NBA史上最強のPFダンカン、歴代最高クラスの司令塔ポールを輩出したウェイクフォレスト大は実績以上の存在感を醸し出す【名門カレッジ史】

NBA史上最強のPFダンカン、歴代最高クラスの司令塔ポールを輩出したウェイクフォレスト大は実績以上の存在感を醸し出す【名門カレッジ史】

ウェイクフォレスト大最高の選手はダンカン。在学時代はネイスミス賞をはじめ、個人タイトルを総なめに。(C)Getty Images

ノースカロライナ州は、アメリカで最もカレッジバスケットボール熱の高い地域のひとつだ。NCAAトーナメント(以下トーナメント)を制したチームも多く、ノースカロライナ州大が2回、デューク大が5回、そしてノースカロライナ大(UNC)は6度も全米王者に輝いている。

 これらの強豪校に阻まれていることもあり、ウェイクフォレスト大は優勝どころか、ファイナル4進出も1度しかない。UNCやデューク大に比べ、学校自体の規模が小さいため致し方ない部分もある。それでもNBA史上最強のパワーフォワード(PF)と、現役最高のパサーを輩出しており、トーナメントの実績以上に大きな存在感を醸し出している。
  “ディーモン・ディーコンズ”という変わった愛称を持つウェイクフォレスト大のバスケ部は、1905年に創部された。1939年の第1回トーナメントに出場した8校のうちのひとつで、2度目の出場は1953年。この時の中心選手だったディッキー・ヘムリックがレギュラーシーズンでマークした通算2587得点は、2006年にデューク大のJJ・レディック(ニューオリンズ・ペリカンズ)に抜かれるまで、アトランティックコースト・カンファレンスの最多記録だった。また、ヘムリックは同大出身のNBA選手第1号でもあり、ボストン・セルティックスで2年間プレーしている。

 トーナメントで最高成績を残したのは1962年。NBAでのヘッドコーチ(HC)経験を持つボーンズ・マッキニーの下、平均30.1点を稼いだレン・チャペルやビリー・パッカーの働きでファイナル4に進出。準決勝でオハイオ州大に敗れたが、3位決定戦ではUCLAを撃破した。

 オールアメリカンに選ばれたチャペルは、同年のドラフト4位でシラキュース・ナショナルズ(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)に入団。ニューヨーク・ニックス移籍後の1964年はオールスターに出場したが、その後のキャリアは下降線を辿った。また、3球団からエクスパンション・ドラフトで指名されるという珍記録も作っている(1966年/シカゴ・ブルズ、1968年/ミルウォーキー・バックス、1970年/クリーブランド・キャバリアーズ)。
  パッカーはプロの道に進まず、母校のアシスタントコーチを経て解説者に転身。1988年には放送界への貢献を認められ、ウェイクフォレスト大出身者として初の殿堂入りを果たしている。ただ、アレン・アイバーソン(元シクサーズほか)を“猿”呼ばわりするなど、過激な発言が問題視されることもあった。

 1966~72年は、のちにGMとしてデトロイト・ピストンズの“バッドボーイズ”を作り上げるジャック・マクロスキーがHCを務めたが、この間トーナメント進出はなし。15年ぶりの出場となった1977年は、ベスト8まで駒を進めた。

 この時のメンバーだったフランク・ジョンソンは、1980年代前半にワシントン・ブレッツ(現ワシントン・ウィザーズ)の主力としてプレーし、フェニックス・サンズ時代の1993年にはファイナルに出場。引退後は指導者となり、2002年からは古巣サンズで指揮官を務めた。
  1984 年に準々決勝まで進んだ際のメンバーだったマグジー・ボーグスは、1987年のドラフト12位でブレッツに入団。身長160cmはリーグ史上最小で、当時は客寄せのために指名したのではという声もあった。

 しかし、サイズを逆手に取ったスピードと敏捷性を武器に、14年間にわたりNBAで活躍。アシスト能力に優れ、史上23位となる通算6726本を積み上げたほか、シャーロット・ホーネッツ時代の1990年にキャリアハイの平均10.7本、1994年にはリーグ2位となる10.1本をマーク。さらに歴代62位タイの1369スティールと守備でも力を発揮し、世界中の低身長選手たちの希望の星となった。

 1985~90年は成績が振るわなかったが、1991年からは7年連続でトーナメント出場を果たす。最初の3年間で主力を務めたロドニー・ロジャースは、1993年のドラフト9位でデンバー・ナゲッツに入団。サンズに在籍していた2000年にシックスマン賞に輝いたほか、通算866試合出場はウェイクフォレスト大の出身者で4番目に多い数字だった。

 ロジャースがチームを去った1993年、入れ替わりで入学したのがティム・ダンカンだ。同大OBのクリス・キング(元バンクーバー/現メンフィス・グリズリーズほか)が、彼の生まれ故郷であるアメリカ領バージン諸島を訪れた際にその才能に一目惚れし、当時のHCだったデイブ・オドムに「アロンゾ・モーニング(元マイアミ・ヒートほか)と向こうを張れる16歳がいた」と伝えたのが入学のきっかけとなった。
  その期待に応えるように、ダンカンはNCAA史上初の通算2000得点/1500リバウンド/200アシスト/400ブロックの好成績を残す。1997年にはこちらも史上初となるトーナメント通算50ブロックを達成し、ネイスミス賞、ウッデン賞などの個人賞を独占。ただ、彼が在学中の最高成績はベスト8(1996年)にとどまった。

 1997年に卒業したダンカンは、同年のドラフト1位でサンアントニオ・スパーズに指名されてNBA入り。派手さはないが基本に忠実なプレーを武器に、チームを常勝軍団に押し上げた。彼の19年間の現役生活は、そのプレースタイルとは正反対と言っていいほど輝かしいもので、5度の優勝に加えシーズンMVPは2回、ファイナルMVPも3度獲得。30歳以降はセンターを主戦場としたが、史上最高のPFのひとりとしてリーグの歴史に名を刻んだ。

 ダンカンの2学年上だったランドルフ・チルドレスはNBAには2年在籍しただけで、その後はイタリアなどでプレー。2013年から母校のアシスタントコーチを務めていて、2016年に入学した息子のブランドンは、今季はエースとしてチームトップの平均15.5点を記録している。

 ダリアス・ソンガイラ(元サクラメント・キングスほか)やジョシュ・ハワードらを擁した2000年は、もうひとつの全米大会であるNIT選手権で優勝。ハワードはダラス・マーベリックスの主力選手として、ソンガイラはNBAのほか、リトアニアの代表としても活躍した。
  ノースカロライナ州最高の高校生選手として名を馳せていたクリス・ポールは、UNCをはじめ複数の強豪校から勧誘を受けていたが、自宅からほど近いウェイクフォレスト大を選択。2年時の2004-05シーズンには、一時は学校史上初となるAPランキング1位の座にチームを導いた。

 しかし肝心のトーナメントでは、2回戦でウエストバージニア大に2度の延長の末惜敗。同年のドラフト4位でニューオリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)に指名され、NBAの世界に足を踏み入れたポールは、プロ入り後も史上最高級の正統派ポイントガードとして活躍。新人王や4度のアシスト王、6度のスティール王など多くの個人賞を獲得したほか、アメリカ代表のメンバーとしても2008年の北京五輪、2012年のロンドン五輪と2大会で金メダルを獲得している。
  2014-15シーズンからは、NBAでも活躍したダニー・マニング(元ロサンゼルス・クリッパーズほか)がHCに就任し、2016年に7年ぶりとなるトーナメント返り咲きを果たす。このときの中心選手ジョン・コリンズは、2017年のドラフト19位でアトランタ・ホークスに入団。マニングの門下生で初のNBA選手となり、今季は平均20点、10リバウンドをクリアする好選手にまで成長を遂げた。
  今季はポール、コリンズのほか、ジェフ・ティーグ(ホークス)やアル・ファルーク・アミヌ(オーランド・マジック)、ジェームズ・ジョンソン(ミネソタ・ティンバーウルブズ)ら7人がNBAで活躍中。全員に共通しているのは、それほど派手さはないけれども、堅実なプレーで自身の居場所をしっかり確立している点だ。このあたりは、UNCやデューク大の陰に隠れながらも、確かな存在感を示しているウェイクフォレスト大出身者らしいと言えるだろう。

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2017年10月号掲載原稿に加筆・修正。

【八村塁PHOTO】攻守に躍動!1年目からNBAで活躍するルーキーの厳選ショット!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?