『USA TODAY』が現段階での今季の主要アウォードを予想!MVPはレブロン、最優秀守備選手にはキングの相棒が選出

『USA TODAY』が現段階での今季の主要アウォードを予想!MVPはレブロン、最優秀守備選手にはキングの相棒が選出

シーズンMVPに値する平均25.7点、7.9リバウンドにリーグトップの10.6アシストを記録するレブロン。(C)Getty Images

NBAは新型コロナウイルスの世界的流行を受け、3月12日からシーズンを中断している。『ESPN』の報道によると、6月中旬から下旬にかけて再開し、8月まで行なうことを想定しているという。

 ただし、リーグを再開させる条件は、この新型コロナウイルスの感染拡大が終息すること。もしそうならなければ、このまま2019-20シーズンは終了という選択をせざるを得ない。では、もしこのまま今季終了となった場合、MVPやMIPなど、レギュラーシーズンにおけるアウォードはどの選手の手に渡るのか。

 ここでは、16日に『USA TODAY』へ掲載された今季の主要アウォード予想をお届けしていきたい(※チーム名は略称)。
 ■シーズンMVP(最優秀選手)
レブロン・ジェームズ(レイカーズ)
 現役最多の4回最優秀選手賞を手にしてきたレブロンだが、これまでMVPに選ばれるためにプレーしたことはないという。3月5日のチーム練習後、「レギュラーシーズンMVPが俺をやる気にさせたことは1度もない。ゲームの中でベストなプレーをしようとしてきた結果、何度かMVPになったということ」と話しており、レブロンが見据えているのはチャンピオンシップ獲得のみ。

 とはいえ、今季のレブロンのパフォーマンスは十分MVPに値する。3月6日のバックスとの今季2戦目で、レブロンはゲームハイの37得点を荒稼ぎ。さらにはアンソニー・デイビスがファウルトラブルに陥ると、後半には昨季のMVPヤニス・アデトクンボとマッチアップ。自身より10歳年下の昨季のMVPを、フィールドゴール20.0%(2/10)に抑え込んだ。

 キャリア17年目の今季、レブロンは63試合中60試合に出場しており、平均25.7点、7.9リバウンドにリーグトップの10.6アシストを記録。そしてデイビスへファーストオプションの座を与え、新たなチームメイトたちを向上させ、フランク・ヴォーゲル・ヘッドコーチ(HC)をはじめとするコーチングスタッフをサポート。さらにはコビー・ブライアントと彼の次女ジアナの逝去を受け、レイカーズという組織をひとつにした功績が光る。

■新人王
ジャ・モラント(グリズリーズ)
 ドラフト1位のザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)は平均23.6点、6.8リバウンドを記録しているものの、ヒザの負傷のため19試合しか出場できていない。ザイオンは1984−85シーズンのマイケル・ジョーダン(元ブルズほか)以来となる、キャリア最初の20試合のうち16試合で20得点以上を叩き出すなど、そのインパクトは強烈だが、出場試合数の少なさがネックだ。

 一方のモラントは、グリズリーズファンの期待を一身に背負い、ここまでチームをウエスタン・カンファレンス8位の32勝33敗へと導く殊勲者となっている。個人成績を見ても、平均17.6点、3.5リバウンド、6.9アシストにフィールドゴール成功率49.1%を記録。ルーキーとして平均17点、フィールドゴール成功率47.0%以上を残した史上4人目のガードとなっている。
 ■最優秀守備選手賞
アンソニー・デイビス(レイカーズ)
 レイカーズの一員として迎えた今季、デイビスは優勝と共に、最優秀守備選手賞を手にしたいと口にしていたが、このアウォードを自らの手で勝ち取ったと言っていいだろう。『NBA.com』によると、デイビスはマッチアップ相手のフィールドゴール成功率を38.5%に抑え込んでおり、リーグ3位の平均2.4ブロックを記録している。

■シックスマン賞
デニス・シュルーダー(サンダー)
 経験豊富なクリス・ポールのリーダーシップ、2年目のシャイ・ギルジャス・アレキサンダーのブレイクに次いで、シュルーダーはサンダー躍進における3番目の大きな要因となった。リザーブの選手として、26歳の司令塔はリーグトップの平均19.0点を残しており、62試合のうち57試合でベンチ陣トップの得点を残している。
 ■MIP(最も成長した選手)
ブランドン・イングラム(ペリカンズ)
 4年目の今季、新天地ペリカンズでイングラムはいずれもキャリアハイとなる平均34.3分、24.3点、6.3リバウンド、4.3アシスト、1.0スティールをマーク。昨季までの3シーズンで、1試合で17得点、5リバウンド、5アシスト以上を残したのは計7度にとどまったが、今季だけで17度も記録している。

■最優秀コーチ賞
ニック・ナース(ラプターズ)
 昨季のファイナルMVP、カワイ・レナードがクリッパーズへ移籍したものの、ラプターズはイースタン・カンファレンス2位の46勝18敗で、すでにプレーオフ出場を決めている。1月から2月にかけてフランチャイズ新記録となる15連勝も達成したのだが、決して順風満帆だったわけではない。

 今季のラプターズは、マルク・ガソル(27試合)、フレッド・ヴァンブリート(15試合)、サージ・イバカ(14試合)、パスカル・シアカム(11試合)といった主力をそれぞれ10試合以上もケガで欠いていた。にもかかわらず、ナースHCは15パターンのスターターで臨み、選手層の厚さでカバーして見事な成績を収めている。

 波乱の1年となった2019−20シーズン。実際に各賞を制するのは一体誰なのか。シーズン行方ともども注目される。

文●秋山裕之(フリーライター)

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)