なぜトゥルソワは今になって“鉄の女”との決別を決断したのか。恋人の存在、怪我への恐怖心などロシア国内で憶測が飛び交う

なぜトゥルソワは今になって“鉄の女”との決別を決断したのか。恋人の存在、怪我への恐怖心などロシア国内で憶測が飛び交う

涙に暮れた北京五輪から8か月。ついにトゥルソワはトゥトベリーゼ一門からの移籍を決断した。(C)Getty Images

今年2月、北京五輪・女子フィギュアスケートで繰り広げられた衝撃の光景が記憶に新しい。

 金メダルを逃して準優勝に終わったROC(ロシア・オリンピック委員会)代表のアレクサンドラ・トゥルソワが号泣しながら、コーチである“鉄の女”エテリ・トゥトベリーゼ氏の抱擁を拒否しただけでなく、「あなたは知っていた!」など激しい言葉を浴びせたシーンだ。
【画像】トゥルソワが公開した恋人コンドラチュクとの“アツアツ最新ショット”をチェック!

 あれから半年以上が過ぎた現地10月1日、ロシア・メディアが一斉に報じたのは、トゥルソワがトゥトベリーゼ一門からの移籍を決断したというニュースだ。彼女が新天地に選んだのは、男子のアレクサンドル・サマリンやマルク・コンドラチュクらが籍を置き、スベトラーナ・ソコロフスカヤ氏が主宰するCSKAモスクワ。ロシア国内のシーズン開幕を目前に控え、急転直下の展開を見せた。

 トゥルソワ自身はその理由を明かしていないが、さっそく国内メディアは関係者のインタビューをかき集めて大々的に報じている。数多のスター選手を育ててきた名コーチ、タチアナ・タラソワ氏は『Sport24』の取材に対して、「彼女とコンドラチュクは恋人同士でしょ。だからソコロフスカヤの元に走った。それだけのことよ。他に理由は見当たらないわ。どんな結末になるか見てみましょう」と、ストレートな意見を寄せた。
 
 エリート育成機関である「サンボ70」の責任者、レナト・ライチェフ氏も懐疑的で、「トゥルソワにとって良い移籍とは思えないし、エテリ以上のコーチはロシア国内に存在しない。トゥルソワの強烈な個性をエテリが忍耐強くコントロールしていたからこそ、彼女は結果を残せたのだ」と主張する。

 そして国内ネットワーク『RIA Novosti』が内部情報に詳しい人物の話として伝えたのが、トゥルソワの怪我の悪化に対する恐怖心だ。その人物は「もはやトゥトベリーゼ・グループでの厳しいトレーニングに耐えられなくなったと聞いている。怪我のリスクが常にあり、過去にも何度か悪化させた経緯があるからだ」と明かしている。 いずれも真相は定かではないが、『Sport24』のアリーナ・ボルコワ記者は冷静に状況を分析する。

「北京であれだけのことがあった。誰が見てもトゥルソワとトゥトベリーゼの関係は破綻したと思ったけれども、あれから8か月が過ぎて下された答えだという事実を忘れてはいけない。トゥルソワは北京から戻ってから、ずっと葛藤を繰り返してきた。競技を続けるべきかを含めてじっくり時間をかけ、将来について考えてきた。

 北京オリンピックの1年前に、一度トゥルソワはトゥトベリーゼの元を離れて、エフゲニー・プルシェンコに師事している。それでもオリンピックで勝ちたい彼女はすぐさま現実を思い知り、迷わずにトゥトベリーゼの許しを請うて舞い戻った。だからこそ銀メダルに終わった結末を受け入れられず、感情的になってしまったのだ。

 ちょうど1週間前、ロシア代表チームの競技会が開催された。そこで新たなショートプログラムを披露したトゥルソワだったが、傷めている背中の状態が芳しくなく、フリープログラムは辞退している。その舞台裏でこの件に関して何かしらのやりとりがあったのはたしかで、現実的な判断ができる彼女は、より選手に合った指導を第一とするソコロフスカヤを新コーチにしたいと、そう考えたのかもしれない」
 
 北京五輪では同僚であるカミラ・ワリエワのドーピング問題も世界を騒然とさせた。ボルコワ記者は「いよいよ本格的な調査が終わり、近いうちにひとつの結論が出る予定だ。コーチであるトゥトベリーゼに対してもどんな処分が下るか分からない。そのあたりもトゥルソワと彼女に近い人びとは考慮しているに違いない」と指摘する。

 そして、コンドラチュクとの恋愛関係については、「まったくゼロの話ではないでしょうし、ファンにとっては美しいストーリーなのかもしれない。でも私は、それを理由に彼女が移籍を決断したとは思えない」と分析した。

 北京では五輪史上初めて、4種類の4回転ジャンプを5度着氷させた18歳。ロシア勢はウクライナ侵攻作戦の制裁によって国際大会から締め出されており、いまだ競技復帰の目途は立っていない。そんななかで新天地を選んだトゥルソワは、開幕目前の新シーズンでどんなプログラム、どんなパフォーマンスを披露するのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】トゥルソワが公開した恋人コンドラチュクとの“アツアツ最新ショット”をチェック!

【記事】「誰が支持するものか!」皇帝プルシェンコがIOCバッハ会長による“戦争不支持→競技復帰”の見解に猛反発!

【記事】「すんげぇ色っぽい!」ザギトワが大胆に披露した“限界ギリギリの谷間”にファン衝撃!「かなりアバンギャルドだ」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?