【連載インタビュー】比江島慎「東京五輪はバスケ界にとって大きなチャンス。ラグビーW杯のような盛り上がりを見せたい」

【連載インタビュー】比江島慎「東京五輪はバスケ界にとって大きなチャンス。ラグビーW杯のような盛り上がりを見せたい」

宇都宮ブレックス、そして日本代表の主軸として今夏の東京五輪で活躍が期待される比江島が大舞台への思いを語った。写真:徳原隆元

いよいよ開催まであとわずかとなった東京五輪。本連載では、オリンピックでの活躍が期待される各競技の注目選手の生い立ちや夢舞台への想いに迫る。

 今回は、昨年のワールドカップに日本代表の主力として出場した、宇都宮ブレックスの比江島慎が登場。

 彼の名を一躍全国に知らしめたのは、京都の洛南高時代。ウインターカップ3連覇をはじめ華々しい活躍で、名実ともに日本のトッププレーヤーに上り詰めた。そんな現在の彼を作った原点を振り返ってもらうとともに、躍進著しい日本バスケ界を背負って迎える東京五輪への想いを語ってもらった。
 ――まずは地元の福岡を離れて、洛南高校(京都)に進学した経緯を教えてください。

もちろん、地元の福岡第一や大濠も選択肢にはあったんですけど、様々な理由を考慮した結果、洛南に行くことを決めました。全国区の高校でやれる自信はあったので、優勝を狙えるチームに進学したいというのがありました。また、留学生や個人技に頼りすぎないチームにも魅力を感じていました。そして、やるからには1年生から試合に出たいなっていう正直な思いもあって…。そう考えると、大濠高校というのは本当に凄い選手たちが全国各地から来ますし、当然そういった情報は知っていたので、1年生から出るのは無理だなと。それで福岡からある程度近くて強豪の洛南に、という感じです。

――洛南ではすぐに試合に出られるという自信はありましたか?

チャンスがあるんじゃないかなとは思っていました。それに洛南はカッコいいイメージがあったので。

――地元を離れることに対して迷いはなかったですか?

まったくなかったです。

――高校は寮生活だったんですか?

親戚がいたので、そういったところもちょうどよかったです。

――高校時代はどのような生活を送っていましたか?

もうバスケしかしてないですね。朝練があって、授業を受けて、そこからまた練習して。それで1日が終わっちゃってましたね。

――洛南高校はスポーツコースみたいなものがあったんでしょうか?

普通科なんですけど、スポーツクラスみたいなのがあって、推薦組だとかそういった人たちが多かったですね。

――バスケ以外の行事やイベントでなにか思い出に残っているものはありますか?

学校が仏教系だったので、毎月21日だったか、講話を聞く行事があったのは覚えています。

――強豪校だと練習が厳しいイメージですが、部活のオフなどはあったんですか?

毎週月曜日は休みでした。だけど、どこかに遊びに出掛けるとかはなかったですね。
 ――比江島選手は1年生から3年生までウインターカップで3連覇を経験していますよね。試合には入学してからすぐに出ていたんですか?

1年生の時はシックスマンだったのでベンチからでしたけど、入学する前から練習試合などには参加させてもらってましたし、最初から戦力として見てくれていたと思います。

――3年間で特に思い出に残っている試合はありますか?

やっぱりウインターカップは1番思い入れが強いですね。特に福岡県勢は勝手にライバル意識を持っていたので、大濠や福岡第一との試合はほかのどの試合よりも気合が入っていました。(注:福岡第一とは2年、3年時に決勝で対戦)負けたくないっていう思いが常にあって厳しい練習も乗り越えてこれたので、そのおかげもあって、成長をすごく感じられた3年間だったと思います。
 ――3年間でプレーにおける役割の変化などはありましたか?

1年生の時はただガムシャラにというか、とにかく試合に出たいというのが1番でした。得点を取れる選手は揃っていたので、黒子に徹するじゃないですけど、リバウンドだったりディフェンスや速攻に走ったりオールラウンドにやっていました。そんなに目立つ感じではなかったと思います。

2年生になったらエース格の先輩が抜けたので、その役割を僕が担うという感じです。点も取るしアシストも出すといった、より数字に直結する役割になりました。3年になった時にはもうエースの自覚じゃないですけど、自分がチームを引っ張るという思いはありましたね。

――普段の練習では主にどういったことに取り組んでいましたか?

パス&ランが洛南のスタイルだったので、1対1よりはそういった練習が多かったです。パスした瞬間にディフェンスは気を抜くことが多いので、パスしてスペースへ走る、という練習をひたすらやっていましたね。逆に福岡のバスケスタイルは1対1が多いので、小学校や中学時代とは別物というか。最初は「退屈だなぁ……」と思った時もありました。1対1させてほしいなと(笑)。

ただ、そこでパスの大事さや味方のためにスペースを空ける動きというのを知ることができました。コートにいる5人のスペーシングだったり、1対1以外の点の取り方は洛南に行ったから学べましたし、それは今にも生きています。Bリーグには洛南出身者が多いですけど、ほかの選手たちもそうなんじゃないかなと思います。
 ――上達するために個人的に行なっていた練習などはありますか?

ほかの人と特別違うことをやっていたことはないですね。ただその時期にU18の日本代表に選んでもらって、そこから外のシュートを練習するようになりました。僕はもともとゴール下主体で点を取っていたんですけど、それだけではダメだと気付いたので。シューティングはよくやっていたと思います。

――環境の面で洛南に行ってよかったと思うことはありますか?

もちろん、全国レベルというのはありますし、大舞台や試合の勝負所で戦う経験をできたのは洛南に行ったからだと思います。先輩や後輩、同期から対戦相手までレベルの高い環境で切磋琢磨できたのはよかったです。

――比江島選手は当時から世界を見据えていたんでしょうか?

もちろん、日本代表に選ばれてオリンピックとか国際大会に出たいなとは思っていました。高校の時にプロとしてやっていく覚悟はして、大学も選んだので。全国大会で優勝もして、自信がついた部分もありました。
 ――高校から進学するにあたって青山学院を選んだ理由は?

当時は青学と東海の2強という感じでしたし、青学は施設もしっかりしていたので。実は最初は大学のこともよくわからなかったし、2部リーグの大学でもいいと思っていたんです。だけど、吉田先生が「お前は東海か青学に絶対に行かなければいけない。トップレベルでやるべきだ」と言ってくれて。あと青学には洛南の先輩もいましたし、それで決めました。

――やはり知っている先輩がいると心強いですよね?

大きかったですね。初めての東京で1人暮らしでしたし、いろいろ助けてもらいました。

――高校から大学に上がって、プレーに関して違いを感じた部分はありましたか?

フィジカル面です。大学でも1年生からトップでやれているという意識はありましたし、あとはフィジカルの慣れという感じでした。青学はいいトレーナーさんもいるし、身体のケアもしっかりやっていたので、困ったのは大学に入って最初の頃だけでした。

だから今、Bリーグで大学生でもプレーできる『特別指定選手制度』が当時はなかったので、めちゃくちゃ羨ましいですね。大学3、4年の頃は「早くプロでやりたいな」と思っていました。
 ――大学からトップリーグに上がってからはいかがでしたか?

やっぱり外国籍選手がいるので、そこは大きいですよね。ドライブしても最初の頃はブロックされたりすることが多かったので、駆け引きがより大事になってくるなと。ただ、やれないことはないなと思いました。

――2020年東京五輪への思いを聞かせてください。

個人としても小さい頃からの夢というか、そこを目標に人生を捧げてきたといっても過言ではない、その舞台に今、手が届くところに来ています。まだ選ばれるかはわからないですけど、そのためには1日1日を無駄にせず、成長していきたいと思っています。

バスケ界としても、すごくチャンスの年になると思います。Bリーグができて年々盛り上がってきてはいますけど、国民的スポーツかと言われれば、まだそうではない。ラグビーがいい例だと思いますが、ああいった盛り上がりを見せられるように責任を持って代表で結果を出したいと思っています。
 ――実際に東京五輪でプレーしている自分の姿を想像していたりしますか?

そうですね。会場のさいたまスーパーアリーナでは実際にプレーしていますし、本番のことを思い浮かべたりはします。

――先ほど「責任」という言葉が出ましたが、今はワクワクする思いとプレッシャー、どちらが大きいですか?

今は不安だったり、マイナスのイメージが強いです。対戦するのはすべて僕らより強い強豪国ですし、いい結果が出せるのかと考えてしまいます。ですが、本番が近づいてきたらそれがワクワクに変わってくると思います。

【PROFILE】
ひえじま・まこと。1990年8月11日生まれ、福岡県出身。京都の洛南高校では1年時から主力として活躍し、ウインターカップで3連覇を達成。青山学院大学でも数々のタイトルを獲得し、2013年にアイシンシーホース三河(現シーホース三河)に入団した。1年目からスターターの座を掴み新人王を受賞すると、Bリーグ2年目の2017−18シーズンにはリーグMVPを獲得。18年8月にオーストラリアのブリスベン・ブレッツに移籍し、19年1月に現在所属する宇都宮ブレックスに加入。日本代表には2012年に初選出され、19年のW杯では予選・本戦とも全試合に出場した。
 

関連記事(外部サイト)