アイザイア・トーマスに加え、変わり種が多く指名された“異色選手の当たり年”。日本人初指名“伝説の巨人”の名も【NBAドラフト史:1981年】

アイザイア・トーマスに加え、変わり種が多く指名された“異色選手の当たり年”。日本人初指名“伝説の巨人”の名も【NBAドラフト史:1981年】

本来は1位で指名されるべきだったアイザイアだが、ドラフト前の傍若無人な振る舞いもあり、2位へと“格下げ”となった。(C)Getty Images

1980年代後半にNBAを席巻した“バッドボーイズ”ピストンズ。その総帥として悪名高いのがアイザイア・トーマスだ。そのトーマス以外に、1981年ドラフトはこれといったNBAスターを輩出していない。しかし、入団に至らなかった選手も含めれば、異色のアスリートが多数指名された年だった。

■下位指名に興味深い顔ぶれが揃っていた1981年ドラフト

 NBAの前身であるBAAの第1回ドラフトが開催されたのは、第二次世界大戦後間もない1947年。それから2019年に開催された第73回NBAドラフトまで、いったいどれだけの選手が指名され、そのうち何人がNBAのコートに立ったのか、ふと気になったので調べてみた。

 ずいぶん前には1人で複数回指名された例もあるようなので、若干の誤差はあるかもしれないが、これまで指名された選手は全部で8023人。その約4割にあたる3379人が、公式戦で最低1度はプレーしている。つまり、過去73年間に誕生したNBA選手の総数は3379人ということになる。

 不憫なのは、檜舞台に1秒も立てなかった残り6割の選手たちだ。夢のNBAから指名されながら、チャンスを掴めなかった4644人の若者たち。彼らの多くは、NBAのレベルでプレーするだけの実力が足りなかったか、もしくは相応の能力はあっても、熾烈な競争に生き残れなかった、ということになるのだろう。なかには、ドラフトで指名されながら、NBAにトライしない道を選んだアスリートも一定数いたようだ。
  今回採り上げる1981年ドラフトで指名された選手の数は全部で223人。うちNBAのコートに立てたのは58人で、残りの165人は夢を叶えられなかったり、諸事情によりNBAへの挑戦を選択しなかった人たちになる。

 そのなかの1人が、日本人初のNBAドラフト指名選手、岡山恭崇だ。2019年6月、ゴンザガ大の八村塁が1巡目9位で選ばれて大きな話題となったが、その40年近く前に日本人選手が指名されていたのである。

 2003年、『NBA.com』は“ドラフト史の面白トピック:風変わりなドラフト指名選手”というタイトルのコラムで10人のアスリートを紹介しており、いの一番で岡山を採り上げている。説明文の書き出しは、“ヤオ・ミンやジョージ・ミュアサン、マヌート・ボルの前に、ヤスタカ・オカヤマがいた”。

 そのリストには、1981年組のドラフト選手からもう1人リストアップされている。それ以外にも、数人の異色アスリートが指名された1981年のドラフトは、どうやら変わり種の当たり年だったようだ。
  1981年のNBAドラフト1位指名権は、1980−81シーズンに15勝しかできず、ウエスタン・カンファレンスのダントツ最下位に沈んだマーベリックス(マブズ)と、21勝でイースト最下位となったピストンズの間で、コインフリップ方式により争われた。表をコールしたピストンズが負け、1位指名権は創設2年目の新生チーム、マブズの手に渡る。

 この年の1位指名候補は、2人のアンダークラスマン(大学3年生以下の選手)に絞られていた。まずはデポール大3年のスモールフォワード、点取り屋のマーク・アグワイア。大学3シーズンの平均成績は24.5点、7.9リバウンドで、1年時にはチームをNCAAトーナメントのファイナル4へ、2、3年時にはAPランキングの年間1位へと導いている。

 身長198cm、体重105kgと、どっしりとした体型のアグワイアには、常にオーバーウェイトの問題がつきまとっていたものの、その懸念材料を補って余りあるパワーとスキルを持ち、エネルギッシュなオールラウンダーとして高い評価を得ていた。
  もう1人のトッププロスペクトは、後に“NBA偉大な選手50人”に選ばれ、歴代屈指のポイントカードの1人と謳われることになるアイザイア・トーマス。彼にとって、ドラフトは待ち焦がれていたイベントだった。 

 全米で最も治安の悪い地域のひとつ、シカゴのウエストサイドにあるゲットーに、9人兄弟(兄が6人、姉が2人)の末っ子としてアイザイアは生まれ育った。3歳の時に父が家を出て行き、生活は困窮を極める。その酷烈な環境が、彼の飽くなきハングリー精神や極端な負けず嫌いを形成した。

 2人の兄がバスケットボールの名手で、特に長兄のロードヘンリーからは多くのことを学んだ。アイザイアはメキメキと上達していき、いつしか地元では知らない者がいないほどの存在になっていた。セント・ジョセフ高に入学すると、すぐさまチームの中心選手となり、2年時には州大会の決勝に進出。卒業時のパンアメリカン・ゲームでアメリカ代表に選ばれ、その名を全米に轟かせた。
  100以上の大学からリクルートされたアイザイアが選んだ進学先は、熱血コーチとして有名なボブ・ナイト率いる強豪インディアナ大だった。1年時にはNCAAトーナメントのスウィート16に、2年時には優勝をチームにもたらし、トーナメント最優秀選手賞を受賞。2年時の平均成績は16.0点、5.8アシストと、突出した数字をマークしたわけではなかったが、圧倒的なテクニックと勝負強さ、そして卓越したリーダーシップは他の追随を許さなかった。

 NCAAタイトルを手土産に、ナイトHCの反対を振り切ってNBAドラフトへのアーリーエントリーを宣言する。家族を経済的に助けたいというのが、その最大の理由だった。アイザイアは幼少の頃から、この瞬間が訪れる日を、首を長くして待っていた。

 当時のドラフト予想をインターネットで調べると、2通りの説に行き当たる。ひとつは、アグワイアが1位指名の最有力候補であり、それにアイザイアが続くというもの。もうひとつは、アイザイアこそが1位指名の本命だったが、彼の取った身勝手な行動が問題視され、それゆえ1位指名はアグワイアになるだろう、という説。
  1位指名権を持つマブズは、当初アイザイア獲得に動いていた。しかし、当のアイザイアは創設して間もない弱小チームには行きたくないと言い放つ。それだけに留まらず、地元の球団であるブルズ入りを熱望していると公言し(6位指名権を保有)、ピストンズのジャック・マクラスキーGMとの面談では、獲得を諦めさせようと、わざと頓珍漢な受け答えをしたのだという。2014年に放映された『ESPN』のドキュメンタリーフィルム“Bad Boys”で、アイザイアはトレードマークの“悪魔の笑み”を浮かべながら、そう回想している。

 6月9日、1981年NBAドラフトはニューヨークのグランドハイアット・ホテルで開催された。マブズは大方の予想通りアグワイアを1位で指名する。アンダークラスマンが1位で指名されたのは、1979年のマジック・ジョンソン以来史上2人目。

 続いてピストンズはアイザイアを、3位のネッツはメリーランド大3年のパワーフォワード、バック・ウィリアムズを指名した。トップ3が全員4年生以外というのは、史上初めての出来事だった。

 2巡目31位でセルティックスに指名されたのが、ブリガムヤング大4年のダニー・エインジ。冬は大学でバスケットボールに打ち込み、夏はMLBのトロント・ブルージェイズでプレーするという傑出したアスリートだった。高校時代にはアメフトでも鳴らし、野球、バスケ、アメフトの3競技でオールアメリカンに選ばれた、史上唯一の選手だそうだ。
  1977年のMLBドラフト15巡目389位でブルージェイズ入りしたエインジは、2年間のマイナー生活を経て1979年にメジャー入りを果たす。ブルージェイズの最年少ホームラン記録は、2019年5月にブラディミール・ゲレーロJr.に抜かれるまで(20歳59日)、40年間に渡りエインジが保持していた(20歳77日)。

 現役メジャーリーガーであるエインジが卒業後に選んだ競技は、意外にもバスケットボールだった。当初はブルージェイズと結んでいる契約がネックとなり、NBA入りは難しいと思われていたが、争いは法廷に持ち込まれ、セルティックスがエインジとブルージェイズの契約を買い取る形で決着を見る。

 1979年にラリー・バードが加わり、80年代に黄金期を迎えるセルティックスにとって、突貫小僧キャラのエインジはチームのカンフル剤として欠かせない存在となった。1995年に引退後、サンズのHCやテレビ解説者を経て、2003年に古巣セルティックスのフロント入りを果たす。現在はGM兼バスケットボール部門社長として辣腕を振るっている。
  10巡目210位でサンディエゴ(現ロサンゼルス)・クリッパーズに指名されたのが、サンディエゴ州大4年のポイントガード、トニー・グウィン。1980〜90年代のMLBを代表する、名選手中の名選手である。アメリカではスポーツファンならずとも、誰もが知っている存在だ。

 NBAとMLB(3巡目58位)の双方からドラフト指名されたグウィンだったが、エインジとは逆に野球を選択。サンディエゴ・パドレスでの20年間に首位打者8回、オールスター選出15回など数々の大記録を打ち立て、引退後6年目にして早々と殿堂入りを果たした。2014年、唾液腺がんにより54歳の若さでこの世を去っている。

 後にNFLのシアトル・シーホークスで活躍したUCLA4年のケニー・イーズリーも、この年のNBAドラフト10巡目216位でブルズから指名された異色アスリートの1人。彼もまたNBAに挑戦せず、他の競技を選択した。ケガやストライキが影響しNFL生活は7年間と短かったものの、5度プロボウルに選出され、2017年に殿堂入りを果たすという輝かしいキャリアを送った。
  そして1981年NBAドラフトを代表する変わり種が、日本が誇る伝説の巨人、岡山恭崇だ。『ウィキペディア英語版』に“NBA史における高身長選手リスト”という項目があり、その冒頭に岡山の情報が次のように記載されている。

“1981年のNBAドラフト8巡目171位でウォリアーズに指名された、身長7フィート8インチ(234cm)の日本人バスケットボール選手岡山恭崇は、これまでNBAからドラフトされた中で最も背の高い選手。しかしながら、彼はNBAでプレーすることはなかった”

 そのリスト(2020年4月1日現在)によると、歴代同1位がジョージ・ミュアサン(元ネッツほか)とスラヴコ・ヴラネス(元ブレイザーズ)の2人で7フィート7インチ(231cm)。同3位がショーン・ブラッドリー(元シクサーズほか)、ヤオ・ミン(元ロケッツ)、マヌート・ボル(元ウォリアーズほか)の3人で7フィート6インチ(229cm)。

 その項目で岡山の身長は234cmということになっているが、メディアによって数字が若干違っていたりする。『ウィキペディア英語版』と『NBA.com』では234cm、『ウィキペディア日本版』や『スポーツ報知』のインタビュー記事では230cm、『朝日新聞デジタル』のインタビュー記事では228cm、そして岡山が現在勤めている会社のウェブサイトに掲載されている自己紹介欄では227cm。その差7cm、一般人にとっては大きな違いだが、身長2mを優に越す大巨人ともなると、単なる誤差に思えてしまうから面白い。

 こと背の高さにおいて、これまでドラフトされた8023人の頂点に立つ選手が日本人というのも、日本人男性が世界国別平均身長ランキングで60位程度であることを考えると、何気に凄いことである。
  NBAドラフト史上最も高い身長を誇る岡山だったが、39年前の夏、彼はNBAに挑戦しなかった。その理由を、2019年6月に『ハフポスト日本版』のインタビューで本人が詳しく語っている。少々長くなるが引用してみよう。

“「当時日本国内の試合も、オリンピックや世界選手権などの国際試合も、プロの選手は出場してはいけなかったんです。『そういうところ(NBA)に行ったら、ひょっとしたらもう日本代表チームでプレーできないし、国内のうちの会社のチームでプレーできなくなるので、とにかく一切交渉するな』ということで終わったんですね」”

“「日本のバスケットボール協会も、NBAがどういう組織なのか、ドラフトがどういうことなのか一切分かっていなかったんですよ。(中略)だけどよくよく調べてみると、『1軍の登録メンバーは12名か、無理だったな』というので終わっちゃったんです」”

“「8巡目指名ですし、ドラフトされたからプレーできたとは思っていません」”

“「(前略)今思えば、ルーキーキャンプには行きたかった。結局何も経験できなくて、ただドラフト指名されたということだけで終わってしまいました」”

 もし岡山が、すべてを投げ打ってでも挑戦していたなら、どんな結果が待っていただろうか。万が一ロースターに残ることができていたら、まだインターネットや衛星放送が普及していなかったとはいえ、その後の日本を取り巻くバスケットボールの環境や文化に大きな変化をもたらし、地殻変動を生じさせていたに違いない。そう考えると、ちょっともったいなかったような気もする。

文●大井成義

※『ダンクシュート』2018年7月号掲載原稿に加筆・修正。

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 

関連記事(外部サイト)