“問題児”カシメロがSNSで赤穂亮と「対戦する」と明言! 母国メディアは「勝てばイノウエ戦に繋がる」と報道

“問題児”カシメロがSNSで赤穂亮と「対戦する」と明言! 母国メディアは「勝てばイノウエ戦に繋がる」と報道

次戦の対戦相手に赤穂亮を挙げたカシメロ。その狙いは――。(C)Getty Images

現地時間9月29日、元WBOバンタム級王者のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、フェイスブックを更新し、今年12月3日にWBOスーパーバンタム級9位の赤穂亮(横浜光)と対戦する予定だと発表した。2021年8月のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)戦以来となる実戦へ。すでに余念はないという。

 昨年12月のポール・バトラー(英国)戦では、ウイルス性胃腸炎を患ったとして試合を“ドタキャン”したカシメロだが、仕切り直しとして組まれた今年4月にも、減量目的によるサウナ使用が発覚し、英国内の規約違反でまたしても試合中止に。度重なる失態により、WBOから王座剥奪を余儀なくされ、現在はタイトル戦線から大きく後退してしまっている。
  一方、そんな“問題児”から対戦が明言された赤穂は、プロ戦績39勝2敗(26KO)。今年9月3日には、元IBOスーパーフライ級王者のエドリン・ダプドン(フィリピン)と後楽園ホールで対戦し、1回2分47秒のKO勝利を収めた。2016年5月から負けなしの13連勝と好調を維持しており、もしカシメロ戦が実現すれば注目のビッグマッチとなるのは、間違いないだろう。

 また、今回の発表を受けて、「カシメロが12月3日にアカホと対戦することを明言」と反応を示したのは、フィリピン最大級のネットワークを誇る放送局『ABS CBN』だ。「勝てばイノウエ戦につながる可能性があるだけに、カシメロはアカホに圧勝するつもりだ」と、本人の意気込みを報じている。

 さらに、約1年ぶりのリングに向けた「誰もが待ち望んでいたものだ」というカシメロの力強いコメントも紹介されており、赤穂とのファイトを心待ちにしている様子。記事内では、試合の開催国について「韓国か日本」と伝えられているが、果たしてどうなるのだろうか。今後の展開にも注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】パッキャオら指導の名伯楽ローチが井上尚弥を大絶賛! 「とてつもないスーパースターになる」と断言する理由は?

【関連記事】“最強の宿敵”ゴロフキンとの激闘が生んだ代償。4団体統一のカネロが長期離脱を示唆「左手は本当に最悪だ」

【関連記事】「イノウエ戦を実現させる」フルトンの“将来的な大一番”に米メディアも期待! 本人も「何ももたらさない相手とは戦わない」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?