カリー&トンプソンがサタデーイベントでファンを魅了!圧倒的なシュート力で3ポイントコンテスト頂点に!<DUNKSHOOT>

カリー&トンプソンがサタデーイベントでファンを魅了!圧倒的なシュート力で3ポイントコンテスト頂点に!<DUNKSHOOT>

サタデーイベントの3ポイントコンテストで、ウォリアーズのスプラッシュ・ブラザーズがファンを沸かせた。|写真:田中研治(本誌写真部)

NBAジャパンゲームズ第1戦の翌日、さいたまスーパーアリーナで「NBA Japan Games Saturday Night 2022」が開催された。

 本日のイベントにはワシントン・ウィザーズの八村塁やゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーなど両チームの選手も参加。

 最初に行なわれたスラムダンク・コンテストでは3選手が出場。ウォリアーズのジョナサン・クミンガ、ジェームズ・ワイズマン、ウィザーズからはカイル・クーズマ、ブラッドリー・ビール、そしてレジェンドのディケンベ・ムトンボがジャッジを務めた。

 1番手のリペックは、カリーの助けを借りたダンクなどで40得点。2番手のタイラー・カリーは、182㎝と3選手のなかで最も小柄ながら、強烈なレッグスルーダンクでファンを沸かせて45得点をマーク。

 3番手のB・ラフは当初、通常のダンクを披露していたが秘密兵器として車を用意。両チームの選手もベンチから立ち上がって見守るなか、日産のアリアを飛び越えてのダンクで50得点を叩き出し優勝。会場総立ちの一発にカリーも飛び上がって喜んでいた。 

 次のイベントのシューティングスターズ前にはサプライズが。カリーがウォリアーズのルーキーたちを呼び出し、コート中央で音楽に合わせてダンスを躍らせる“NBAの洗礼”を日本で行なった。
  ゴール下、ミドルジャンパー、3ポイント、ハーフコートショットと4つのスポットからシュートを決め、そのタイムを競うシューティングスターズは、ウォリアーズはアンドリュー・ウィギンズ、パトリック・ボルドウィンJr.(チーム1)ライアン・ロリンズ、ドンテ・ディヴィンチェンゾ(チーム2)、レジェンドのティム・ハーダウェイ(両チームに参加)が出場。

 ウィザーズはコーリー・キスパート、アンソニー・ギル(チーム1)、モンテ・モリス、ジョニー・デイビス(チーム2)、レジェンドからはリチャード・ハミルトン(両チームに参加)というメンバー。

 ウィザーズ・チーム1は最後のハーフコートショットをギルが沈め、20.4秒と好タイムを記録。一方のウォリアーズ・チーム1はウィギンズが3ポイントに苦戦し、ボールドウィンJr.がラストショットを決めたものの、53.2秒という結果に。

 トップのウィザーズ・チーム1の記録を破ることは難しいと思われたが、ウィザーズ・チーム2は序盤からミスなくシュートを決めていくと、ハーフコットショットをハミルトンがねじ込み、15.9秒でフィニッシュ。ウォリアーズ・チーム2がこのタイムを越えたことでウィザーズ・チーム2が優勝。現役時代、ジャンプシューターとして活躍したハミルトンが勝負強さを見せつけた。
  そして二人一組で行なわれた3ポイントコンテストには、ウォリアーズの“スプラッシュ・ブラザーズ”が参戦。

 ウィザーズのカイル・クーズマ&ジョーダン・シャッケルが13得点、ジョニー・デイビス&コーリー・キスパートが14得点、ウォリアーズのモーゼス・ムーディ&ジョーダン・プールが19得点に終わるなか、満を持してカリー&トンプソンが登場。
  スタートからカリーが確実にショットを決めてスコアを重ねていくと、相棒カリーに負けじとトンプソンも自在にシュートを沈め、計33得点をマーク。NBA最強シューターコンビが圧倒的な力を見せつけ、優勝を飾った。

 カリーは「気持ちよかったよ。彼(トンプソン)と対戦するんじゃなくて一緒にプレーできたからね。ファンの前で素晴らしいプレーを披露できて本当に嬉しく思う」と語れば、トンプソンは「ここにいる若手のように飛ぶことはできないけど、いつでもシュートは決められる。俺の2K(バスケゲーム)の3ポイントレーティングを上げろよ」とコメントし、ファンを笑わせた。

 最後はフォークデュオのゆずが「栄光の架橋」や「夏色」などを熱唱し会場を盛り上げ、大盛況のうちにイベントは幕を閉じた。

構成●ダンクシュート編集部
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?