「優雅で個性的なスケート!」SP1位の三浦佳生に海外メディアが絶賛!宇野昌磨超えは「サプライズな首位発進」

「優雅で個性的なスケート!」SP1位の三浦佳生に海外メディアが絶賛!宇野昌磨超えは「サプライズな首位発進」

前週2位でフィニッシュした三浦がカナダ大会のSPでも会心の演技を見せた。(C)Getty Images

現地時間10月28日、フィギュアスケート、グランプリ(GP)シリーズ第2戦カナダ大会の男子ショートプログラム(SP)が行なわれ、アメリカ大会2位の17歳三浦佳生が94・06点で首位発進を決めた。

 冒頭の4回転サルコー+3回転トゥループの連続ジャンプを着氷させた三浦。トリプルアクセル、4回転トゥループもしっかり決め、スピン、ステップは全て最高評価のレベル4を獲得するパフォーマンスを披露した。これには本人も納得の表情を浮かべ、演技後には渾身のガッツポーズを見せた。

 昨季の世界選手権で優勝した宇野昌磨は、4回転フリップを成功させるも、4回転トゥループでは氷に手をついてしまった。それでも立て直し、トリプルアクセルを成功させ、89・98点をマークし、三浦に次ぐ2位につけた。

 日本の17歳の躍動する姿に海外メディアも絶賛する。米放送局『NBC Sports』は、「スケートカナダのSPで日本のカオ・ミウラは同国の世界チャンピオンであるショウマ・ウノを上回り、サプライズな首位発進を決めた」と驚きをもって報じた。
  そして「ユヅル・ハニュウ(引退)、ネイサン・チェン(無期限休養)、ユウマ・カギヤマ(怪我)を欠いた今季、GP前まえではウノが明らかにNo1になると思われていた」と伝えたうえで、以下のように評価した。

「17歳のミウラがGP2大会連続でSPの首位に立っている。先週のスケートアメリカでは4回転アクセルで話題をさらったイリア・マリニン(米国)に次ぐ2位だった」

 さらに伊メディア『OA Sport』は「カオ・ミウラの2週連続の活躍が印象的だった。優雅で個性的なスケートを発揮し、リードを奪うことで自信を深めている」と賛辞を贈り、「1位と2位を獲得すれば1番乗りでファイナル進出を決められる位置にいるミウラは、ウノにとっても簡単な相手ではないだろう」と綴っている。

 現地29日には、男子フリースケーティング(FS)が実施される。勢いに乗る日本の若きスケーターは、果たしてどの様な演技を見せるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【フィギュアスケート ジャパンオープン2022 PHOTO】宇野昌磨、坂本花織、紀平梨花、三浦佳生が大活躍!米国の17歳マリニンは4回転アクセルに挑戦

【関連記事】ジャパンOPに坂本花織&紀平梨花が登場!坂本はほぼノーミス演技に「今回できたのは奇跡」と自画自賛

【関連記事】カナダ大会に臨む“りくりゅう”に心強い味方が参上!応援する可愛い姿にスケ―トファンら悶絶
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?