「もう俺から隠れるのはやめろ!」失態から再起のネリが狙う“怪物狩り”! 再び井上尚弥を挑発して対戦要求

「もう俺から隠れるのはやめろ!」失態から再起のネリが狙う“怪物狩り”! 再び井上尚弥を挑発して対戦要求

ここにきて調子を上げている悪童ネリ(左)。スーパーバンタムで連勝を飾った男は、かつてのライバル、井上(右)に挑戦状を叩きつけた。(C)Getty Images、(C)AFP/AFLO

ボクシング界きっての悪童は、虎視眈々と“怪物狩り”を狙っている。

 現地時間10月1日、メキシコのティファナで行なわれたスーパーバンタム級10回戦で、元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ(メキシコ)が、ダビド・カルモナ(メキシコ)に3回KO勝ちを収めた。

 地力を発揮した一戦だった。初回から力強いボクシングで主導権を握ったネリは、2回にアッパーと左フックのコンビネーションでダウンを奪うと、続く3回には鋭い左ストレートを炸裂させるなど2度のダウンを奪取。カルモナに反撃の余地を与えない完勝劇で、21年5月のWBA、WBC世界スーパーバンタム級王座統一戦でブランドン・フィゲロア(米国)に敗れてからの2連勝を決めた。

 過去にドーピング疑惑や体重超過などの失態を犯してきたネリ。17年と18年には、元WBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)に連勝を飾ったが、いまだ“トラブルメーカー”の印象は拭えない。それでも、20年にはWBC世界スーパーバンタム級王座を獲得して2階級制覇を達成するなど、着実に成長は遂げている。

 そんななかで、スーパーバンタム級で存在感を強める27歳は、WBAスーパー、IBF、WBC世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)との対戦を望んでいるようだ。メキシコのボクシング専門メディア『IZQUIERDAZO』によれば、カルモナ戦後にネリは挑発的な言動でもって、“モンスター”に牙を剥けた。

「遅かれ早かれあいつは俺の前に姿を見せる必要がある。もう俺から隠れるのはやめにしないといけない」
  かつてバンタム級時代のネリは、執拗なまでに井上に対戦を要求。しかし、先述のドーピング疑惑など自身の度重なる“失態”によって実現できていなかった。そうしたなかで、ひとつ上の階級で実績を重ねた“悪童”は、ふたたび「世界最強」の呼び声もあるモンスターとの対戦を匂わせた格好だ。

 もっとも、このビッグマッチが実現する可能性は不透明だ。というのも、井上はまだバンタム級のまま。今年12月13日にはWBO同級王者ポール・バトラー(英国)との4団体王座統一戦が予定されているが、“完全統一”後のプランは明確になっていない。

 当の井上本人は「年内に(4団体統一戦が)行なえたとしたなら、その先、スーパーバンタム級に上げて挑戦したい」と示唆してはいる。だが、仮にそうなったとしても、いわば“無冠”のネリと対戦する可能性は小さいと見られている。米メディア『Boxing Scene』も「イノウエが将来的に階級を上げた時に、ネリはタイトルを手にしている必要がある」と指摘。そのうえで、WBC、WBO同級王者スティーブン・フルトン(米国)とのタイトルマッチが「現実的だ」とした。

 はたして、ネリは悲願の一戦を実現できるのか。井上の動向とともに興味深く見守りたい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「イノウエは本当に凄かった」完敗のドネア、KO勝利の井上尚弥を大絶賛!「彼はやっぱり最高だ」

【関連記事】「え、俺はやられたのか?」ドネアが明かした井上尚弥戦の舞台裏! 1Rのダウンは失神していた「瞬間的に真っ白になった」

【関連記事】フィリピン人記者が井上尚弥の“バンタム級統一目前”に無念。カシメロの問題行動を嘆く「イノウエとの差は歴然」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?