大ケガ、強豪への移籍を機にロールプレーヤーへと転身。栄光に満ちたロン・ハーパーのキャリア第2章【NBA名脇役列伝・後編】

大ケガ、強豪への移籍を機にロールプレーヤーへと転身。栄光に満ちたロン・ハーパーのキャリア第2章【NBA名脇役列伝・後編】

優勝には縁のなかったキャブズ、クリッパーズ時代を経て、94年にブルズへと移籍。これがハーパーにとって大きな転機となった。(C)Getty Images

バスケットボールの腕に覚えのある者なら、誰でもチームの中心となって脚光を浴びたいと思うだろう。それが優勝に縁のない下位チームであったとしても、注目の的にはなれるし高い給料も得られる。その一方で、どんな役割であっても、チームとして勝利を手にしたいとの願望もまた、皆が持っている。だが、いずれも同時に叶えられるのはごく一握りのスーパースターだけで、それ以外の選手は「弱いチームの主役」、もしくは「強いチームの脇役」のいずれかに甘んじなければならない。

 ロン・ハーパーはその両方を経験している。NBAでの最初の8年間はエースとして、最後の7年間はチャンピオンチームでロールプレーヤーに徹し、いずれの立場でも称賛を得た、数少ない選手の一人だった。

    ◆    ◆    ◆
  ロサンゼルス・クリッパーズ在籍時は「俺はいま刑期中なのさ」と言って批判を浴びたこともあったが、そこはハーパーにとって良い思い出の詰まったチームだった。

「もし殿堂入りできるなら、クリッパーズの一員として受け入れられたい。自分がチームを背負って立つ選手だと、証明できるチャンスをくれたところだからね」

 1993−94シーズン終了後、FAとなったハーパーにシカゴ・ブルズから声がかかる。1年前にマイケル・ジョーダンが引退したブルズは、後継者として期待されていたトニー・クーコッチが今ひとつだったため、ハーパーにその役割を期待したのだ。

 ところが移籍1年目は、キャリア最悪の不振に陥る。前年20.1点だった得点は約3分の1の6.9点にまで下降。2月には先発SGの座を追われ、3月にジョーダンが復帰してからは出場時間も激減してしまった。

「MJ(ジョーダン)が戻ってくるのはわかっていた。毎日のように練習場に顔を出していたんだから。それでもまだ戻るつもりはないと言い続けていたから、彼に言ってやったんだ。自分の心に正直になれとね」

 居場所を失いそうになったハーパーは、自ら新たな道を切り開く。「(ヘッドコーチの)フィル・ジャクソンと話し合って、こう言ったんだ。このチームにはMJも、スコッティ(・ピッペン)も、クーコッチもいて、俺がシュートを打つチャンスは1試合に5回もない。だからポイントガード(PG)をやりたいとね。そうしたら、『10〜12本シュートを打たせろと言うのなら、君をトレードするつもりだった』と返されたよ」
  PGに転向しても、ハーパーが攻撃を指揮するようになったわけではなかった。ブルズが採用していたトライアングル・オフェンスでは、必ずしもPGがボールを持つ必要がなかったからだ。ハーパーの役目は、ディフェンダーとして相手にプレッシャーをかけることであり、彼はそれを完璧にこなした。

「ロンがシューティングガードをマークしてくれるから、マイケルの守備の負担はものすごく軽くなっている」(当時アシスタントコーチのジョン・パクソン)

 もともと定評のあったディフェンスは、ジョーダンらと練習を重ねることでさらに磨きがかかった。試合のある日は毎朝、ハーパーとピッペンはジョーダンの自宅を訪ね、朝食をとったのち一緒にワークアウトに励んだ。“ブレックファスト・クラブ”と呼ばれたこの3人を軸とした鉄壁の守りは、ブルズ2度目の3連覇の原動力となった。
  99−00シーズンには、レイカーズのヘッドコーチに就任したジャクソンの後を追うようにしてロサンゼルスへ。シャキール・オニールやコビー・ブライアントにトライアングル・オフェンスの極意を伝授し、またコビーのディフェンスの師匠ともなって、チャンピオンリングを2つ増やした。ただ、レイカーズ時代については、このような微妙な言い回しをしている。「シカゴでは俺たちは“チーム”だった。レイカーズでは優勝はしたけれども……あの時のメンバーに、本音の部分で楽しかったかどうか訊いてみたら、どう答えるかな」

 キャブズの同僚だったドアティは「ロンをもう少し大きく、強くしたらレブロン・ジェームズになる」と発言したことがある。レブロンはキャブズに優勝をもたらすことのないまま、2010年秋にマイアミへと去ってクリーブランド市民の怒りを買った。

 その4年後に戻ってきたレブロンは、2016年にキャブズを初優勝に導いたのはご存じの通り。けれども、その26年前にハーパーをトレードしなかったら、キャブズはすでに優勝を経験していたかもしれず、レブロンもあれほど恨まれずに済んだのかもしれない。何しろ、他ならぬジョーダンがこう言っているのだ。

「キャブズがロンを放り出したのは、私の人生で起こった最高の出来事だった」

文●出野哲也

※『ダンクシュート』2012年12月号掲載原稿に加筆・修正

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)