「さらに努力して進化していけるよう頑張りたい」フィギュア世界選手権中止を受け、紀平梨花が力強くコメント

「さらに努力して進化していけるよう頑張りたい」フィギュア世界選手権中止を受け、紀平梨花が力強くコメント

世界選手権に備えカナダで準備をしていたが中止となり、コメントを発表した紀平。写真:徳原隆元

3月16日〜22日、カナダ・ケベックで開催される予定だったフィギュアスケート世界選手権が新型コロナウィルスの感染拡大によって中止となった。シーズンラストの今大会の中止は、仕方ないとはいえ、残念でもある。

 そんな中、日本女子ナンバーワンの紀平梨花が、自らのSNSでその思いを発信した。

「世界選手権は中止となってしまい残念ですが、コロナウイルスの被害を拡大させないためには正しい選択だと思いました。
 世界選手権に向けて頑張ってきた私達選手のために、開催できないかを最後まで尽力いただきました皆様に感謝申し上げます。
 また、皆様の健康を安全を第一として苦渋の決断をしてくださった皆様にも感謝申し上げます。
 そして今シーズンも大きな声援が力になり、どの試合も全力で演技することができました。ファンの皆様ありがとうございました。
 私は昨日、来季に向けての練習をスタート致しました。
 これからもさらに努力して進化していけるよう頑張りたいと思います。
 応援よろしくお願い致します」

 と、力強いメッセージを、今年フリーで着用した衣装の写真とともに公開している。
  紀平は今シーズン、ロシアの女子選手たちが4回転ジャンプを次々と成功させる中、自らも4回転サルコーにチャレンジ。精度的に完璧とはいえず、3回転に変更することもあったが、この世界選手権では成功させることができるのか、注目が集まっていた。演技中にも周囲の状況に合わせ、内容を変えるなど、その修正力の高さが話題となったが、コメントの中にも大会開催に向けて尽力した関係者、そして応援してくれたファンといった周囲への気配りも忘れない。

 すでに来季へ向けた練習をスタートさせたという紀平、さらなる進化が楽しみだ。

構成●THE DIGEST編集部

【紀平梨花 PHOTO】ノーミス演技で圧巻の全日本初制覇!表彰台の頂点で笑顔も満開

関連記事(外部サイト)