「なんという滑りだ!」今季SP世界最高で首位発進を決めた鍵山優真を海外記者が称賛!「彼は間違いなく戻ってきた」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 日本大会が東和薬品ラクタブドームで開幕し、鍵山優真がSPで今季世界最高点をマークして首位発進した。
  • 海外の専門記者やメディアから鍵山のSPを高く評価する声が上がった一方、宇野昌磨が2位で後が続く展開となった。
  • 鍵山は「間違いなく戻ってきた」と絶賛されたが、25日の男子FSでは順位争いが注目される。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

「なんという滑りだ!」今季SP世界最高で首位発進を決めた鍵山優真を海外記者が称賛!「彼は間違いなく戻ってきた」

五輪銀メダリストの鍵山がついに戻ってきた。(C)Getty Images


【関連記事】「本当にマスコミのせいなのか?」羽生結弦の“電撃離婚”に中国メディアが疑問を投げ掛け「隠された理由があるに違いない」と独自の見解も
 
【関連記事】「無責任ではないか!」羽生結弦の“スピード離婚”に中国では批判の声も!SNSでトレンド入り「女性を守れないというのは言い訳だ」
  日本の20歳が会心の演技だ。

 11月24日、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦日本大会(NHK杯)が、大阪府の東和薬品ラクタブドームで開幕。大会初日に行なわれた男子シングルのショートプログラム(SP)では、2022年北京五輪銀メダリストの鍵山優真(オリエンタルバイオ/中京大学)が今季世界最高の105.51点をマークし、首位発進を決めた。

【動画】「間違いなく戻ってきた!」復活を遂げた鍵山の演技をチェック

 冒頭の4回転サルコウ、続く4回転+3回転の連続トウループをしっかり成功させ、後半のトリプルアクセルも鮮やかに着氷してみせた鍵山。スピード感あるスケーティングで会場のファンを沸かせ、演技後には、力強いガッツポーズも飛び出した。これで、2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)と日本勢ワンツー発進となっている。
  こうした見事な演技には、海外の記者やメディアからも称賛の声が続々。なかでも米国のフィギュアスケート専門記者ジャッキー・ウォン氏は、すぐさま自身のX(旧ツイッター)を更新すると、「カギヤマはSPで2本の4回転に成功、ウノがこれを破るのは難しそうだ」と速報し、「SPでは首位に立つだろう」と続けていた。

 さらに、海外のフィギュアスケート専門メディア『Golden Skate』は、「ワオ、なんという滑りだ。彼は間違いなく戻ってきた!」と感嘆のコメント。五輪公式のXアカウントは、ISU公式が公開している映像を共有しつつ、「驚くほど素晴らしいSPのパフォーマンスで、カギヤマが首位に立った」と、その結果を伝えている。

 はたして大会2日目は、どのような滑りが見られるだろうか。男子フリースケーティング(FS)は、25日午後7時30分からスタート予定だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】鍵山優真が今季SP世界最高得点! 宇野昌磨を上回る”100点超え”でトップ発進!世界王者は2位でフリー逆転狙う【NHK杯】
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?