【コビー・ブライアント物語・Part4前編】事業の成功、アカデミー賞受賞、背番号の同時欠番化……。輝きに満ちた順風満帆のセカンドキャリア

【コビー・ブライアント物語・Part4前編】事業の成功、アカデミー賞受賞、背番号の同時欠番化……。輝きに満ちた順風満帆のセカンドキャリア

元プロアスリートとして初めてアカデミー賞に輝くなど、順風満帆のセカンドキャリアを送っていた。(C)Getty Images

引退後のコビー・ブライアントはビジネスマンとして第2の人生を歩み、様々な分野で成功を収めていた。まさに順風満帆と呼べる日々を送っていたが、2020年1月26日、突然の悲劇が彼を襲う。

■現役時代に手にした大金を元に、投資家として優れた手腕を発揮

『フォーブス』が2015年に報じたデータによると、コビーが現役時代に得た総収入は6.8億ドル(うち広告収入が3.57億ドル)。歴代のNBA選手で3指に入る膨大な金額である。その大金を使って、コビーは現役時代から投資ビジネスに着手していた。

 2013年、コビーは脳科学者であり若手起業家としても有名なジェフ・スタイベルとベンチャーキャピタルファンド、ブライアント・スタイベルを設立。勉強熱心で何事にも情熱を惜しまないコビーは、投資の世界においても際立った手腕を発揮した。引退後の2016年8月、コビーはブライアント・スタイベルに1億ドルの資金を追加する。投資の対象は、テクノロジー、データ会社、メディア関連と多岐に渡った。

 2020年1月の『ウォールストリート・ジャーナル』の記事によると、コビーのファンドは現在29の企業に投資を行なっており、最大の投資先はアクションゲームの開発を手がけるエピックゲームズで、資産価値は150億ドルに上るという。
  さらに2013年、コビーは個人としてスポーツ飲料のベンチャー企業、BAスポーツに600万ドルを投資した。株式の10%を保有する3番目の大株主となり、取締役会の一員にもなっている。

 スポーツ飲料業界は、長い間ペプシコ(ペプシ)傘下のゲータレード一強時代が続いており、2019年のシェアは74%とほぼ独占状態。2位はコカ・コーラが手掛けるパワーレードの20%で、頭打ちの状態が続いていた。そこにコビーはチャンスを見て取った。

 2011年にニューヨークで起業したBAスポーツが販売するスポーツドリンク、ボディーアーマーは、その品質の良さからアスリートの間で評判になっていた。そこにコビーが多額の投資をしたことで、より大きな注目を集め、さらに2017年から自身がCMの監督と脚本を手掛け、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)やクリスタプス・ポルジンギス(ダラス・マーベリックス)ら大物選手を起用し好評を得た。コビーは『CNBC』のインタビューで、2025年までにゲータレードを抜き、シェア1位になるつもりだと語っている。
  そして2018年、清涼飲料界の巨人、コカ・コーラがボディーアーマーに目を付け、2番手の大株主となり同商品を大々的に売り出した。すると年間成長率100%の急成長を遂げ、年間売上は4億ドルに。コビーが保有する株の総額は2億ドルに上昇した。

 2017年9月12日、コビーの背番号“8”と“24”の永久欠番化がレイカーズより発表され、12月18日にステイプルズ・センターでセレモニーが開催された。2種類の背番号が同時に永久欠番となるのは、NBA史上初めてだった。
  2018年3月、“Dear Basketball”のアニメ版がアカデミー賞の短編アニメ賞を受賞する。元プロアスリート初の快挙。コビーのナレーターとしての才能も発揮されたその作品は、“アニメのアカデミー賞”と称されるアニー賞や、スポーツ・エミー賞も受賞している。

 作品を共同で手掛けたのは、コビーが2016年に設立した制作プロダクション、グラニティ・スタジオ。他に、コビーが共同著者を務めた若年層向けの小説がベストセラーになるなど、スポーツにまつわる作品を様々なメディアで展開し、多数世に送り出している。

 2019年11月に行なわれた『CBSニュース』のインタビューで、コビーは「物語作家になりたい」と言っている。現役中も、遠征時の移動中はいつも文章を書いていたそうだ。(後編に続く)

文●大井成義

※『ダンクシュート』2020年4月号より転載。

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)