「大変な時期だが、やる事はやる」コロナ問題にも揺るがぬ稲垣啓太の精神。力強いメッセージにファンが感動

「大変な時期だが、やる事はやる」コロナ問題にも揺るがぬ稲垣啓太の精神。力強いメッセージにファンが感動

ラグビー日本代表の稲垣が、自身のインスタでトレーニングに励む様子を公開した。(C) Getty Images

ラグビー日本代表の稲垣啓太が自身のインスタグラムを更新。トレーニングに励む躍動感のある写真に、下記の言葉を添えて投稿した。
 
「コロナウィルスで大変な時期だが、やる事はやる。先が不透明な部分も多いが、自分でコントロール出来ない部分にフラストレーションは溜めず、コントロール出来る部分は100%取り組もうぜって事。予防も準備の1つ。」

 ラグビートップリーグは2月26日、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴って7節、8節の延期を発表。その後、日野に所属する選手の違法薬物使用容疑を受け、コンプライアンス教育を行うために3月中の公式戦全試合の休止が決定された。
  そうした厳しい状況にも関わらず、常に前向きに取り組む稲垣の姿勢に、ファンは感銘を受けたようだ。インスタグラムには、

「さすが!プロですね」
「かっこいい」
「力強い言葉で元気出ました!」
「ガッキーの言葉や態度に感銘し勇気をもらえてます」
「改めて稲垣選手の器の大きさを感じて感動しています」
「自分が出来る事をしっかりやっていこうと思います」
「試合楽しみにしてます」
「再開後のご活躍をワクワクして待っています」

 などと称賛と応援のコメントが殺到している。

 新型コロナウイルスの感染拡大はスポーツ界だけでなく、様々な業界に暗い影を落としている。稲垣の力強いメッセージは、そんな苦境に立ち向かう日本中の人々に大きな勇気を与えたことだろう。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】日本 28-21 スコットランド|悲願成就!史上初のW杯8強入りの"感動"をフォトでもう一度!
 

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コロナウィルスで大変な時期だが、やる事はやる。先が不透明な部分も多いが、自分でコントロール出来ない部分にフラストレーションは溜めず、コントロール出来る部分は100%取り組もうぜって事。予防も準備の1つ。

keita inagaki(@gaki.keita)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)