若手時代のシャックはマスコミ嫌いだった?高騰するサラリーへの持論と“苦い”マジック時代の思い出を語る

若手時代のシャックはマスコミ嫌いだった?高騰するサラリーへの持論と“苦い”マジック時代の思い出を語る

大学3年時にアーリーエントリーし、鳴り物入りでマジックに入団したシャック。しかしその裏では風当たりも強かった。(C)Getty Images

1992年、当時ルイジアナ州大の3年生だったシャキール・オニールは、アーリーエントリーを宣言し鳴り物入りでオーランド・マジックに入団。今では若く才能ある選手がアーリーエントリーするのは当たり前となったが、1990年代初頭までは、大学卒業前にNBA入りを表明する選手は一握りしかいなかった。1984年のマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)以来、アーリーエントリーで超大物ルーキーがNBA入りしたのは久しぶりだったと言っていいだろう。

 カレッジで文武両道を全うしてからプロへ進む。これがしきたりという風潮のようなものが当時はあった。しかしNBAの世界では、弱冠20歳を過ぎたばかりの選手に球団は何億円もの大金を費やし、そしてスポーツメーカーはバスケットボールシューズの販売促進のために数十億円規模の契約を交わす。将来有望なルーキーには、一夜にして大金が手元に転がり込んでくるのだ。この事実を“常識を超えている”と批判的な見方をした人が多くいたのも事実だった。
 「シャックはジョーダンがNBAに入った時とはまったく状況が違った。ジョーダンは(ドラフトの段階では)“期待の星”で、プロ入り時点ではスーパースターになるかどうかまだクエスチョンだったからね。ところがシャックは、すでに216cm、130kgという規格外のボディを持ち、その上で走れて跳べて精神的にも強かった。実力と人気の勲章をぶら下げての入団だったが、その裏ではネガティブなことを囁かれる的にもなった」と当時『SLAM』の記者だったスクープ・ジャクソンは言う。

 また、「今の若い選手たちは契約金のことばかりを気にして、NBAでプレーすることをビジネスだと割り切って考えすぎる」と話すのは、バッドボーイズ時代のデトロイト・ピストンズを2連覇に導いたアイザイア・トーマスだ。

「選手の年俸が跳ね上がり、NBAプレーヤーというアメリカンドリームの代名詞になった称号は、もちろんリーグを成功させる原動力になっている。しかし、私たちの時代は、マジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)もジョーダンも、バスケットボールが好きで、チャンピオンシップが欲しいからプレーした。お金は残した結果の後からついてくるものだった。今の選手の言い分は『これぐらいのお金を出してくれるんだったら、そのお金に見合ったプレーは約束するよ』と言っているかのように感じる」と、トーマスは苦言を呈している。
  これは誰かを名指しして厳しい言葉を述べたわけではなかったが、アーリーエントリー、そして若いプレーヤーの高額契約へ時代が流れていくことへの批判だった。

 ところが、当時のシャックの見解はまた違っていた。

「じゃあ、自分たちの生活の保障は誰がしてくれるっていうんだ。もしケガをしてプレーできなくなった時に、誰も俺を振り返らなくなるだろう。もちろん引退した後だってそうさ。NBAプレーヤーの平均キャリア年数は5、6年なんだぜ。それに球団だって、選手のことをどれだけ考えてくれているかなんてそれぞれに個人差も生まれるし、誰もわかりっこないし、だからといってそれが良いとか悪いとかそういう議論でもない。稼げる時に稼いでおかなければ、と選手はみんな思っている」
  キャリア後半から現在に至るまで、シャックは人を楽しませることが大好きで、スーパースターでありエンターテイナーでもあったが、マジック時代はあまり多くを語りたがらない選手だった。インタビューに答える声は口ごもるようにもそもそと小声で、大きな身体とは正反対なその様子を、のちにシャックは「わざとやっていた」と明かしている。いつもマスコミが彼の発言からゴシップ性のある言葉だけを選んで使い、世間が面白がるような趣旨にすべてすり替えられてしまうことが多かったからだ。

 シャックはマジック在籍時を「空回りの時代」と自ら評し、入団してすぐにチームを強豪へと変革したことにいい思い出はないと話す。

「勝てば球団の手柄、負ければ選手のせいにする。オーランドは、そういう場所だった。特にマスコミの対応が嫌いだった。多くのファンは味方だったが、なぜかマスコミは綻びを探してはそこに執着していた」

 この話をした時、マジックへの批判がエスカレートするシャックに対し、同席していたエージェントが「言い過ぎは止めろ」と制するも、シャックは笑いながらわざと話を続けようとして、エージェントをからかっていた。
  当時、ジョーダンはチャールズ・バークレー(元フェニックス・サンズほか)を“爆走する小山”と例えたが、シャックは“爆走する大山”だ。アメリカではこのパワーあふれるマッチョなスタイルこそ王道。ジョーダンも「私が神から与えられなかった大きな身体を、すでに手にしているシャックの未来は明るい」と太鼓判を押していた。
 「マジック時代はどんなに結果を出そうが批判された。レイカーズに移りチャンピオンシップを手にすることで、自分はジョーダンやマジックと同じステージに到達することができると信じていた」と語るシャックは、1997年に“NBA史上に残る50人”に、1990年以降にドラフトされた選手で唯一選ばれた。

 マジックからレイカーズに移籍した後のシャックの活躍を、あえて詳細に語る必要はないだろう。数々の栄光を手中に収め、コート内外で不世出の存在として、名実ともにNBAの超大物としてその名を刻むこととなった。

文●北舘洋一郎
 

関連記事(外部サイト)