「コビーは俺たちにとってのジョーダン」「大きな影響を与えてくれた人」レジェンドとの別れを惜しむ選手たち

「コビーは俺たちにとってのジョーダン」「大きな影響を与えてくれた人」レジェンドとの別れを惜しむ選手たち

ヤングはコビーに敬意を表し、彼がキャリア前期に背負った8番のジャージーで数秒間プレーした。(C)Getty Images

1月26日(日本時間27日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは敵地ステイトファーム・アリーナでアトランタ・ホークス戦を行なったが、試合前に信じられない訃報が飛び込んできた。

 NBA史上有数のレジェンド、コビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)がヘリコプターで13歳の娘ジアナのバスケットボールの試合に向かっていた際、ロサンゼルス郊外のカラバサスで起きた墜落事故により、41歳の若さでこの世を去ることになってしまった。

 世界中が悲しみに包まれたこの日、NBAは8試合が開催されたが、サンアントニオ・スパーズ対トロント・ラプターズ戦で、試合開始から両チームが最初のポゼッションを24秒のショットクロックバイオレーションで終え、背番号24を着用していたコビーへ追悼。

 ホークスとウィザーズによる一戦でも、ジャンプボールでボールを手にしたホークスがバックコートからフロントコートへボールを運ばず8秒バイオレーション、続いてウィザーズはフロントコートまでボールを運ぶも、ショットを打たずに24秒のバイオレーションとなり、コビーがNBAで着用した8番と24番にちなんで追悼を行なった。
  試合はホームのホークスが152−133でウィザーズに勝利。なかでもホークスのトレイ・ヤングのコビーへの思いは人一倍強いものだった。

 この日のヤングは、試合開始から数秒間を背番号8でプレー。前半だけで21得点、10アシスト、第2クォーター終了間際にはハーフコートショットを決めて天を仰いだ。

 試合全体でヤングは“24本”のショットを放ち、そのうち13本を成功(成功率54.2%)、3ポイント54.5%(6/11)、フリースロー81.3%(13/16)を沈め、いずれもゲームハイとなる45得点、14アシストを記録し、コビーへ捧げた。

 22歳のヤングにとって、コビーはアイドルであり、NBA入りしてからはメンターとしての役割も担っていただけに、ショックが大きかったことは言うまでもない。

「最後にコビーと話した内容の1つは、どれだけ僕のゲームが進歩しているかを彼が教えてくれたこと、そしてそのことを喜んでくれたんだ」と、時折言葉に詰まりながら明かしたヤングは、このように続けた。

「彼は僕のことを誇りに思うと言ってくれたし、ジジ(ジアナの愛称)や子どもたちにとって、ロールモデルとなって尊敬されるような選手になり続けることを望んでいた」
  コビーとのワークアウトを通じて、ジアナはヤングと親しくなり、今季だけで2度も観戦に訪れていた。「彼女はどれだけ僕のプレーが大好きなのかを教えてくれた。彼女は僕の大ファンだったんだ」とヤング。

 ホークス戦で40得点を叩き出したブラッドリー・ビールは言う。

「耐えられなかった。俺は(コビーの死が)リーグ全体にとって辛いものになるだろうと分かってた。なぜって、俺たちは全員が彼のことを見て育ってきたんだから当然さ。彼は俺たちにとってのジョーダンなんだ。(現役選手のうち)半分くらいはコビーと一緒にプレー、あるいは対戦したことがあるだろうから、リーグにいるほとんどの選手たちにとって(彼の死は)心に突き刺さったと思う。彼はこのゲームにおいて、強烈なインパクトを放っていた。レイカーズについて話す時、ほとんどの人がコビーと口にしていたんだ」
  メンフィス・グリズリーズと2WAY契約を結んでいる渡邊雄太も、コビーに憧れていた選手の1人。「小さい頃初めてテレビで観たNBAの試合がコビー率いるレイカーズの試合で、その時からコビーが大好きになり、その日からNBAを目指すようになった。会った事も喋った事もないけど、僕にすごく大きな影響を与えてくれた人。ご冥福をお祈りします。Thank you Kobe. You are the reason why I started dreaming to be a NBA player. Rest In Peace.」と自身のインスタグラムへ投稿。

 コビーの訃報を子どもたちから聞いて知ったというアイザイア・トーマスは「もう何も考えられなくなった。これは現実なのかと疑ったんだ。ゲームに集中することができなかった。子どもたちが俺を呼んで彼の死を伝えたことで、実感が湧いてきたんだ」とコメント。そして「彼とは先週話したばかりだった。すごくショックを受けた」と語っていた。

 コビーの訃報が世界中に響き渡ったことは言うまでもない。NBAは2020年に入り、デイビッド・スターン氏(元NBAコミッショナー)に続いてコビーというかけがえのないスーパースターを失ってしまった。

 だがこれから先も、NBA選手たちはプロフェッショナルとしてバスケットボールをプレーする。すべての試合を見ることはできなくとも、コビーが生涯をかけて愛し、すべてを捧げてきたバスケットボールを見続けていきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)