「ちょっと怒ってる」オールスターのメンバーから漏れたビール、過去35年で見ても異例の事態に

「ちょっと怒ってる」オールスターのメンバーから漏れたビール、過去35年で見ても異例の事態に

見事なパフォーマンスを見せながらもオールスターに選ばれなかったことに対し、ビールは怒りを隠せず。(C)Getty Images

1月30日(日本時間31日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは本拠地のキャピタル・ワン・アリーナで、シャーロット・ホーネッツとの一戦に臨んだ。

 コビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)とその次女ジアナを含め、9名が犠牲となった26日のヘリコプターの墜落事故から、初のホームゲームとなったウィザーズ。選手たちはコビーの背番号である8、または24のユニフォームを着用してコートに登場した。

 また、スコット・ブルックス・ヘッドコーチ(HC)やテッド・レオンシス・オーナーもコビーのシューズを履いてコートへ立ち、早すぎる別れとなったレジェンドへのトリビュートを行なった。

 試合はブラッドリー・ビールがゲームハイの34得点に9リバウンド、9アシストとトリプルダブル寸前の大暴れ。トーマス・ブライアントは21得点に加え8リバウンド、アイザイア・トーマスも18得点、6リバウンド、イシュ・スミスは11得点、5リバウンド、7アシストとマルチに活躍し、ウィザーズが121−107で勝利を収めた。
  5試合連続で34得点以上を叩き出したビールだが、この日発表されたオールスターゲームのリザーブに落選。3年ぶりに球宴出場を逃している。

「ちょっと怒ってるんだ。俺は自分がどんな選手なのかわかってる。だから正直、(オールスターに選出されると)期待していた。これは無礼だ。俺は今後も競い続けるし、このチームをプレーオフへと導いてみせる」

 ゲーム後の会場インタビューでそう口にしたビールに対し、ブルックスHCも「彼はオールスター選手。今回は選ばれなかっただけだ」とフォロー。トーマスも「HCたちが彼をメンバーに選ばなかったけど、彼はオールスター選手だよ。(リザーブの選出方法は)すごく政治的だ。リーグは彼らが望む選手を選んでいるように思える。俺らは全米放送もないのに……」と不満を口にしていた。

『StatMuse』(現在はコビー急逝により『StatMamba』)によると、過去35年でオールスター前に平均27点以上をマークしながら選出されなかったプレーヤーは、1991年のオーランド・ウーリッジ(当時デンバー・ナゲッツ/平均29.0点)と2007年のマイケル・レッド(当時ミルウォーキー・バックス/平均27.7点)のみ。平均28.6点を稼ぐビールと、ウエスタン・カンファレンスでリザーブ入りを逃したデビン・ブッカー(フェニックス・サンズ/平均27.1点)はその一員となってしまった。
  ただ、過去の2人はどちらもオールスター前の直近1か月以上を欠場していたため、選出漏れも致し方ない部分もある。そういった意味では、ビールとブッカーが外れたのは異例と言えるだろう。

 ここ数年、HC投票によるリザーブ選手の選考は、プレーオフ出場圏内(各カンファレンス8位以内)、あるいは勝率5割以上を残しているチームのプレーヤーが選ばれる傾向が強い。
  ビールとブッカーはともにガード部門でノミネートされていた。イースタン・カンファレンスの控えを務めるバックコートの選手は、カイル・ラウリー(トロント・ラプターズ)、ベン・シモンズ(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)にジミー・バトラー(マイアミ・ヒート)と、いずれも上位の成績を残すチームのスターがメンバー入り。ウエストもドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)、ラッセル・ウエストブルック(ヒューストン・ロケッツ)、クリス・ポール(オクラホマシティ・サンダー)と、勝率5割以上のチームからリザーブが選出されている。

 ガード部門で唯一、負け越しのチームから控えに選ばれたのはデイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)。ただリラードとブッカーを比較すると、インパクトの面で前者に軍配が上がるのは明らかだ。ウエストはタレントが豊富でハイレベルなだけに、結果としては仕方ないと言っていいだろう。

 この悔しい思いを胸に、ビールとブッカーには個人、チームとも文句なしの成績を残し、来季こそオールスターに出場してほしいところだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)