体操界の女王バイルズが披露した“ルームパンツの脱ぎ方”が「ハンパない…」と話題に!

体操界の女王バイルズが披露した“ルームパンツの脱ぎ方”が「ハンパない…」と話題に!

2016年リオ五輪では女子団体、個人総合、跳馬、床の4種目で金メダルを獲得したバイルズ。(C)Getty Images

4月11日(日本時間12日)、女子体操のシモーネ・バイルズがツイッターを更新。新型コロナ禍によりアメリカの様々な州で外出制限が命じられる中、自宅で “逆立ちチャレンジ”に挑戦した様子を公開し、その動画が「ハンパない…」「凄すぎる」などと話題になっている。

 先月23歳の誕生日を迎えたバイルズは、2016年リオ五輪で4つの金メダル(女子団体、個人総合、跳馬、床)を獲得。世界選手権では13〜19年までに男女を通じて史上最多となる通算25個のメダルを手にし、現在も世界のトップに君臨する体操界の絶対女王だ。
  今回投稿された動画は、逆立ちをしたままルームパンツを脱ぐというもの。白いスポーツブラにピンク色のスウェットパンツ姿で現れたバイルズは、マットに手を突くと足をまっすぐ上げて倒立。美しいフォームで上手にバランスを保ちながら、もぞもぞとパンツをずらしていく。最終的には1分もかからずにチャレンジに成功し、喜びの声を上げた。

 この投稿をチェックしたファンからは、「ハンパない身体能力…」「凄すぎる!」「素晴らしい才能だわ」「これはあなたしかできない」「超カッコいい!」などとコメントが多数寄せられ、11時間で14万件の「いいね!」が付くなど大きな反響を呼んでいる。

 新型コロナウイルスの影響で東京五輪の延期が発表された際には、米テレビ番組『NBC News』で「何も考えられなかった」などと胸中を明かしていたバイルズ。来年の東京五輪も彼女の金メダル獲得に大きな期待が集まっている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】夏冬五輪で輝け! 世界のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを厳選!
 

関連記事(外部サイト)