「本当にたくさん笑わせてもらった…」オカダ・カズチカが志村けんさんを追悼。中邑真輔、長州力もツイッターで発信

「本当にたくさん笑わせてもらった…」オカダ・カズチカが志村けんさんを追悼。中邑真輔、長州力もツイッターで発信

ラジオのレギュラーパーソナリティーを務めるオカダ・カズチカが、志村けんさんを追悼した。写真:THE DIGEST

3月30日(月)、TOKYO FMの新番組『オカダ・カズチカ SUNDAY RAINMAKER』のパーソナリティーを務める新日本プロレスのオカダ・カズチカが、都内で取材に応じた。

 ラジオで初めてのレギュラーパーソナリティーを務めるオカダは、「緊張して、1試合したくらいの汗をかきました」としながらも「プロレスラーは筋肉と声だけじゃない。ちゃんと話せるって知ってもらいたいし、これは僕しかできない」と意欲を見せた。

 新型コロナウイルスの感染による肺炎で29日、亡くなったタレント、志村けんさんの訃報について質問が及ぶと、「仕事はご一緒したことはないのですが、子どもの頃からテレビで見ていました。残念で寂しい。たくさん笑わせていただいた。そのぶんお笑いの方はたくさんの方を笑わせてほしいし、僕たちはプロレスで夢を与えていきたい」とコメントした。
  他にも志村けんさんへの追悼メッセージを発信したプロレスラーは多く、アメリカのWWEで活動する中邑真輔は「残念過ぎる。 志村けんさん…いつかの六本木のクラブで連れションしたのが初対面だったなぁ涙。ご冥福をお祈りいたします」と、ツイッターでエピソードともに発信。

 プロレス界のレジェンド長州力も「残念です!!本当に残念です!何度か小さな居酒屋でお会いすることがあり、まさか驚きと、残念なニュース!! 今こそ!日本で誰よりも一番!!必要な方でした、、、 本当に誰よりも!! 何故か怒りを覚えるのは私だけですかね!!残念です 御冥福を御祈り致します」とツイートした。

 新型コロナウイルスの感染は日に日に拡大し、志村けんさんの死去は日本における著名人の感染、それに伴う死亡事例として多くの人にショックを与えた。3月からほとんどの興行が中止となっているオカダも「手洗いとうがい、とにかく今できることをやるしかない」と、感染が広がらないよう訴えた。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)