【コビー・ブライアント物語・Part1前編】6歳でバスケと恋に落ちた少年は、高卒でのNBA入りを決意する

【コビー・ブライアント物語・Part1前編】6歳でバスケと恋に落ちた少年は、高卒でのNBA入りを決意する

不慮の事故によりわずか41年でこの世を去ったコビー。彼の栄光に満ちた軌跡を振り返る。(C)Getty Images

2020年1月26日、ある出来事が世界中を悲しみに包んだ。9人もの犠牲者を出した痛ましいヘリコプター墜落事故。その搭乗者の1人だったNBA史上トップクラスのスーパースター、コビー・ブライアントは、わずか41年でその生涯に幕を下ろすことになってしまった。

 しかし、彼が築き上げてきたレガシーは、今後何があろうと色褪せることはない。そんなコビーの栄光に満ちた41年間の軌跡を、4つのパートに分けてプレーバック。第1部では、生誕からロサンゼルス・レイカーズに入団し、先発の座を掴む3年目までをお届けする。
 ■父親の愛称とステーキから“コビー・ビーン”と命名

 1978年8月23日、アメリカ北東部のペンシルバニア州フィラデルフィアにコビーは生まれた。父ジョー、母パメラ・コックスともフィラデルフィア出身であり、コビーは生粋のフィラデルフィアンということになる。

 ジョーは息子に、2つの風変わりな名前を付けた。ファーストネームに“Kobe(神戸)”、ミドルネームに“Bean(豆)”。

 ファーストネームは、レストランで“Kobe”いう名前のステーキを食べた際、その言葉に惹かれて息子の名前に頂戴したという。店の場所については、1998年に『スポーツイラストレイテッド』誌で「ペンシルバニアのキング・オブ・プルシアにある“Kobe Steak House”」とジョーは説明している。ただし、神戸肉流通推進協議会によると、神戸牛は2012年まで海外に輸出されていなかったそうだが……。

 ミドルネームの“Bean”は、ジョーのニックネーム“ジェリービーン”(ゼリービーンズ、ソラマメの形をしたカラフルな砂糖菓子)から名付けられた。ジェリービーンの由来は、高校の頃、大きな身体にもかかわらずバラエティーに富んだ動きをすることから付けられたと、2011年に『ロサンゼルス・タイムズ』で本人が語っている。意味には古いスラングもかかっており、少々アダルトな内容を含むので、詳細は割愛させていただきたい。

 名前の由来が神戸ビーフとジェリービーン。それだけ聞くと、なんとなくおっとりとした優男を想像してしまう。それが後年、“ブラックマンバ”という獰猛なニックネームを持つ、史上最高レベルのバスケットボール選手に成長するとは、名付け親のジョーですら想像しなかったに違いない。
 ■3歳の時にNBA選手を志すも、イタリアではサッカーにも挑戦

 コビーの記憶のなかで、初めてバスケットボールで遊んだのは2歳の時だった。「コビーは歩けるようになる前からバスケットボールを手にしていた」、そうジョーは回想する。3歳になると、「将来はNBAのスター選手になる」と宣言したそうだ。引退表明時に綴った文章、“Dear Basketball”では、「6歳でバスケットボールと恋に落ちた」と述べている。

 コビーにとって、物心がついた時からバスケットボールは生活の一部であり、何より紛うことなきサラブレッドだった。母方の叔父に元プロ選手がおり、父のジョーは1975年のドラフト1巡目14位で指名され、NBAで8シーズンプレー。身長206cmのパワーフォワードは控えでの出場が多く、キャリア平均8.7点、4.0リバウンドをマークした。

 1982−83シーズンにヒューストン・ロケッツでプレーした後、契約の更新はされずほかのチームからも声が掛からなかった。当時まだ29歳、バスケットボールへの情熱を失っていなかったジョーは、知り合いから紹介されたイタリアリーグでのプレーを決断する。1984年、妻と2人の娘、そして6歳の末っ子コビーを引き連れて、一家は大西洋を渡ったのだった。
  ジョーはイタリアとフランス合わせて5チームを渡り歩き、子どもたちは国境を超えてスイスのバーゼルにあるインターナショナルスクールに通ったこともあった。このヨーロッパ生活のおかげで、コビーは流暢なイタリア語を話せるようになり、スイスドイツ語とフランス語にも慣れ親しんでいる。

 イタリアではサッカーが一番の人気スポーツ。コビーもサッカーに挑戦してみたが、ボール捌きが下手なこともあり、背が高く手足の長いコビーは決まってゴールキーパーを任された。

 コビーが一番夢中になったスポーツは、やはりバスケットボールだった。ジョーがしばしば試合に連れていってくれ、コートで遊んだりボールボーイをさせてもらったりした。学校のクラブにも入ったが、日々気軽にプレーする仲間はいなかった。そこで、自分の影に向かってプレーする“シャドウ・バスケットボール”という独自の練習方法を編み出した。
  コートで1人プレーしていると、決まってサッカー少年たちに占領された。当時を振り返り、「そうなったらコートを諦めざるを得なかった。家に帰るか、黙ってゴールキーパーをやるほかなかったよ」、そうコビーは回想している。

 負けず嫌いのコビーはサッカーの練習も続け、ミッドフィルダーを任されるまでに上達した。フットスピードのリズムに緩急をつけたり、それぞれの足での効果的なピボットの踏み方など、サッカーの経験はバスケットボールにも生かされたと後に語っている。当時の贔屓チームはACミラン、好きな選手はマルコ・ファン・バステンだった。
 ■父との1対1で腕に磨きをかけ、16歳でNBA選手を打ち負かす

 イタリアで暮らしていた時は、祖父がアメリカのテレビ番組やNBAの試合中継などをビデオに録画して送ってくれた。NBAの情報に飢えていたコビーは、届いたビデオを貪るように繰り返し観た。イタリアリーグはNBAに比べて試合日程が緩く、より多くの時間を一緒に過ごすようになったジョーがプレーの解説を事細かにしてくれ、その経験はコビーのバスケットボールIQを高める大きな役割を果たした。

 コビーが一番好きだったチームはレイカーズで、アイドルはマジック・ジョンソン。父と同じ身長であるにもかかわらずポイントガードとしてプレーし、ずば抜けたコートビジョンを備え、あらゆるプレーを高いレベルでこなす。そんなマジックにコビーは心酔し、ベッドルームには等身大ポスターを貼っていた。

 11歳から背が伸び始め、その後2年間で30cmも伸び、あっという間に182cmに達した。ダンクもできるようになり、ジョーは息子との1オン1に本気を出さなければ勝てなくなっていた。コビーが持つ無限の可能性を伸ばすため、より良い環境でプレーさせたい、そうジョーは考え始めていた。

 1992年、ジョーは現役引退を決意し、8年間のヨーロッパ生活に別れを告げる。その時コビー13歳。11月にアメリカへ帰国すると、一家は故郷フィラデルフィア郊外に居を構えた。ジョーはコーチの道に進み、コビーは新居近くのミドルスクールを経て、ローワー・メリオン高校に入学した。
  2年の時に身長が195cmまで伸び、マジックのように5つのポジションすべてでプレーすることができるようになった。3年生の頃、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョン・ルーカス・ヘッドコーチ(HC)はコビーをチームの練習に招き、ノースカロライナ大からドラフト3位で入団したばかりのジェリー・スタックハウスと1オン1をさせている。するとコビーは、未来のオールスターを打ち負かしてみせた。翌日、ジョーの元にノースカロライナ大の名将ディーン・スミスHCより、直々に勧誘の電話があったそうだ。

 迎えた最終学年の成績は、平均30.8点、12.0リバウンド、6.5アシスト、4.0スティール、3.8ブロック。27連勝を含む31勝3敗という好成績をマークし、チームを53年ぶりの州チャンピオンに導く。ネイスミスやゲータレードの全米最優秀選手賞も受賞した。全米から特に優れた高校生が集結するアディダスのABCDキャンプにも招待され、MVPを獲得している。
  大きな注目を集める存在となったコビーの元には、アメリカ中の大学から勧誘の手紙が舞い込んだ。高校時代の友人の証言によると、あまりの手紙の多さに、未開封のまま廊下で同級生たちに配っていたという。

 もし、大学に行くならデューク大が本命だったと長い間思われていたが、2013年に開催された公開トークイベントで、コビーはノースカロライナ大入りに気持ちが傾いていた時期があったと明かしている。理由は、その前年に入学した当時の全米No.1ガード、ヴィンス・カーター(アトランタ・ホークス)と競い合いたかったからだそうだ。

 ところが、コビーのプロ入りの意志が固いと思ったスミスHCは、勧誘を早々に止めてしまう。一方、デューク大HCのコーチK(マイク・シャシェフスキー)は最後まで諦めなかった。それゆえ、もし大学でプレーする道を選んでいたなら、デューク大に行っていただろう、そうコビーはTwitterでファンからの質問に答えている。

 その前年、20年ぶりに高校から直接NBA入りを果たし、大きな話題となったケビン・ガーネット(元ミネソタ・ティンバーウルブズほか)の活躍に刺激されたこともあり、最終的にプロ入りを決意する。3歳の頃に語った夢を実現させる時が、ついに訪れたのだった。(後編に続く)

文●大井成義

※『ダンクシュート』2020年4月号より転載。

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)