリブルやシューティングをしていた。そしたら練習で実践し、実際のコートでも同じ動きを見せていたんだ。史上最高の選手になるべく、まるで取り憑かれているようだった」

 マイケル・ジョーダンに憧れ、彼を超える選手になろうと、コビーはバスケットボールへすべてを注ぎ込んできた。

 もっとも、レイカーズは2人が入団してからすぐにリーグを制したわけではない。結成4年目の99-00シーズンに名将フィル・ジャクソンが就任し、トライアングル・オフェンスを採用したことがターニングポイントとなった。

 シャックとコビーはエゴを捨て、勝利を最優先にすることで抜群の破壊力を発揮。さらに彼らの周囲を、リック・フォックスやロバート・オリー、デレック・フィッシャーが上質なロールプレーヤーとして固めたことで、レイカーズはチャンピオンへ上りつめたのである。

「俺は最も支配的な選手になることに取り憑かれ、彼は史上最高の選手になることへ取り憑かれていた。そのためには多くのことを犠牲にしなければならないんだが、彼は見事にやっていた。そのことで俺は頭にきていた。なぜって、それは俺がまさにやろうとしていたことだったからだ。誰かに対してそうすることで、俺は勝ちに行こうとしていたんだ。そう、いつだって俺は(刺激を与えるべく)誰かを怒らせる側の男だったのさ」
  楽観的なシャックとストイックなコビー。彼らはコート上でこそ史上最高級のデュオとして暴れ回ったが、コート外ではその性格の違いもあって何度も険悪な仲と報じられた。シャックは両者の関係についてこう話していた。

「皆は俺たちが互いを毛嫌いしていたと思っていた。でもそうじゃないんだ。あくまで俺と、俺のリーダーシップの取り方、俺が彼をより高いレベルでプレーさせることを選択したからなんだ」

 超がつくほどの負けず嫌いだったコビーは、シャックの言葉に怒りを露わにしつつも、それをモチベーションとして受け取り、さらなる猛練習に励んで成長していったということなのだろう。
  シャックはさらにこうも語っていた。

「彼をこう言って怒らせたんだ。『ここはお前のチームじゃない。俺のチームだ』とね。そのことで後悔することになっていたのかもしれない。だがフィル・ジャクソンが俺たちの仲について介入したりはしなかっただろ? 彼には2匹のアニマルがいて、唯一リクエストしたのは『コートでは1つになってプレーしなさい』ということだった。俺たちはまさにそうやってきたのさ」

 04年夏にケンカ別れのような形でシャックがトレードされてコビーとのデュオは終焉を迎えたが、本人も「もっと長く一緒にプレーできていれば…」と思わずにはいられないほど、今でも印象に残っているのだろう。

 シャックとコビーは、NBA史上屈指の支配的なデュオの1つであり、それはこの先もずっと変わらない。両者が強烈な個性を持ち合わせていたからこそ、記録にも記憶にも残るスーパーデュオが誕生したことは間違いない。

文●秋山裕之(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?