鮮烈デビューのデ・フリースが来季は角田裕毅とコンビ結成か!? ガスリーはアルピーヌ移籍が濃厚と欧州専門メディア

鮮烈デビューのデ・フリースが来季は角田裕毅とコンビ結成か!? ガスリーはアルピーヌ移籍が濃厚と欧州専門メディア

来季の去就が注目される角田。果たして、アルファタウリのシートに収まるのは誰に? (C) Getty Images

F1第16戦のイタリア・グランプリ、虫垂炎で欠場したウィリアムズのアレクサンダー・アルボンに代わって、コックピットに収まったニック・デ・フリースは、予選でチームメイトのニコラス・ラティフィを上回り、決勝では9位に入っていきなりポイント獲得を果たしてみせた。

【動画】急遽F1デビューで9位フィニッシュ! 大健闘のデ・フリースの走りをチェック 鮮烈なF1デビューを飾ったオランダ人ドライバー。F2やフォーミュラEでタイトルを獲得するなど、他のカテゴリーで活躍しながら、複数のチームでテストドライバーやリザーブドライバーを務めてきた27歳は、ようやく巡ってきたチャンスで結果を出したことで、一躍ストーブリーグ(F1では「愚かなシーズン」)での主役となっている。

 まずウィリアムズが、今季も低迷するラティフィの代わりとしてデ・フリースをレギュラードライバーに迎えることを検討としているという。オランダの専門サイト『GPBLOG』はイタリアGPでのデ・フリースとラティフィのラップタイムを比較し、明らかに前者の方が車の力を最大限に引き出していると指摘し、「ウィリアムズは、来季は契約を更新しないラティフィをシンガポールで出走させるべきではなく、故フランク・ウィリアムズが望んでいた野心的なチーム構築に向けて一歩前進すべきだ」と主張している。

 しかし、この元マクラーレンの育成ドライバーには、アルピーヌ、アルファタウリも関心を示していることが判明。前者は育成ドライバーだったオスカー・ピアストリ(←マクラーレン)との契約を逃し、もう1枠を埋めるドライバーとしてオランダ人に白羽の矢を立てたが、このフランスチームは、アルファタウリのピエール・ガスリーを引き抜く可能性も示唆されている。

 一方、そのガスリーについて、アルファタウリ(とレッドブルは)は最適な代役が見つかった場合にのみ移籍を認めるというスタンスであるということで、先日はインディーカーのドライバーであるコルトン・ハータの獲得も噂されていたが、スーパーライセンス取得の条件を満たしておらず、特例も望めないということでこれを断念したとされており、そこからデ・フリースに白羽の矢が立ったという。
  これに対し、デ・フリースは母国のテレビ番組『Humberto op Zaterdag』で、オーストリアに赴いてレッドブルのヘルムート・マルコ顧問と会談したことを告白。また、「アルピーヌとは7月から連絡を取っており、ブダペストでテストを行なうことになっている」とも明かした。

 また彼は「自分が、チームを選択できるような贅沢な立場にいるのかどうかは分からない。僕自身がコントロールできるものではない」と、あらゆる可能性があることを強調したが、一方でフランスの専門サイト『AUTO Hebdo』は、すでに両者の間で2023年に向けて合意に達したようだと伝えている。
  イタリアの専門サイト『MOTORIONLINE』も、「オランダ人はウィリアムズとの契約を断念した上で、メルセデスとのこれまでの関係にもかかわらず、レッドブルを選択する。これでアルピーヌはガスリーと契約を結ぶことが可能となり、間もなく発表されるだろう」と、ほとんど決定事項として報じている。

 レッドブル・グループについては、新たなドライバー起用にはジュニアチームからの昇格という選択肢もあるはずだが、『GPBLOG』はリアム・ローソン、デニス・ハウガー、ユアン・ダルバラ、岩佐歩夢らF2で活躍する候補の名前を挙げながらも、「マルコ顧問は、F1へのステップを踏み出せるほどに成熟した人材はいないと考えている」と紹介して、この可能性を否定。むしろ、マルコ顧問は前述のハータ招聘を望んでおり、これを阻んだFIAの規定に不満を持っていることを紹介した。

 となると、来季は角田裕毅がチームメイトとして年上で実績十分のルーキーを迎えることになる可能性が強くなる。日本人ドライバーについては、いまだ契約延長の発表がされておらず、残留濃厚の報道が多くの海外メディアから発信される一方で、代役候補として前述のジュニアチームのドライバーの他、今季のF2を制したフェリペ・ドルゴビッチ(アストンマーティンの育成契約を交わしたばかりだが)などの名前が挙げられている。

 いずれにせよ、現地メディアによれば間もなく全ての答えは出されるようであり、チームからの発表を待ちたいところだ。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】予選Q1で3位の驚速ラップ! 角田裕毅、予期せぬQ3進出に「ビッグサプライズ」と本音! 「彼に才能があるのは間違いない」と専門サイトも称賛

【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目! 「ファンも夢中」「歴史に刻まれる」

【関連記事】英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?