「風邪ひかないように気を付けてください」今季初勝利のサントリー流大と松島幸太朗。雨のなか駆け付けた1万5000人の“ファミリー“に感謝

「風邪ひかないように気を付けてください」今季初勝利のサントリー流大と松島幸太朗。雨のなか駆け付けた1万5000人の“ファミリー“に感謝

流を擁するサントリーが、「タフなゲーム」を制して今季初勝利を飾った。写真:滝川敏之

ジャパン・トップリーグ2節のサントリー対NTTコムが18日、秩父宮ラグビー場で行なわれ、サントリーが22対10で勝利。今季初白星を手にした。

 梶村祐介のトライで先制したサントリーは、その後も順調に試合を進めて12対0で前半を折り返す。後半は一時5点差まで詰め寄られたものの、後半18分に松島幸太朗が約30mを突破してチャンスにつなげ、最後は中鶴隆彰がトライ。粘るNTTコムを突き放すと、そのまま22対10でノーサイドの笛を聞いた。
  フルタイム出場した松島は、試合後のフラッシュインタビューで「雨で苦しい展開でしたが、しっかり自分たちのラグビーを突き通せた」とコメント。また、流大も「コンディションを含めて本当にタフなゲームだった。受けてしまう場面もあったが、何とかチームで粘り強く戦って勝てた」と勝利を噛み締めた。

 冷たい雨が降っていたにも関わらず、会場には1万5000人を超える観衆が詰め掛けて声援を送った。この”ラグビーファミリー”の熱い想いに松島は「寒い中にも関わらず足を運んでいただいたので、こういう展開のラグビーを見せられて良かったと思います」、流は「雨で凄く寒いコンディションの中たくさんの声援を頂いてすごく感謝しています」と感謝の言葉を述べ、「風邪ひかないように気を付けてください。ありがとうございました」とインタビューを締めた。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)