八村塁が3試合ぶりの2桁得点!ウィザーズも戦術が功奏し、最大18点のビハインドをひっくり返して大逆転勝利!

八村塁が3試合ぶりの2桁得点!ウィザーズも戦術が功奏し、最大18点のビハインドをひっくり返して大逆転勝利!

前半に2本のダンクを叩き込み、チームを勢いづけた八村。試合全体で12得点を奪い、3試合ぶりに2桁得点をマークした。(C)Getty Images

3月10日(日本時間11日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズはホームのキャピタル・ワン・アリーナで、ニューヨーク・ニックスとの一戦に臨んだ。

 ここ2試合、八村塁はフィールドゴール(FG)を計14本放って1本も決められなかったものの、最初のポゼッションでブラッドリー・ビール、トーマス・ブライアントの2メンゲームからリング下に跳び込み、いきなりワンハンドダンクを炸裂。鬱憤を晴らすかのような目の覚める一発を叩き込んだ。

 その後、エルフリッド・ペイトンのレイアップをブロックすると、今度はペイントエリアへ突っ込んでからブライアントの得点をお膳立て。残り約9分には右ミドルポストからベテランのタージ・ギブソンを相手にスピンターンでズレを作り、左手でタフショットを放り込む。さらにファーストブレイクからダンクをお見舞いし、第1クォーターだけで6得点と幸先の良いスタートを切った。

 この八村のダンクで、ウィザーズは18−4とリードを14点に拡大。チームとしても好発進となったが、ここでニックスはスターター全員を交代させ、セカンドユニットのメンバーが3ポイント攻勢で猛反撃を仕掛ける。残り約3分からボビー・ポーティスの5連続得点で一時は逆転に成功するも、ウィザーズも意地を見せ、5点リードで第1クォーターを終えた。
  第2クォーターのニックスは、長距離砲主体だった最初の12分間とは打って変わってウィザーズのペイントエリアを強襲。ファウルを誘って3ポイントプレーを何度も成功させ、このクォーターを39−18で圧倒し主導権を奪い返した。

 前半を終えて、スコアは70−54とニックスが16点リード。ポーティスが16得点、フランク・ニリキナが12得点、6アシスト、2スティールと躍動したほか、ペイントエリアの得点で28−14と着実にゴールを量産した。

 対するウィザーズは、ビールがチームトップの13得点をマーク。八村は18分58秒の出場で10得点、4リバウンド、2アシスト、1ブロックに加え、FG成功率75.0%(3/4)、フリースローは第2クォーターに4本獲得し、すべて沈めてみせた。
  巻き返しを図りたいウィザーズだったが、後半に入ってもニックス優位のゲーム展開は変わらず。第3クォーター序盤には、この日最大となる18点ビハインドを背負ってしまう。

 しかし残り8分にブライアントがジャンパーを沈め、その40秒後には八村が右ローポストでボールを受け取り、ジュリアス・ランドルを弾き飛ばして豪快なワンハンドダンクをお見舞い。差が14点に縮まったところで、ニックスがタイムアウトを要求する。

 流れを切りたいニックスだったが、ウィザーズの勢いは止まらず。今度はダービス・ベルターンスの鋭いパスからビールがファウルをもらいながらダンクを叩き込むと、さらにシャバズ・ネイピアーらが加点し、87−87と同点に追いつき最終クォーターへ突入した。
  大逆転でのプレーオフ進出を狙うウィザーズにとって、何としてでも勝っておきたいこの試合。ミッチェル・ロビンソンのダンクでニックスに先制されるも、直後にベルターンスが3ポイントを沈めてすぐさま逆転。攻守両面で良い働きを見せたモリッツ・ヴァグナー、ビールがベンチにいる時間帯に効果的にショットを決めたネイピアーらの活躍で徐々に点差を拡大すると、残り5分53秒にはトロイ・ブラウンJr.が長距離砲を突き刺し、リードは2桁まで広がった。

 ニックスも必死に追いすがったものの、残り1分23秒にブラウンJr.がこの日2本目の3ポイントを沈めて勝負あり。122−115でニックスを下し、ウィザーズが今季24勝目(40敗)を手にした。

 後半だけで奪った27得点を含め、ビールがゲームハイの40得点、7アシスト、3スティールと大暴れ。ネイピアーが21得点、6アシスト、3スティール、ブライアントは14得点、9リバウンド、ベルターンスが11得点、ヴァグナーも10得点をあげエースをサポートした。

 八村は28分35秒のプレータイムで12得点、7リバウンド、2アシスト、2ブロック。FG成功率66.7%(4/6)、3ポイントは1本放ってミス、フリースローは4/4を記録し、3試合ぶりに2桁得点をマークした。
  この試合、ターニングポイントとなったのは第4クォーターに見せたウィザーズの戦術だ。フロントコートにフィジカルの強い選手が揃うニックスに対し、センター(ヴァグナーまたはブライアント)を1人置き、その周りをバックコートの4選手で囲むスモールラインナップを採用。これが功奏し、とりわけブラウンJr.はランドルやポーティスといったビッグマンを相手に、足を有効に使った好守で逆転勝利に大きく貢献した。
  この戦術の影響で、最終クォーターに八村がコートに立つことはなかった。しかし、前半は第1クォーターだけで6得点をあげチームのスタートダッシュの一助となり、後半も試合の流れを引き寄せるダンクを叩き込むなど、スターターとしての役割は十二分に果たしたと言えるだろう。そして、ここ数試合の不振から脱却の兆しが見えたことが、何よりも大きな収穫となったはずだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【八村塁PHOTO】攻守に躍動!1年目からNBAで活躍するルーキーの厳選ショット!
 

関連記事(外部サイト)