3ポイントの名手、デル・カリー――ステフ&セスへ受け継がれた名シューターの血筋【NBA名脇役列伝・前編】

3ポイントの名手、デル・カリー――ステフ&セスへ受け継がれた名シューターの血筋【NBA名脇役列伝・前編】

歴代最高シューターの呼び声も高いステフィン(左)。彼の父デル(右)もまた3ポイントの名手だった。(C)Getty Images

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが史上最高のシューターであることに、異論を唱える者は少ないだろう。彼の弟セス(ダラス・マーベリックス)もまた優れたシューターで、通算3ポイント成功率ランキングでは、ステフが史上5位、セスは兄を上回る3位に名を連ねている。

 そのリストをずっと辿っていくと、37位にも“カリー”が現われる。デル・カリー、ステフとセス兄弟の父親の名前だ。息子たちと同様に、デルもまた高いシュート力を武器に、草創期のシャーロット・ホーネッツを支えた好選手だった。
  デルの本名はウォーデル・ステフィン・カリー。実はステフもまったく同じ名前の二世で、父と区別するためにミドルネームを通称としている。

 子どもの頃からスポーツ万能だったデルは、バージニア州のフォート・ディファイアンス高時代にはバスケットボールと野球で州大会優勝。さらにフットボール選手としての才能もあったが、「冬に外で試合をするのは嫌だ」とあまり乗り気ではなかった。

 1982年にはマクドナルド・オールアメリカンに選出される一方、MLBのテキサス・レンジャーズから投手としてドラフト37巡目で指名された。この年、デルよりも下位の42巡目で同球団に指名されたケニー・ロジャースは、通算219勝の名投手になっている。

 しかしデルは、レンジャーズへの入団を拒否してバージニア工科大へ進学。3年後の85年にもボルティモア・オリオールズが再度14巡目で指名するなど、野球界はカリーの才能を大いに買っていた。

 それでもデルが本当にプレーしたいスポーツは、最初からずっとバスケットボールだった。速射砲のような素早いモーションから繰り出されるシュートは正確無比。84、85年にはジョーンズ・カップのメンバーとして台湾遠征に参加し、84年の大会で優勝している。

 86年には平均24.1点をあげ、メトロ・カンファレンスの最優秀選手に選出された。当時の同カンファレンスは、86年にルイビル大が全国制覇、85年にもメンフィス州大がNCAAトーナメントのファイナル4に進出したほどレベルが高く、バージニア工科大もトーナメントに2回出場したが、いずれも1回戦で敗退。それでも、随所に好プレーを見せたデルの実力はスカウトからも高く評価された。
  通算2389点は学校記録で、その大半は3ポイントルールが導入される前にあげたもの。当時のヘッドコーチ、ジョージ・モアは「カリーはオープンであれば、どこからでもシュートを決められる力があった。もしあの時代に3ポイントルールがあったなら、と思うと震えが来るほどだ」と語っている。

 最終戦の試合前には、背番号30が同大のバスケットボール選手として初の永久欠番となっている。さらに大学では、彼の人生において最も重要な出会いもあった。練習後に水飲み場で顔を合わせたバレーボール部の美形セッターと交際するようになったのだ。その人物こそ、のちに彼の伴侶となるソーニャである。
  86年のドラフトでは、1巡目15位でユタ・ジャズに指名される。ゼネラルマネージャーのフランク・レイデンは、1巡目中盤での指名だった84年のジョン・ストックトンと85年のカール・マローンに続いて「彼のような実力者をこの順位で取れるとは思わなかった」と喜んだ。ニックスもデルに注目しており、指名直後にダレル・ウォーカー+30万ドルで取引を申し出たが、ジャズからの答えはノーだった。

 1年目から67試合に出場したが、平均4.9点にとどまる。先発シューティングガードだったスター選手のダレル・グリフィスの牙城を崩すには至らず、2年目の87年にはダリル・ドーキンスらとの交換でクリーブランド・キャバリアーズへ放出された。

 新天地では平均得点を10.0点にまでアップさせながらも、オフにはエクスパンション・ドラフトのプロテクトから洩れ、ホーネッツから1位指名を受ける。同球団のオーナー、ジョージ・シンは「ドラフトではデルとケリー・トリピューカがベストな選手だと思っていたが、まさか2人とも獲得できるとは思わなかった。これでいいチームが作れそうだ」と満足げに語った。

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2013年12月号掲載原稿に加筆・修正
 

関連記事(外部サイト)