八村もベンチで大興奮!主力不在のウィザーズがイースト2位のセルティックスを撃破し、2戦連続で“大物食い”

八村もベンチで大興奮!主力不在のウィザーズがイースト2位のセルティックスを撃破し、2戦連続で“大物食い”

11試合連続の欠場となった八村だが、格上相手の勝利にベンチで喜びを爆発させた。(C)REUTERS/AFLO

1月6日(日本時間7日、日付は以下同)。ワシントン・ウィザーズはホームのキャピタル・ワン・アリーナでボストン・セルティックス戦に挑んだ。

 ウィザーズはこの日もブラッドリー・ビール、トーマス・ブライアント、ダービス・ベルターンス、モリッツ・ヴァグナー、八村塁と、主力の大半が欠場。一方のセルティックスも、エースのケンバ・ウォーカーがインフルエンザにより3試合連続の欠場となったものの、試合前の時点で25勝8敗とイースタン・カンファレンス2位につけており、下馬評は圧倒的だった。

 チームトップの平均22.5点をマークするウォーカーのほかにも、ジェイソン・テイタム(21.3点)、ジェイレン・ブラウン(20.6点)と、平均20点以上を記録するスコアラーを2人も擁し、元オールスターのゴードン・ヘイワード(平均17.1点、6.1リバウンド、4.2アシスト)や昨季オールディフェンシブ1stチームに選ばれたマーカス・スマート(平均11.3点、4.8アシスト、1.42スティール)も健在。タレントの差は明らかだった。
  ところが、第1クォーターから26−17と主導権を握ったウィザーズは、前半を終えて51−40と2桁リードで試合を折り返す。その後も相手に1度もリードを許すことなく、99−94で振り切り、4日のデンバー・ナゲッツ戦に続いて2連勝を飾った。

「もしシーズンが2試合だけならば、私は観客のMVPコールに賛同するよ」

 スコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)が試合後に笑顔で讃えたのは、2戦連続で大暴れを見せたイシュ・スミス。プロ入り10年で11チームを渡り歩く苦労人は、キャリアハイの32得点を叩き出したナゲッツ戦に続いて、この日もゲームハイの27得点に4リバウンド、4アシストと殊勲の活躍で勝利の立役者となった。

「(MVPコールを受けたのは)高校時代以来だね。でも疲れていたから、あんまり覚えていないよ。ひたすらプレーして勝つだけさ」。試合後にそう謙遜したスミスだが、「彼の前でディフェンスし続けるのはすごく難しいよ。彼の切り返しとペース、スピードは見事なものだ」と指揮官は目を細めた。
  スミスを称賛するのはファンや自軍の指揮官だけにとどまらない。セルティックスのブラッド・スティーブンスHCも「彼はスケートにでも乗っているかのようだ。最高のリズムだと感じているんだろう。彼のリズムを崩さなければならなかったが、我々にはそれができなかった」と脱帽した。

 スミスをはじめとするウィザーズの選手たちが繰り出すハッスルプレーの数々に、アリーナへ詰めかけた約1万8000人のファンと、八村やビールら欠場組の選手たちが酔いしれたことは間違いない。
  ウィザーズは12月28日から続くホーム6連戦を3勝3敗で終了。現在12勝24敗(.333)でイースト12位に沈んでいるものの、期間中の3勝はマイアミ・ヒート、ナゲッツ、セルティックスといずれもプレーオフの上位シードを狙う強豪を下してのもので、主力を欠いている現状を考えれば上出来と言っていいだろう。

 2戦続けて“大物食い”を披露し波に乗るチームの次戦は、敵地オーランドで行なわれる8日のマジック戦。今季3戦全敗を喫している苦手チーム相手に、この勢いを持ち込んで一矢報いることができるか注目だ。

文●秋山裕之(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)