10代の“4回転ジャンパー”を抑えて露制覇! トゥクタミシェワを国内メディアも絶賛「伝説だ!」

10代の“4回転ジャンパー”を抑えて露制覇! トゥクタミシェワを国内メディアも絶賛「伝説だ!」

ロシアGPで優勝を飾ったトゥクタミシェワ。10代の若手選手たちと互角以上に戦う姿に、国内メディアから絶賛の声が続出した。(C)Getty Images

現地時間11月13日、ロシアグランプリ(GP)第4戦モスクワ大会が行なわれ、25歳のエリザベータ・トゥクタミシェワが合計234.63点で優勝を飾った。2位には16歳ソフィア・ムラビヨワが230.56点、15歳ソフィア・アカチエワが225.37点で3位に入った。4回転ジャンプを武器とする伸び盛りの若手たちを抑え、元世界女王が表彰台の頂点に立った。
【動画】進化する”女帝”トゥクタミシェワの4回転ジャンプをチェック

 ロシアフィギュアスケート界の重鎮タチアナ・タラソワ氏はロシアスポーツメディア『Sports.ru』の取材に対し、「(GP第4戦の)トゥクタミシェワの勝利は絶対的なものだった。何も言う事はありません。彼女がトップクラスの優秀なフィギュアスケーターであることは、全てにおいて明白です。このままの調子でいけば、カミラ・ワリエワやアレクサンドラ・トゥルソワらとロシア最高のフィギュアスケーターの座を争うことができるでしょう」と最大級の賛辞を贈った。

 同社は翌14日、「リーザ(トゥクタミシェワの愛称)は伝説だ!」と題した特集記事を掲載。アレクセイ・アブドキン記者は、「トゥクタミシェワは、(特にロシアでは)10代のスポーツとして定着している現代の女子フィギュアスケート界において、ユニークな存在」とロシアの女子フィギュア界のなかで、“特異な”存在だと説いている。

「12月で26歳になるリーザは、ロシアのフィギュアスケート界では珍しい年齢だ。ロシアGPでリーザの次に年長者なのはトゥルソワの18歳。アデリナ・ソトニコワ、ユリア・リプニツカヤ、エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ、アンナ・シェルバコワ、カミラ・ワリエワといった超新星たちが次々登場する中、彼女は今季でシニア12年目に突入した」

「リーザは休養期間なく、12シーズン連続で出場している。彼女が初めてロシア選手権に出場したのは2008年だから、信じられない」と現在まで長いキャリアを歩みながら、大きな故障なく現役を続けるトゥクタミシェワを称賛している。
  同記者はトゥクタミシェワの経歴にも触れ、「意外にも彼女には、“オリンピック”がない。ベストシーズンはオリンピック後が多く、2015年のトゥクタミシェワは三冠(GPファイナル、ヨーロッパ選手権、世界選手権)を達成し、2018年のGPファイナルでは銅メダルを獲得したが、ロシア選手権は体調を崩してしまった。そんな紆余曲折があったからこそ、彼女のキャリアはより貴重なものになり、現役を長く続けているのかもしれない」と見解を述べている。

 リーザの存在は国外のスケーターらにも好影響を与えている。13日にGPシリーズ英国大会で初優勝を飾った日本の三原舞依は大会前に、「GPに出場する私の友人マイ・ミハラの幸運を祈ります」と、トゥクタミシェワからエールを受けたことを『Sports.ru』に明かした。

「エリザベータから応援メッセージを頂き、とても嬉しいです。信じられない。彼女のファンなので、このように応援してもらえるのは、とても光栄です」と感謝を口にしている。

 以前、彼女は現役を続けるモチベーションについて、次のように語っている。

「私はチームが大好きです。彼らは私を指導することに関心を持ってくれており、私に引退してほしくないと思っているようです。これだけ和やかな雰囲気がチームにあって、私の健康が許せば、スケートを続けてもいいのではないでしょうか?」

 女帝・リーザの戦いは、これからも続く。大好きなフィギュアスケートがある限り――。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大好きなトゥクタミシェワからの“エール”に三原舞依が応える!GP初Vを支えた世界女王に感謝「とても光栄です」

【関連記事】「最高のプロフェッショナル」元五輪王者が異例の長期キャリアを歩むトゥクタミシェワを大絶賛!「若手は彼女を手本にするべき」

【関連記事】「私に引退してほしくないと思っているようです」25歳元世界女王トゥクタミシェワが現役を続ける理由を露メディアに激白

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?