一斉帰国の中国選手がTリーグに再参戦! 混合W杯が「世界ランキング対象」に変更→日本卓球協会も動き「劉国梁が大会の在り方を変えた」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 中国のTリーグから一斉に帰国した14人の中国選手が再参戦し、一部は再来日した。
  • ITTFが成績に個人ランキングポイントを付与すると発表し、日本卓協は混合団体の世界カップに日本代表ペアを出場させたい意向を表明した。
  • 中国メディアは、劉国梁会長が大会形式を変え受け入れできなかった日本の不参加を受け止めたと伝えた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

一斉帰国の中国選手がTリーグに再参戦! 混合W杯が「世界ランキング対象」に変更→日本卓球協会も動き「劉国梁が大会の在り方を変えた」

中国卓球を取りまとめている劉国梁氏が、混合W杯をつくったようだ。(C)Getty Images

卓球Tリーグでプレーする男女14人の中国選手が一斉に帰国したが、事態は一転。再参戦することが決まり、一部の選手は再来日している。琉球のジョ・シンコウは5日の金沢戦に早くも出場していた。

 中国卓球協会の会長を務める劉国梁氏が今年から作った『混合団体のワールドカップ(12月4~10日/中国・成都)』に日本代表が出場しないと表明したことで、その報復行為として撤退しており、中国との対立関係が築かれていた。

 中国メディア『捜狐』は、「元々、W杯は世界ランキングの個人ポイントが付与されない大会とされており、日本卓球協会は理解を示さず不参加を表明していた」とその理由を説明した。
  だが6日、ITTF(国際卓球連盟)は「成績に個人のランキングポイントを与える」と発表。これを受け、「日本卓球協会はペアを組んで出場させたいと意思表示。現在、エントリー段階に入っている」というのだ。

 同メディアは「日本の不参加を受け入れられなかった劉国梁氏が大会の在り方を変えた」と伝えたうえで、「劉国梁氏の革新的なセンスは称賛に値する」と評した。そして「彼はこの新しい大会形式がもっと注目され、卓球をエキサイティングなものにすることを望んでいる」と記している。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】中国がTリーグから撤退!混合W杯の“報復報道”に母国メディアは「我々の強さと影響力を示している!」と反応

【関連記事】「正気じゃない!」“プエルトリコの天才”を撃破で優勝した早田ひなに中国メディアが感服!「我々の強敵と呼ぶに相応しい」【卓球】

【関連記事】「そこ俺の席!」「僕もここなんですよ」水谷隼が新幹線の指定席を巡って口論! 車掌のさりげない“神対応”に感謝

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?