「バネが入ってるんですか!?」「尋常じゃない」福岡堅樹が見せた“超人的ジャンプ力”にファン驚愕

「バネが入ってるんですか!?」「尋常じゃない」福岡堅樹が見せた“超人的ジャンプ力”にファン驚愕

昨年のラグビーW杯で活躍した日本代表WTB福岡の驚異的なジャンプ力が反響を集めている。写真:茂木あきら(THE DIGEST写真部)

3月26日、日本ラグビーフットボール協会が公式ツイッターを更新。ラグビー日本代表、福岡堅樹の驚異的なジャンプ力を捉えたトレーニング映像を公開し、ファンの間で「凄すぎる…」「超人的!」などと反響を集めている。

 日本ラグビーフットボール協会は「130cmの段差にチャレンジ ※2019月8月 福岡選手」と綴り、トレーニングの様子を収めた動画をアップ。動画内で、黒いウェアに身を包んだ福岡の前にはジムマットがいくつも積み重ねられている。福岡は大きく深呼吸をし、助走もせず腕の振りだけでジャンプ。自身の胸くらいの高さまで積み上げられたマットの上に立って見せた。
  動画がアップされた翌日、福岡は「懐かしの動画!ウイングに必要な空中戦の能力、僕は高さが足りない分を跳躍力で補いました」と綴り、この投稿をリツイート。それを見たファンからは次のような驚愕する声が相次いだ。

「凄すぎる…」
「両足に魔法のバネが入ってるんですか!?」
「これは凄い!日本代表のWTBとはこれほどのものなのか!」
「もはや忍者のレベル!」
「超人技。フェイクかと思い、何度も見直しました(笑)」
「人ってこんなに飛べるんですね」
「何度見ても尋常ではないですよ(笑)」

 7人制での東京五輪出場を目指し、その後は医師になるため今年限りでの引退を表明している福岡。今月26日には、日本ラグビー協会の森重隆会長が来年へ延期となった五輪まで福岡の現役続行を求める考えを明かすなど、今後の動きに注目が集まっている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】日本 28-21 スコットランド|悲願成就!史上初のW杯8強入りの"感動"をフォトでもう一度!
 

関連記事(外部サイト)