WWE中邑真輔が今後に繋がる好アシスト!エッジとオートンのラストマン・スタンディングが涙の結末!

WWE中邑真輔が今後に繋がる好アシスト!エッジとオートンのラストマン・スタンディングが涙の結末!

チームプレーでゼイン(中央)をサポートしたセザーロ(左)と中邑(右)。(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

世界最大のプロレス 団体WWEは4月5日、6日(日本時間)の2日間にわたり、アメリカ・フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで、プロレス界世界最大のビッグイベント『レッスルマニア36』を開催した。

 WWEインターコンチネンタル(IC)王者サミ・ゼイン(with中邑真輔、セザーロ)が、ダニエル・ブライアン(withドリュー・グラック)と対戦した。試合序盤、ゼインは闘おうとはせずに場外を逃げ回って心理戦を仕掛けると、追いかけるブライアンの前には中邑やセザーロが立ちはだかって妨害する。これに怒ったグラックが中邑&セザーロを襲撃してバリケード外に蹴散らし、ブライアンは逃げられなくなったゼインに馬乗りになって攻撃を加えた。

 その後、ゼインがクローズラインを決めて一矢報いるも、ブライアンはイエスキック連打から顔面ストンピングで攻撃して試合を終始圧倒。これにグラックが1人で“イエス”チャントを始めると、今度は中邑&セザーロがグラックに襲撃返し。ブライアンがすかさず2人にトペ・スイシーダを決めて蹴散らしたが、最後はゼインがコーナートップから飛び込んできたブライアンにヘルヴァキックをクリーンヒットさせて3カウントとなった。

 ゼインがブライアン相手にIC王座防衛に見事成功。中邑はカードには組み込まれなかったが、ゼインを見事にアシストしてみせることにより、存在感を高めたと言っていいだろう。
  家族を巻き込んで遺恨が勃発したエッジとランディ・オートンがラストマン・スタンディングマッチで対戦した。

 試合前にカメラマンに扮したオートンがいきなりのRKOでエッジにダメージを与えると、ラストマン・スタンディング戦開始直後にもオートンが2発目のRKOでエッジを沈めたがカウント8。さらにオートンはカメラを凶器にしてエッジに襲い掛かるとバックステージでもテーブルに叩き付けて攻め込んだ。

 エッジもドロップキックでオートンを吹き飛ばすとシャッターにオートンを叩き付けて反撃。その後もWWEパフォーマンスセンターのオフィスでテーブルや壁にお互いを叩き付けて死闘を繰り広げる。倉庫では大型トラックの荷台屋根でエッジがスピアー、オートンがRKOを叩き込むも、両者ともかろうじてカウント9で立ち上がる。
  しかし、オートンがパイプ椅子でエッジを強打して「これで終わりだ」と止めを狙ったが、逆にエッジがオートンを肩固めで捕まえて失神KO。さらにレフェリーのカウントを止めたエッジはパイプ椅子を掴むと溢れる感情を止められず、泣きながらオートンの頭に一撃を食らわして10カウントを奪い勝利。エッジ完全復活を印象づける試合だった。

 ジョン・シナは、ブレイ・ワイアットとファイアフライ・ファンハウスマッチで対戦。この試合でワイアットは「他の世界が存在する!ファイアフライ・ファンハウスへようこそ」とシナを招き入れるとファンハウスのパペットがドアを開けるようにシナを誘導。するとシナは暗闇から過去へタイムスリップするかのように次々とワイアットと幻想の世界を移動した。
  さらにワイアットが「6年前の選択は間違いだった」と言って2人が対戦した6年前のレッスルマニアが映し出されると、デジャブのようにワイアットがパイプ椅子をシナに渡したが、シナが殴り掛かるとワイアットは突如消え去ってしまう。

 続けて今度はシナが馬乗りになってワイアットを殴り付けるが、いつの間にかパペットに入れ変わって困惑状態。すると幻想の中で呆然となるシナの背後に突如不気味な“ザ・フィーンド”ワイアットが現れ、シナにシスターアビゲイルからマンディブルクローで襲い掛かって3カウントとなった。

“ザ・フィーンド”ワイアットは強力な幻想パワーでシナを破り、6年前の報復を果たした。前日のジ・アンダーテイカー対AJスタイルズを超える摩訶不思議な試合となり、無観客試合だからこそできた試合なのかもしれない。
  メインイベントでは、WWE王者のブロック・レスナー(withポール・ヘイマン)とロイヤルランブル覇者のドリュー・マッキンタイアが激突した。

 ゴングと同時に襲い掛かったレスナーだったが、マッキンタイアがカウンターのクレイモアを放ってレスナーはいきなりダウン。仕返しとばかりにレスナーはジャーマンスープレックス3発から必殺のF5をマッキンタイアに叩き込んだが、なんとマッキンタイアはカウント1で起き上がった。

 これに驚きを隠せないレスナーは立て続けにF5を2発放つが、それでもマッキンタイアが起き上がると、代理人のヘイマンが「やりつづけるだけだ」とレスナーを鼓舞する。
  攻めながらも追いつめられるレスナーは突如不敵に笑い出して再びF5を狙ったが、今度は逆にマッキンタイアがクレイモア3連打を叩き込むとレスナーはフォールを返すことができず3カウント。マッキンタイアがレスナー相手に大金星を挙げてWWE王座を戴冠した。

 観客を入れれば感動のフィナーレになったのは間違いないだけに、残念な気持ちもあるが、無観客試合だからこそできる最善の工夫が凝らされた2日間は、しばらく続くであろう新型コロナウイルス感染拡大の影響による無観客試合のあり方を考えさせられたと言ってもいい。

 明日のロウではどんな展開が待っているのか?こちらも注目だ。

◆WWE『レッスルマニア36』◆
2020年4月5日、6日(日本時間)
アメリカ・フロリダ州オーランド WWEパフォーマンスセンター 無観客試合

▼WWEインターコンチネンタル選手権試合(5日)
<王者>○サミ・ゼインwith中邑真輔&セザーロ(フォール勝ち)ダニエル・ブライアン●withドリュー・グラック
※ ヘルヴァキック
※王者が防衛に成功

▼ ラストマン・スタンディングマッチ(6日)
○エッジ(KO)ランディ・オートン●
※肩固めからのイス攻撃

▼ ファイアフライ・ファンハウスマッチ(6日)
●ジョン・シナ(フォール勝ち)ブレイ・ワイアット○
※マンディブルクロー

▼WWE選手権試合(6日)
<王者>●ブロック・レスナー(フォール勝ち)ドリュー・マッキンタイア○
※クレイモア
※王者が防衛に失敗。マッキンタイアが新王者になる

文●どら増田

【PHOTO】蘇るあの頃!アントニオ猪木さんが闘魂注入!往年の達人レスラーが大集合!
 

関連記事(外部サイト)