「この難関を乗り切るただひとつの方法は、みんなが1つになること」バレー日本代表・石川祐希が新型コロナウイルス感染拡大のイタリアからエール!

「この難関を乗り切るただひとつの方法は、みんなが1つになること」バレー日本代表・石川祐希が新型コロナウイルス感染拡大のイタリアからエール!

所属するイタリアセリエA・パドヴァの公式HPからインタビューを受け、率直な思いを語った石川。(C)Getty Images

バレーボール日本代表で、イタリアプロリーグ・セリエAのバドヴァに所属する石川祐希が、新型コロナウィル感染拡大が続く現地で過ごす自身の近況や東京オリンピック2020延期について同クラブ公式の電話インタビューに心境を語った。

 東京オリンピック2020の大舞台に向けてイタリアで好調なシーズンを送っていた石川。今シーズン19試合に出場して通算252得点を記録するなど、プレーオフ出場を目指すチームを牽引する活躍を続けていた。だが、同国で新型コロナウイルスの猛烈な感染拡大が発生したため、リーグ戦とカップ戦は中断、他の種目と同様に現在も再開の目途はたっていない。

 所属クラブのパドヴァは、非常事態宣言により外出禁止令下にあるイタリアに滞在中の石川に電話インタビューを敢行。公式HPで、石川を東京オリンピック2020のバレーボール競技“開催国日本のシンボル”と呼び、同選手の生の声を伝えている。

 外出禁止となっている状況下を石川は「家に閉じこもっているのは楽なことではありません。何よりも、バレーボールがしたい!ですが、割と落ち着いています。人々はこの感染症を抑えるための必要な措置(外出禁止)に順応してきているので。だから、僕は(良い方向に向かうと)信じています」と現在の心境を告白する。
  また、自宅では「技術スタッフから支持されたトレーニングを毎日行ない、この(外出禁止)期間に多くの人たちがしているように読書、映画鑑賞をしたり、この機会を利用して何人かの友人と連絡を取り合ったりしている」とのこと。

 故郷日本とのやりとりにおいて「便利なインターネットを使えるおかげで、家族や友人たちの存在をとても身近に感じることができています。言うまでもなく、みんなは(イタリアで)新型コロナウイルス感染が拡大しつつあることを自分の事のように心配してくれて様子を聞かれました。日本は教育機関が休校になり、スポーツも現在は(試合などの)開催見合わせが続いていてイタリアと同様の状況にあると思います。けれど、(日本と比べ)イタリアでは感染が爆発的に拡大してしまっているんです」と、不便はないとはいえ、イタリアの状況を憂慮した。

 他にもパドヴァのチームメイトとは、常に連絡を取り合っているようで、トレーニングのことや、ちょっとしたおしゃべりをして気持ちを紛らわしているようだ。
  1年延期が決まった東京オリンピックについて「(選択が)正しかったか、他により良い選択があったのか、自分はコメントする立場にありません。あらゆる考察を行なった上での延期決定であったのは確かだと思っています。簡単なことではなかったはずです。僕は、状況に対応した今回の決断がより適切な選択であってほしいと思っています。その理由は、今、大切なことは健康を守ることだからです」とコメントした。 インタビューの最後には「みなさん、安心してくださいね。僕は元気です。以前のような毎日が戻る日は必ず来ます。ただ、今は専門家の方々や規定の指示を遵守しなければいけない。“チームプレーの精神”なら可能なはずです!この難関を乗り切るただ一つの方法は、みんなが1つになることなんです」と石川を応援しているパドヴァのサポーターと大勢の日本のファンに対してメッセージを送った。

 開催が延期された東京オリンピック2020は、来年2021年7月23日に開幕することが正式発表された。まずは新型コロナウイルスとの戦いに勝利すること。そして世界が平穏を取り戻した時、大きな目標に向けて再始動する石川を応援したい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】しなやかに舞う! 日本男子バレーが誇る”エース”石川祐希の厳選メモリアルフォトを一挙公開!
 

関連記事(外部サイト)