「やれるところまで現役を続けたい」母親としてプロアスリートを続ける岩清水梓のサッカーへの情熱とキャリアを支える食生活

プロとして活躍する方々のインタビューを通し、明日への一歩を応援する「Do My Best, Go!」。第22回に登場していただくのは2011年にサッカー女子日本代表“なでしこジャパン”がワールドカップ初優勝を果たした際の一員で、CBとして名を馳せてきた岩清水梓選手。これまでのキャリア、プレーの質の高さにつながる食の大切さ、そして母親としての素顔など、様々なテーマについて語ってくれた。

■サッカーとの出会い、プロへの道

――サッカーをやり始めたきっかけは? 

 小学校の時、少年団に入り、男の子と一緒にボールを追いかけていたのがきっかけです。当時のポジションはFWでした。一番足が速かったですね。今の私のプレースタイルとはまったく違いましたね(笑)。振り返ると、メニーナ(ベレーザの育成チーム)に入ってから、ポジションがどんどん下がっていき、最終的にはCBに落ち着きました。

 ベレーザに入れたことで、自分のサッカー人生は大きく変化しました。なでしこジャパンに選出された多くの諸先輩方と一緒にサッカーができる環境が本当に大きかった。意志のない選手は上に上がれない環境に身を置けたことで、必然と上を目指すようになりました。

――プロを目指したのは?

 小学校6年生の時にメニーナのセレクションに受かったのがターニングポイントですね。セレクションは、父親が応募してくれました。

 運よく受かったという表現が適切かどうか分からないですが、セレクションの合格があったから、今の私があります。落ちていれば、中学校のソフトボール部に入る予定でした。父がソフトボールをやっていたこともあり、そちらのほうが可能性は高いかなと思っていたレベルです。
 
写真:©Tokyo Verdy

■プロ選手としての生活

――メニーナに加入した時の練習やチームメイトの印象は?

 セレクション当日から、女子サッカーのレベルの高さに驚きました。同時に女子サッカーがどういうものなのかも、セレクションを受けるまでイメージができませんでした。

 男子に混じって男の子の中でサッカーをやっていたとはいえ、遊びの延長のようなものでしたから。セレクション合格後も一番私が下手で、やっていけるのかなという不安がありました。

――ベレーザでは、2018、19年の2年連続での3冠を含めて多くの優勝経験をされていますが、キャリアのなかで一番印象的な出来事は?

 いろいろありますね。私が若手の頃、ベレーザは全盛期で、優勝が当たり前のチームでした。その後、澤穂希選手ら主力が移籍し、優勝ができないシーズンが続きました。私はキャプテンを務めていた分、悔しさやもどかしさが強かったですね。

 そういった難しいシーズンが続き、やっとキャプテンとしてトロフィーを掲げられたことは最高の思い出です。ベレーザは「常勝」チーム。若い頃から、先輩たちの背中を見て、ベレーザはそういうチームであるべきだと学んできました。

 だからこそ優勝した時は、自分たちの世代が過去のベレーザと肩を並べられたかな、黄金期のベレーザに少しでも近づけたかな、といろいろなことを考えました。

――ベレーザでのデビュー戦のことは覚えていらっしゃいますか?

 デビュー戦は、CBではなくサイドハーフで少しだけ交代出場しました (笑)。何もできずに終わりました。多分、試合の空気感を経験させるために出して貰ったと思っていたのであまりデビューという感覚はなかったですね。いい思い出ではないです(笑)。
 ■なでしこジャパンとしての活躍について

――なでしこジャパンでのお話も聞かせてください。見事優勝を果たされたW杯ドイツ大会ですが、戦前の予想で日本の優勝を予想した人は少なかったと思います。大会に臨むみなさんの心境はいかがでしたか?

 2008年の北京五輪は4位で、悔しい思いをしました。メダルを持ち帰れなかったことは、チーム全員で忘れないようにと、共通認識として持っていました。そこから3年後のドイツ大会では、絶対にメダルを持ち帰ろうとみんなで意気込みました。

 ベスト4以上、前回大会以上の成績となるメダル獲得に向け、一丸になりました。そういう良い雰囲気で大会に入れました。そして、戦いが進むにつれ、チームは勝ちながら修正できました。

 やはり開幕戦は硬かったのですが、そこから徐々にイングランドやドイツといった強豪との戦いでチームに自信が付きました。(グループリーグでは)イングランドに負けましたが、(準々決勝では)開催国でもある強豪ドイツには勝利しました。この勝利は本当に大きかったです。要所で盛り上がることができました。

――チームの雰囲気は良かったのですね。

 明るかったです。でも、練習ではお互いに高いレベルを要求し合いました。私はDFなので、前線の選手に前からのプレッシャーのかけ方を要求しました。逆に前線の選手からはビルドアップの質などを要求されましたね。

 お互いの意見のすり合わせを毎回の練習で、しっかり意識しました。宮間あや選手や大野忍選手がベテランと若手の橋渡し役となり、チームを引っ張ってくれました。そういったこともあり、チーム内に迷いはなかったです。

 コミュニケーションがしっかり取れるチームでしたね。佐々木則夫監督からは、特に守備に関しての指示が多かったです。攻撃はオープンに選手の自由を尊重してくれました。

――迎えた決勝のアメリカ戦、どういう心境で試合に臨まれましたか? また戦術的なファウルで退場となりましたが、その後ベンチからチームを見守る時の心境はいかがでしたか?

 チームの雰囲気は「決勝まで来たんだから、楽しもうよ」という空気でした。でも、楽しめなかったですね(笑)。開始5分、相当押し込まれる展開で、そんな余裕は一切なかったです。

 大会を通して、前半を無失点で折り返すことが、チームのテーマでした。そういった意味でも、前半をスコアレスで折り返せたのは良かったと思います。なんとかアメリカの猛攻を凌ぎました。今思うと、当時のメンバーは、ゲームの変化を見逃さない能力は長けていたと思います。

 その後、アメリカに先制を許し、(アメリカに)今まで勝利したことがなかったこともあり、嫌な雰囲気になりかけました。

 ですが同年、東日本大震災があったことからも、私たちのサッカーで日本を元気にしたいという想いも大会を通してチーム内にありました。諦めてはいけないという気持ちも。延長で失点した時は、もう終わったと思いましたが……。

 失点後も踏ん張り、その後、同点としました。本当に劇的だったと思います。退場後は、スタジアムの通路からチームを見守りました。託すしかなかったので。本当に頼もしい仲間に囲まれたと思います。
 
写真:サッカーダイジェスト

――続く2012年のロンドン五輪のことはいかがでしょうか?

 11年のワールドカップで初優勝した翌年のロンドン五輪は、銀メダルを獲得した決勝まで全6試合に出場しました。前年のワールドカップ制覇あって、なでしこジャパンにかかる期待は相当に大きかったと思います。ある意味、チャンピオンとして、五輪に臨むわけですから。

 優勝の数ヶ月後に、同大会の予選がスタートしたことも、メンタルの切り替えが難しかったですね。優勝の余韻に浸るという雰囲気ではありませんでした。仮に予選敗退となれば、大きく失望される。

 今振り返ると、相当なプレッシャーがありましたね。まずはアジア予選を勝ち抜くことも難しかった記憶しています。無事に予選を通過し、そこでワールドカップ優勝を改めて喜べたという形でした。

 その後、決勝まで進めたのは、メンバーひとりひとりの個性をチームの力にまとめられたからだと考えています。プレッシャーを乗り越えての銀メダル獲得でしたね。

――ロンドン五輪では、岩清水選手が日本人選手として唯一、ベストイレブンに選出されましたね。

 チームメイトのお陰です。みんながまとまった結果の銀メダル獲得と、私のベストイレブン選出だったと思います。でも、金メダルを獲れなかった悔しさも強いです。試合後、悔しくて泣いていたら澤選手が「胸を張り、笑顔で表彰式に出よう!!」とみんなに呼び掛けてくれました。この言葉には救われました。胸を張って出た表彰式もかけがえのない思い出です。

――2014年のアジアカップでもなでしこジャパンは初優勝を果たしました。岩清水選手は、準決勝、決勝と2試合連続で劇的な決勝ゴールを決められました。優勝に大きくつながった2得点でしたが、振り返っていかがですか?

 宮間選手というセットプレーの名手がいましたので、当てるだけでした(笑)。素晴らしいアシストがあってこそのゴールでした。今は、若手に宮間選手と同じようなボールを蹴ってくれと注文しています。それだけ宮間選手のボールは素晴らしかったです。2得点とも、自分の中のベストゴールです。

――なでしこジャパンで仲のいいメンバーはどなたですか?

 アンダー世代から一緒の有吉佐織選手は特に仲がいいですね。苦楽をともにしてきました。他にも、同級生の海堀あゆみ選手もそうです。

 海堀選手はポジションがGKなので、DFとして連係面でもしっかりとコミュニケーションを取ってきました。時には、激しく議論をしましたね。
 ■食事について

――幼少期や学生時代はどのような食生活をされていましたか?

 幼少期は、母親が料理を作ってくれるなかで、食べ物の好き嫌いはありましたが、サッカーのため(コンディション作り)という思いは、少なからずありました。食事は3食、必ず母の作ったものを食べていましたね。なるべく外食も控えていました。そういう環境で育ちました。

――食材としてのきのこについての印象は教えてください。きのこはお好きでしょうか? ご家庭でよく作るきのこ料理があれば教えてください。

 家族みんな、大好きです。とくに子どもの頃に母親が作ってくれた、きのこ入りのみそ汁が大好きでした。

 自分が母親になってからも、その使い方は受け継いでいて我が家の食卓の定番として家庭で作る味噌汁にはきのこを欠かさずに入れています。うちの子どもは野菜があまり好きではないですが、きのこは食べます。なので、よくきのこを買い、食卓に並べ、家族全員で食べています。

――きのこは低カロリーで栄養価の高い食材ですが、そういったきのこの栄養的な価値はご存じですか?

 そこまで詳しくないですが(笑)、きのこの栄養価の高さは知っているので、なるべく食べるように意識しています。

――きのこには腸内環境を改善する働きもあります。腸の状態、腸活について意識したことはありますか?

 最近、腸内環境を整えるために水を多くとるようにしています。水を適宜とることは意外に難しく、あまり得意ではありません。適切なタイミングでの摂取を心掛けています。
 ――ベレーザや日本代表での活動など、とても忙しいスケジュールのなかで取り組まれていたコンディション調整や栄養管理は?

 食事や睡眠は大事ですし、炭水化物、タンパク質など栄養素をバランスよく摂ることも意識しています。

 海外遠征は特にコンディション調整が難しいのですが、今挙げた点を大切にしていました。自分が母親になってからは生活リズムも変わりました。

 今は、2歳の息子に食事を食べさせることから一日が始まります。その後、自分の食事になりますが、息子がいてくれるからこそ、より規則正しい生活になっています(笑)。

――プロ生活と子育ての両立はすごく大変だと思います。一日のスケジュールはどのようになっているのでしょうか?

 息子が起きるタイミングで自分も起きます。準備が出来次第、保育園に登園します。その後、私は帰宅し、昼食を食べます。その際、夕食の準備もしておきます。そして午後から練習へ。

 息子は保育園で夕食を食べるため、食べ終わった後に迎えに行き、帰宅後は私が夕食を摂り、その後息子とお風呂に入ります。これが一日の平均的なスケジュールですね。
 ■母親としてプロ選手を継続

――出産後にもう一度プロ選手に戻ろうと思った理由を教えてください。

 出産後、33歳という年齢から引退の二文字は浮かびました。でも両親に気持ちが引退に傾いていると報告した時に、母親から「サッカー選手、続けないの? 復帰してみたら?」と言われたんです。

 私が若い頃、なでしこジャパンの宮本ともみ選手(現なでしこジャパンコーチ)がお子さんを連れて、代表合宿に参加されていました。その話は私の母親にも伝えていまし、印象に残っていたようです。だから母親は宮本選手の話を覚えていたのか、「続けないの?」という反応だったのだと思います。

 同様にアメリカ代表の選手も子どもと一緒に合宿に参加していたのを思い出しました。だから母親の言葉もあって、私も現役続行というチャレンジに心が徐々に傾いたんです。振り返ってみると人生のターニングポイントにはいつも両親が側にいたように思います。

――選手としてこれからの目標は?

 やれるところまで現役にこだわりたいです。息子が私をサッカー選手だと認識するまでプレーできれば良いですね。

 あわよくば、引退セレモニーで、息子に手紙を読んで欲しいです(笑)。他の選手の引退セレモニーで、同様のシュチュエーションを見て、これはいいなと思いました!!感動的で、すごく泣きました(笑)。是非、私も同じ状況で引退したいです。

 息子の今の年齢を考えると、もっともっと現役を続けなければいけません。引退後のプランは決まっていませんが、何かしらサッカーと関わり、貢献したいと思っています。そして母親としても、選手としても息子と一緒にこれから成長していきたいです。

――お子さんにサッカーをして欲しいという気持ちはありますか?

やりたいことをやりながら、成長してもらいたいです。どうなるか分かりませんが、こだわりはないです。何かしらスポーツはやってほしいですけどね。

――子育てしながら働く女性へのメッセージをお願いします。

 いやいや(笑)。ママさんの先輩はたくさんおり、私以上に忙しい方が大半ではないでしょうか。そのうえで、私が言えるとしたら無理なくやっていこう!ということではないしょうか。

 育児はそれぞれ家庭のやり方がありますが、日々、慌ただしいのは共通のはずで、みんな悩んでいる部分はあるように感じます。肩に力が入りすぎると、子どもを見る目も厳しくなってしまうはずです。母親である自分のメンタルケアを意識しながら、時には息抜きも必要です。
 
写真:徳原隆元

<プロフィール>
岩清水 梓(いわしみず あずさ)
1986年10月14日生まれ、163cm、55kg、岩手県滝沢市出身
日テレ・東京ヴェルディベレーザ所属/DF/背番号33
大沼サッカースポーツ少年団-NTVメニーナ-日テレ・東京ヴェルディベレーザ(2001年入団)

 小学校1年生の時に大沼サッカースポーツ少年団でサッカーを始める。当時のポジションは、FW。中学校1年生の時に、父親が当時のNTVベレーザ(現・日テレ・東京ヴェルディベレーザ)の下部組織であるNTVメニーナのセレクションに応募。見事、セレクション合格を果たした。以来、日テレ・東京ヴェルディベレーザ一筋で活躍を続ける。

その後、U-18、U-19、U-20の女子代表やユニバーシアード・トルコ大会女子代表に選出された。2006年には日本代表女子「なでしこジャパン」デビューを果たした。同年5月の国際親善試合アメリカ戦で代表初ゴールをマーク。以来、11の年FIFA女子ワールドカップドイツ大会優勝や12年のロンドンオリンピック日本代表初の銀メダル獲得など長きに渡りなでしこジャパンを支え続けた。

 私生活では、一般男性と結婚後、33歳で長男を出産した。出産後、一度は「引退」の二文字がよぎるも、現役続行を決意。現在2歳の長男の育児とサッカー選手の「二足の草鞋」で歩んでいる。
  • 記事にコメントを書いてみませんか?