スーパースラム羽生結弦か、世界最高得点ネイサン・チェンか…宇野、紀平、そしてロシア3人娘は?【フィギュアスケート世界選手権展望】

スーパースラム羽生結弦か、世界最高得点ネイサン・チェンか…宇野、紀平、そしてロシア3人娘は?【フィギュアスケート世界選手権展望】

左から宇野、羽生、チェン。男子は誰が優勝してもおかしくない激戦だ。茂木あきら(THE DIGEST写真部)/(C)Getty Images

2022年北京冬季五輪を2年後に控える今季最後の大舞台、フィギュアスケートの世界選手権がカナダ・モントリオールで3月18日〜22日まで行なわれる。多くのスケーターが挑戦のシーズンと位置づける最終戦を展望する。

 まず、何と言っても男子の最有力候補で、世界タイトルを競い合うライバル同士の2人を挙げたい。一人は、3連覇したグランプリ(GP)ファイナル王者で世界選手権3連覇を狙うネイサン・チェン(米国)。そのチェンが尊敬してやまないソチ、平昌の両五輪で連覇を飾った羽生結弦がもう一人だ。

 チェンは出場した国内外の大会で負けなしで、全米選手権4連覇後は韓国ソウルで開催された四大陸選手権をスキップ。イェール大学での勉学と両立しながら、抜群の集中力を発揮して練習に取り組んでおり、遠距離にいるラファエル・アルトゥニアンコーチの指導を受けながらも試合ごとにジャンプ構成を組み替えて最高難度のプログラムを完成させつつある。昨年12月のGPファイナルでは、フリー224.92点と合計335.30点の世界最高得点をたたき出した。

 羽生はついに先月の四大陸選手権で初優勝して、ジュニアとシニアの主要国際大会(6大会)のすべてを制覇するスーパースラムを達成。この大会からプログラムを平昌五輪で最高評価を得たSP「バラード第1番」とフリー「SEIMEI」に異例の変更を行ない、SPでは自身が持つ世界最高得点を更新する111.82点をマークしたほか、フリーでは4回転ルッツに挑むなど3種類計4本の4回転ジャンプを跳んだ。滑りこなしている十八番のプログラムで3年ぶり3度目の世界王者に返り咲けるか。
  この2人に対抗できる期待が持てるのが宇野昌磨だろう。コーチ不在で今季をスタートさせてGP初戦のフランス杯で自己最悪の8位と不振に陥ったことで、コーチの重要性を再認識。GP2戦目のロシア杯からアイスショーなどで共演して気心の知れるステファン・ランビエル氏に臨時コーチとして試合に帯同してもらい、全日本選手権ではその背中を追い続けた偉大な先輩である羽生に初めて勝って大会4連覇を飾った。

 今年1月から専属コーチとしてランビエルコーチに師事し、練習拠点をスイスに移して、「スケートの楽しさと自信をつかんだ」ようだ。コーチとの二人三脚が始まったばかりで迎える予定だった四大陸選手権は欠場したが、2月下旬にオランダで行なわれたチャレンジ杯に出場して、試合で久しぶりに挑んだ4回転サルコウを成功させるなど、背中を押してくれるコーチの存在が自分を成長させることを実感したという。

 ランビエルコーチとの“化学反応”が心機一転で臨む大舞台でどんな形で成就するのか、注目したい。また、表彰台争いには欧州選手権を初めて制覇したドミトリー・アリエフ(ロシア)も顔を出しそうだ。
  今季の女子は、鮮烈なシニアデビューを飾ったロシア勢3選手が旋風を巻き起こした。昨季まで女子が跳べる大技はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)だったが、それが今季はロシアの新星2人が多種類の4回転を跳び合い、一気に新時代を迎えた格好だ。

 だが、今季最終戦となる世界選手権の優勝候補筆頭は、4回転を跳ばずにお手本のようなトリプルアクセルを豪快に軽々と決めるアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)で間違いないだろう。

 ジャンプもスピンもステップもどれをとっても非の打ち所がないほど完成度が高く、均整が取れ、体幹のしっかりした身体を駆使した演技と音楽を表現する力は目を見張るものがある。

 今季はロシア選手権(2位)以外のGP2大会とGPファイナル、そして先の欧州選手権と主要国際大会を総なめにする強さを発揮。質の高い一つひとつのエレメンツ(技)に高い出来栄え(GOE)加点がつく理想的な戦いを見せている。

 そのコストルナヤと同門のライバルとして切磋琢磨して今季の表彰台の常連になったのが、4回転ルッツに加え、シーズン途中から4回転フリップを跳んできたロシア選手権を制したアンナ・シェルバコワと、ループを除く4種類の4回転ジャンプを跳ぶ能力を持つアレクサンドラ・トゥルソワだ。女子フィギュアスケートを異次元の世界に引き込んだこの4回転ジャンパー2人も侮れない実力者であることは言うまでもない。
  そして、この強敵ロシア3選手の対抗馬として名乗りを挙げるのが、SPとフリーで計3度のトリプルアクセルを組み込む紀平梨花だ。

 先の四大陸選手権で2連覇した全日本女王だが、今季のGPシリーズではまだ一度もロシア勢に勝っていない。シーズン最終戦の舞台で何としても一矢を報い、表彰台の一角に立ちたいところだ。目指す結果を残す鍵となるのは、習得中の4回転サルコウを成功させることだが、GPファイナルで初めて試合で挑んで失敗して以後、全日本選手権でも四大陸選手権でも大技を回避。果たして、大一番で得点源となる新たな武器となるのか、注目が集まる。

 そのほかでは、四大陸選手権でトリプルアクセルを初めて試合で跳んで認定された樋口新葉、紀平と同門となって濱田美栄コーチに指導を受けてトリプルアクセルが武器となった四大陸選手権銀メダルの劉永(韓国)、大技はないがバランスの取れたプログラムで勝負してくるブレイディ・テネル(米国)、今季練習拠点をカナダ・トロントに移し、リー・バーケルコーチに指導を受けて殻を破ろうとしている宮原知子らが表彰台を虎視眈々と狙っている。

文●辛仁夏 YINHA SYNN
1990年代に新聞記者となり、2000年代からフリーランス記者として取材活動を始め、現在に至る。フィギュアスケート、テニス、体操などのオリンピック種目からニュースポーツまで幅広く取材する。

※編集部注:3月10日時点で大会は開催される方向となっている

【羽生結弦PHOTO】平昌五輪を制した『SEIMEI』を熱演!最後には笑顔で高橋と……!

関連記事(外部サイト)