「ここのホスピタリティは最高なんだ」カーHCが日本の“おもてなし”を称賛!「おそらく世界1位だ」<DUNKSHOOT>

「ここのホスピタリティは最高なんだ」カーHCが日本の“おもてなし”を称賛!「おそらく世界1位だ」<DUNKSHOOT>

昨年の東京五輪以来の来日を果たしたカーHCが、日本のホスピタリティを称賛した。(C)Getty Images

2022-23シーズンの開幕を約3週間後に控えた9月28日、ゴールデンステイト・ウォリアーズが、ワシントン・ウィザーズとのジャパンゲームズで来日を果たした。
 
 2014年からチームで指揮を執り、昨季チームを4年ぶり7度目の優勝に導いたスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)とフォワードのドレイモンド・グリーンにとっては1年ぶりの日本。

 前日の27日に57歳の誕生日を迎えた指揮官は、昨夏にアメリカ代表のグレッグ・ポポビッチHCのアシスタントとして来日し、東京オリンピックで金メダルを手にしていた。

 今回の会場も東京オリンピックと同じさいたまスーパーアリーナになるが、昨夏は新型コロナウイルスのパンデミックによって無観客開催となっていた。
  カーHCは当時を振り返り「我々は19日間も自分たちのホテルにいたと思う。文字通り、あそこから出られなかったんだ。私としては何度か散歩するためにこっそり抜け出していたかもしれないし、そうではないかもしれないがね」と語っていた。

 そして日本のファンやサービス業の人たちが聞いたら間違いなく喜ぶ言葉を発していた。

「ここのホスピタリティは最高なんだ。(だから)昨年はこれ以上ないくらいの皮肉だった。オリンピックを開催していて、ホスピタリティでおそらく世界1位なのに、すべてが封じられてしまったからね。あれはとても悲しいことだった」

 NBA屈指の名将からも称賛された日本の“おもてなし”。今回は大勢のファンが見守る最高の環境下で、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、D・グリーン、アンドリュー・ウィギンズといった多くのスターを擁する昨季王者がどんなプレーを見せるか楽しみだ。

文●秋山裕之(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?