石川祐希、“観客が選ぶMVP”を初受賞!海外解説者も“切れ味鋭いバックアタック”に興奮「最高!最高!最高!」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 石川祐希が所属するボーリーのチームは、イタリアリーグの試合でトレンティーノに1-3で敗れた。
  • 石川はチーム最多の16得点を挙げ、観客投票でMVPを受賞したが、チームは2セット目を奪うも逆転を許した。
  • 国際バレーボール連盟の解説者は、石川の切れ味鋭いプレーに絶賛の声を上げたが、疲労が残るチームは後半2セットを奪われて試合に敗れた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

石川祐希、“観客が選ぶMVP”を初受賞!海外解説者も“切れ味鋭いバックアタック”に興奮「最高!最高!最高!」

序盤から奮闘を見せた石川だが、チームは今季4敗目を喫した。(C)La Pallavolo Serie A

現地時間11月15日、バレーボールのイタリアリーグ/スーペルレーガ2023-24シーズンの前半戦第5節が行なわれた。男子日本代表の石川祐希が所属するアリアンツ・ミラノは、イタス・トレンティーノとホームで対戦し、セットカウント1-3(22-25、25-21、19-25、16-25)で黒星を喫して戦績を1勝4敗とした。

【PHOTO】16年ぶりの自力出場を決めた“龍神NIPPON”!笑顔の選手たちを厳選ショットで特集!

 ミラノは、開幕から負傷離脱が続いた正セッターのパオロ・ポッロ(イタリア)が復帰した前節のホーム戦で強豪チヴィタノーヴァにストレート勝利。今季初白星を手にして、最下位から10位(順位はモンツァとヴェローナが試合数+1のため暫定)へ浮上した。

 本拠地で連戦の相手は強敵トレンティーノだ。開幕から無敗の2022-23シーズン王者は、2試合がフルセットマッチであったため勝点を取りこぼしたが、4試合を終えて2位。主力は、セッターのリカルド・ズベルトリ、アウトサイドヒッター(OH)のアレッサンドロ・ミキエレットとダニエレ・ラヴィアのイタリア代表トリオと、ミドルブロッカー(MB)マルコ・ポドラシュチャニン(セルビア)の、昨季リーグ制覇したメンバー。MBヤン・コサメルニク(スロベニア)とオポジット(OP)カミル・リヒリツキ(ルクセンブルク)が加わったチームを、今季就任のファビオ・ソーリ監督が率いる。

 ミラノの先発は、前節と同様。司令塔がポッロ、OHは石川の対角に、中心選手として昨季まで所属した古巣との対戦に臨んだマテイ・カジースキ(ブルガリア)、MBにアグスティン・ロセル(アルゼンチン)と主将のマッテオ・ピアノ(イタリア)、OPはフェレ・レゲルス(ベルギー)を起用した。左足首の負傷で調整中のOPペータル・ディルリッチ(クロアチア)はベンチスタートとなった。
  いきなりブロックを決めて試合をスタートさせた石川は、接戦の序盤にレフト攻撃やバックアタックでチームを援護。ミラノは中盤の3連続失点により劣勢に立たされるが、前節にサーブでシーズン初白星を引き寄せた石川のエースで反撃に転じる。終盤に同点まで追い上げたミラノだったが、以降にサーブミスやタッチネットなどで失点が続きセットを先取された。

 第2セットは序盤に、ロングラリーでチームメートたちの渾身の守備をブロックアウトで得点に変えた石川が、試合2本目のエースでリードを広げる。トレンティーノの追い上げで2度にわたり同点に迫られるが、石川の連続得点で流れをつかんだミラノが3連続ブレークに成功。勢いのままこのセットを奪取した。
  第3セット、トレンティーノがラヴィアのエース1本を含むサーブで接戦を抜け出しリードを3点にすると、石川が強烈なサーブとバックローからの攻撃で対抗。相手レセプションを崩してカジースキのダイレクト弾を演出した後、自らも破壊力マックスのバックアタックを叩き込み1点差に詰め寄る。ところが、次のプレーで試みたフェイクセットが成功せず。相手にこのセット2本目のエースを許して再びビハインドが広がる。ミラノは石川がレフトからの豪快打や守備で奮闘するも、ミキエレットらトレンティーノの攻撃力に屈して後がなくなった。

 第4セットでトレンティーノがギアを上げる一方、この対戦を相手より1日少ない中2日で迎えたミラノは疲労が出始めたか失速。フルセットへ望みをつなぎたいところだったが、サーブやアタックでミスが頻発したほか、終始サイドアウトに苦戦して黒星を喫し、2勝目は次戦以降へ持ち越された。
  石川は、チーム最多タイの16得点(アタック13、エース2、ブロック1)を記録。慣例のジャーナリストが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに加え、今季から始まった“観客が選ぶMVP”を初受賞した。

 国際バレーボール連盟の配信サービス『Volleyball TV』で解説を務め、15歳でプロデビューを果たした70年代の元イタリア代表、ジョルジョ・ゴルドーニ氏は石川への期待度が伺えるコメントを連発。エース予想が的中すると、「お見事!」と歓声を上げ、切れ味抜群のバックアタックには、「最高!最高!最高!」と大絶賛した。守備で別の選手の足が止まった場面では、「イシカワなら飛び込んだ。ユウキなら取っていたはず」と述べ、背番号14への評価と信頼の高さが思わず溢れた。

 ミラノの次戦は日本時間20日午前2時開始予定の6節。2勝目を狙い、今季に昇格したファルミタリア・カターニャとのアウェー戦に挑む。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】スロベニア撃破に貢献!キャプテンとしてチームを牽引した石川祐希を特集!

【PHOTO】各国の女性から黄色い声!アジア競技大会を沸かせた「神レベルの超イケメン5」を特集!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?