東京五輪延期を受けて八村塁が熱い投稿「世界がこのパンデミックを乗り越えた後、僕は母国での…」

東京五輪延期を受けて八村塁が熱い投稿「世界がこのパンデミックを乗り越えた後、僕は母国での…」

今年の開催は延期になってしまったが、八村には日本の絶対的エースとして、来夏にファンの前で大暴れしてもらいたい。(C)REUTERS/AFLO

3月24日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と日本の安倍晋三首相が電話会談を行ない、東京オリンピック・パラリンピック2020の開催が1年程度の延期になることが合意された。

 新型コロナウイルスのパンデミック(流行)化により、アメリカやヨーロッパ諸国では多くの都市で非常事態宣言がなされており、アスリートが本来のワークアウトをこなすことができず、自宅待機せざるを得ない状況を考慮すると、致し方ない判断だろう。

 それでも、東京オリンピック自体が中止にならなかったのは朗報と言っていい。今後、新型コロナウイルスの感染が終息を迎え、来年の夏までにオリンピックが開催されることがベストなシナリオとなる。

 そんな中、バスケットボール男子日本代表の大黒柱、八村塁(ワシントン・ウィザーズ)が自身のSNSに現在の想いを綴っていた。

「僕はアスリートとしてコンペティターであり、今年の夏のオリンピックで日本を代表する事をとても楽しみにしておりましたが、今回東京五輪が2021年に延期になった事を理解しサポートしています。
  世間は現在非常に厳しいチャレンジに直面し、今は皆さんの健康と安全が第一優先だと思います。オリンピックの全アスリートは来年に向けて世界中のファンの為に素晴らしいパフォーマンスをするモチベーションを持ち、世界がこのパンデミックを乗り越えた後、僕は自分の母国での素晴らしい祭典になると信じています。皆さん、それを実現するように一丸となりこれからも頑張りましょう!」

 オリンピックの延期合意から一夜明けた日本時間25日、八村はツイッターとインスタグラムへ英語と日本語で投稿。新型コロナウイルスのパンデミックを乗り越え、来年のオリンピックへ向けてモチベーションを保つことは簡単なことではないだろうが、八村が発した言葉は、オリンピックへの熱い気持ちと確固たる思いを感じさせた。

 一時はオリンピック中止も危ぶまれていた中、来年へ延期となったことをポジティブに受け止めて、今はただ、前に進んでいきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

僕はアスリートとしてコンペティターであり、今年の夏のオリンピックで日本を代表する事をとても楽しみにしておりましたが、今回東京五輪が2021年に延期になった事を理解しサポートしています。世間は現在非常に厳しいチャレンジに直面し、今は皆さんの健康と安全が第一優先だと思います。オリンピックの全アスリートは来年に向けて世界中のファンの為に素晴らしいパフォーマンスをするモチベーションを持ち、世界がこのパンデミックを乗り越えた後、僕は自分の母国での素晴らしい祭典になると信じています。皆さん、それを実現するように一丸となりこれからも頑張りましょう! I am a competitor and was looking forward to representing Japan in the Olympics this summer, but I also understand and support the decision to postpone the Tokyo Olympics to 2021. The world is facing a very difficult challenge and everyone’s focus needs to be on health and safety. Every Olympic athlete will be motivated to perform for the world next year and I believe it will be an even greater celebration of both sport and life in my home country after the world overcomes this pandemic. Let’s all work together to make that happen! #StayStrong #Tokyo2021

Rui “Louis” Hachimura 八村 塁(@rui_8mura)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?